INFPの適職とキャリア

INFPは単なる仕事やキャリアを望んでいません。

INFPは彼女らが愛している何かをしたいと思っています。

彼女らは、個人的な達成をもたらし、より大きな利益に貢献する方法で創造的な才能と能力を使用したいと考えています。

適切なキャリア選択のための探求は、INFPのアイデンティティの探求から離れることはできません。

キャリアパスに入る前に、INFPは自分が何者であるか、そして彼女らが働く世界の構造のどこに合っているかを知りたい。

彼女らは、自身の独特な能力を活用し、その価値観と合致し、彼女らの駆動と情熱を発させるキャリアを求めています。

ほとんどの雇用者が一貫して彼女らに(そのような)影響を与えないので、INFPはしばしば不穏さと不満を感じることになります。

大学の学位を持っている人でも、長期的なキャリアの満足を見つけるのに苦労するかもしれません。

INFPの価値は個人的で個別的なものです。
“INFPの適職とキャリア” の続きを読む

INFPの子供の困難さ

INFPの子供たちは、あなたが今までに会ったことがない、最も感情的に豊かで創造的な人たちです。

彼女らの強い個人的価値観、哲学的性質、世界観を見る洞察力のある方法は、彼女らを群衆から際立たせます。

彼女らは感受性が強いと見られ、子供のように静かな側面があります。

Myers-Briggsの専門家David Kierseyは、INFPを「The Healers(治癒者)」と呼んでいます。
なぜそのように見たか、難しくはありません。

彼女らは、特に彼女らの家族や彼女らが気にしている人々のために、世界をより良くしようと思っています。

彼女らは、抑圧された人々を「擁護」し、世界の弱者のための原因を取り上げることで知られています。

INFPには非常に優れた性質がありますが、子供たちはしばしば独特な困難さに直面します。
“INFPの子供の困難さ” の続きを読む

INFJ vs. INFP byPJ

あなたの人生や仕事で成功を収めるためには、本当のパーソナリティタイプを知ることが不可欠です。

残念なことに、多くの人々は、真のタイプが不明であるか、意図せず誤認しています。

長年にわたりタイプ愛好家の仕事では、INFJ vs INFPの人格タイプよりも、混乱するものは見られないでしょう。

このタイプの混乱は、以下を含む多くの要因から生じています。(これに限定されませんが)

*Myers-Briggsは、これらの2つのタイプの機能(Ni、Neなど)ではなく、パーソナリティの選好(例えば、E、I、S、N …)に重点を置いている。

*直観対感情の性質に関する一般的な混乱。(例えば、直観はしばしば「gut feelings(勘、第六感)」として広く考えられる)

*これらの2つのタイプによって使用されるパーソナリティ機能の主な違いを把握できていない。

*内向型の判断と知覚の性質に関する誤解
“INFJ vs. INFP byPJ” の続きを読む

INFP vs. INTP:類似性と相違性

ある類型学者の仕事や経験では、タイプの混乱の最も一般的な原因はJ‐Pです

他のタイプの比較にも当てはまるように、INTPとINFPは著しく類似しており、同時に根本的に異なっています。

表面的な見方をすれば、これらの2つのタイプは共通の内向き(I)、直観(N)、知覚(P)の3つのpreference(優先性)を共有し、T‐Fのpreferenceのみが異なることがすぐにわかります。

少し深く見れば、機能の分野でも重要な共通点を共有していることがわかります。

INPの機能スタックを比較すると、双方のタイプがauxiliary functionとtertiary functionとしてNeとSiを使用することがわかります。

さらに、双方とも、dominant functionとして内向的判断機能(TiまたはFi)を使用し、inferior functionとしては、外向的判断機能(FeまたはTe)を使用します。

簡単に言えば、これら2つのパーソナリティタイプの全体的な構造は非常に似ています。
“INFP vs. INTP:類似性と相違性” の続きを読む

INPタイプ 自己探求と創造性

INTP & INFP アイデンティティー探求者 & 創造者

私は誰?
私の本質は何?
最も有意義で鼓舞されるものは何?
私の独自の天性や才能は何?
どのようなタイプのキャリアが私に最も適しているの?

アイデンティティを求めている人にとっては、誰もがこの種の質問をどこかで探求していますが、これらは究極的かつ永続的な関心事項です。

確かに、アイデンティティを求める人にとっては自分自身の本質を調べること程、興味をそそられることはないでしょう。

有名なアイデンティティ探求者で実存主義者、Soren Kierkegaardは、「本質的な認識は、認識が知識人に関係していることを意味する」と言っています。

外的界はアイデンティティ探求者にとっては重要ではなく、指紋の採取(情報の受け取り)や自信のための反響版としてだけ評価されます。

自己にとって重要でない、又は無関係であると知覚される外部データは、アイデンティティ探求者よって事実上無視されます。

彼女は自分が誰であるかと共鳴し、一致したものだけを使います。

何かが特に興味深い、あるいは有意義なものとして彼女の心を打ったとき、彼女は自己洞察の瞬間としてそれを記念して祝います。
“INPタイプ 自己探求と創造性” の続きを読む

INPタイプの確信への探求は健全?

他のタイプと同様に、INTPとINFPは本能的にdominant functionとinferior functionを統合したいと思っています。

INTPにとっては、個々のTiのメソッド(方式)と幅広いFeの哲学を調整することを意味します。

同様に、INFPにとっては、Teの幅広く客観的な世界観と独自のFiの優先を調和させることを目指しています。

しかし、これらのタイプがしばしば実現に失敗することは、この調和が生涯の最初の半分に起こる可能性は低いということです。

これは、INPが自信を持ってFeまたはTeの結論に達する前に、まず自身のauxiliary functionおよびtertiary function(Ne&Si)を十分に調査して開発しなければならないからです。

要するに、INPは、Neのアイデアの幅広さをテストし、実験するために、Jタイプ(判断タイプ)の信念と確信のポイントに達するまでに多大な時間を必要とします。

残念なことに、INTPやINFPは、実際に時間をかけてそれを試さずに自信を持ってJの哲学に到達できると信じるという思い込みをします。
“INPタイプの確信への探求は健全?” の続きを読む

INFPに言うべきではない10の事 byCJ

INFPは、忍耐強く、情熱的で、思いやりを持ったタイプであることが知られています。
多くの類型学の本を開くと、彼らがどのように受容力があり、開かれた心を持ちで誠実であるかについて読むことになります。

それでも、実際に神経に触る特定のフレーズがあります。
彼らは、不注意な言葉が話されたとき、過度に反応したり、叫んだりすことはできないかもしれませんが、恩着せがましい人や、残酷な人、または他人をけなす人々に対して、徐々にガードを置くでしょう。

神経科学によれば、INFPは、状況に合った特定の単語を見つけるために、言葉の表現と言語を処理する脳領域において高い活動を示します。
彼らは心に来る最初の考えを外に出すだけではありません。
彼らは慎重で良心的です。

彼らは話し方がとても慎重であるため、他の人たちの言葉を慎重に考えている人がほとんどいない世界に住むことは、イライラすることでしょう。
だからこそ、INFPには決して言うべきでないフレーズがあります。

1「あなたは感情的すぎる」

INFPは、「内向的感情(Introverted Feeling(Fi)」と呼ばれるプロセスをリードしています。
Fiは深く感情的ですが、また深くプライベートでもあります。(したがって、それは内向的な方向です)

INFPは、世界の悩み、虐待、いじめ、または厳しい言葉によって強く影響を受けます。
彼らは他のタイプよりも感情的に影響を受けているように見えるかもしれません。

しかし、自分の感情をよりプライベートに保つことを好むため、自身の反応が示すことになると、彼らはまた不満を感じます。
彼らに「あまりにも強く」何かを感じていると言うと、彼らを苛立たせ、またあなたに対しコミュニケーションの壁を構築させる確実な方法です。

彼らが何かに刺激されて感情的であり、主張しようとしている場合に、価値観や情熱を軽視しようとすると、あなたとの関係に大きな混乱を招くだけです。

彼らが感情的に動かす何かについて話しているなら、聞く時間です。
へりくだり等はあなたに何ももたらさないでしょう。
“INFPに言うべきではない10の事 byCJ” の続きを読む

INFPの感情への理解 byCJ

「今、私の秘密は、非常に単純な秘密です。正しいことが見えるのは心だけであり、必要不可欠なものは目には見えません」
– Antoine de Saint-Exupery(INFP)

INFPは、あなたが今までに会った最も複雑な人たちの一部です。

彼らは静かで控えめなように見えるかもしれませんが、内部には広大で想像力のある世界と激しい感情があります。
彼らは本質的に非常に個人主義的であり、独立した価値観をしっかりと持っています。

彼らは敏感で、恥ずかしがりのように見えるかもしれませんが、彼らは自身の主義を持ち続けるため、どんな悪魔に対しても立ち上がるでしょう。

Joan of Arc、George Orwell、Vincent Van Gogh、Franz KafkaはすべてINFPでした。
彼らの声と、彼らの信念と価値を表現する彼らの勇気は、INFPを考慮に入れられる力とします。

あなたがINFPを知っているなら、あなたが見るのは補助機能Extreverted Intuit(Ne)(外向的直観)です。
彼らはどこにでも可能性と想像力を見出し、これらのアイデアを人々に喚起する方法を模索したいと考えています。

しかし、実際にINFPを推進しているのは、彼らのdominant function、Introverted Feeling(Fi)(内向的感情)です。
Fiは、INFPに、深く全体論的な方法で理解して形を作りたいと望んでいる揺るぎない内部倫理を提供します。

外部のINFPはオープンで思いやりがあるようですが、その内部の価値観や信念は不可解です。

彼らはより深いところで自分自身を理解するときに彼らの価値に修正を加えるかもしれませんが、彼らに対して “フィット”したり順応するように、どのような仲間の圧力、命令、要求がなされても、自分自身に真実であるように努力します。
“INFPの感情への理解 byCJ” の続きを読む

INFPの影の機能(shadow function) byCJ

おそらく多くの人が知りたがっているが、あまり書かれることのない、各タイプのshadow functions(シャドーファンクション)(影の機能)についての、INFPに関する記事となります。

INFPは、共感的で、感受性が強く、想像力豊かで、情熱的なタイプとして知られています。 それらの4つのprimary functions(主な機能)は次のとおりです。

Dominant function: Introverted Feeling (Fi)
Auxiliary function: Extraverted Intuition (Ne)
Tertiary function: Introverted Sensing (Si)
Inferior function: Extraverted Thinking (Te)

INFPのshadow functionsは次の通りです。

Opposing Role: Extraverted Feeling (Fe)
Critical Parent: Introverted Intuition (Ni)
Trickster: Extraverted Sensing (Se)
Demon: Introverted Thinking (Ti)

さて、あなたはあなたのコンピュータの画面を見ているかもしれません。
「私は何を読んでるの? 悪魔の機能? 心理学について何訳の分からないことを言ってるの?」

心配しないで、これはあなたが実際にあなたの中に悪魔を収容していると言っているわけではありません。

エクソシストや何かを雇う時間はありません。
ですから、INFPの特定のshadow functionsに入る前に、「影」の真相が何であるかを見てみましょう!
“INFPの影の機能(shadow function) byCJ” の続きを読む

INFP型の性格 byPJ

INFPタイプは、創造的で、独特で、慈愛深く、個人主義的です。

INFJのように、INFPは、彼女らが何者であるかや、世界での自身の目的を理解したいと思っています。

彼女らは好奇心旺盛で落ち着きがなく、新しい考えや可能性を楽しみます。

彼女らは、「何であるか(事実・現在)」に満足することはめったになく、「何ができるか(可能性・将来)」に焦点を当てることを好んでいます。

これは、強い理想主義と組み合わされて、一種の「隣の芝生はうちのより青い」という考え方を生む場合があります。

INFPは、パーソナリティータイプの中で最も考え方が柔軟な(開かれた心を持った)タイプです。

ENFPとまったく同じ程度ではありませんが、彼女らは様々なアイデア、ライフスタイル、経験を探求しながら、実験的な態度を持ちます。

それぞれの新しい経験において、INFPは世界について学ぶだけでなく、自分自身とその人生の目的について学ぶ機会を見いだします。

彼女らのアイデンティティを明らかにする潜在的な役割を含む世界に対する彼女らの好奇心は、INFPに旅行や、歩き回るライフスタイルを採用するよう促すでしょう。

彼女らは、例えば、他の文化を探索したり、車から出たり、森に行くことを選ぶかもしれません。

INFPは、この種の探検が刺激的で生きがいを感じる限り、より慣習的な道を歩むべきというプレッシャーの中でも、引き続き探求していきます。

Jon Krakauerの魅力的な本は、後に映画「Into the Wild」で、INFP探求者、Chris McCandlessのような人生を詳述しています。

McCandlessは学問的に才能があり、新規大学卒業生でした。

他の人は世俗的な成功の道を築くことを前提にしていましたが、McCandlessは他にも情熱を持っていました。

彼の人生と彼の周りの人たちの通常の生活から何かが失われているように見え、彼は追求し理解する必要があると感じました。

だから、大学に向かう代わりに、彼は彼の所有物の大部分を売り、探検の生活に着手し、アラスカの荒野の深い旅に至りました。

おそらくもっとよく知られているのは、別のINFP、Henry David Thoreauの古典的な著作Waldenに見いだされた記述です。

McCandlessのように、Thoreauは従来の人生に感動できず、何かを夢見ていました。

「私は人生の本質的な事実にのみ直面するために、計画的に生きたいと思っていたので、森に行きました。 そして、死ぬこととなるときに、生きていなかったことが分かりました」
“INFP型の性格 byPJ” の続きを読む