INFJ-INFP:人間関係・恋愛

どのペアリングでも、人間関係の成功の可能性は、各パートナーの個人的な成長を考慮する必要があります。

Myers-Briggsのパーソナリティタイプを厳密に見れば、相性に関する予測可能なガイダンスが得られるかもしれませんが、理論的にも優れた類型学的マッチングを純粋な大惨事へ、あるいは潜在的に劣位のものを調和と成功なものに導くことができるのは、個人の成長と個別化という難しい問題です。
“INFJ-INFP:人間関係・恋愛” の続きを読む

IPタイプ:人間関係・相性

IPタイプは外部の平和を保つことに関して優れています。

彼女らは外側への適応のマスターであり、容易に他の人と調和し合うことができます。

外部の調和を維持するための彼女らの技巧にもかかわらず、多くは無意識のうちに、彼女らの人間関係における親密で効果的なコミュニケーションを発達させることができません。
“IPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

NPタイプ:人間関係・相性

すべてのNPタイプは、機能スタックの一部として、外向的直観(Ne)および内向的感覚(Si)を使用します。

その結果、ENTP、ENFP、INTP、およびINFPタイプは、ある程度の類似性と親和性を享受する可能性が高くなります。

このような親和性は、コミュニケーションとライフスタイルの両方の好みに拡大する可能性があります。
“NPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

INFP:人間関係・恋愛

INFPとの人間関係や恋愛関係を理解するために、彼女らのdominant functionである内向的感情(Fi)をまず理解しなければなりません。

人間関係に関するFiの興味深い特徴の1つは、その内向きの方向性です。

 
つまり、私たちは人間関係を考えるとき、相手との間で感情が相互に流れると考えています。

言い換えれば、私たちは、人間関係が感情の外向(Fe)を伴うものと考えます。

 
しかし、Fiユーザにとっては、感情が内向きであるため、感情は(少なくとも直接的に)相手に伝達されにくいのです。
“INFP:人間関係・恋愛” の続きを読む

INFJ vs. INFP byPW

自身がINFPかINFJかどうか決めることができない人もいます。

どちらのタイプもidealists(理想主義者タイプ)であり、表面的なレベルでは類似しているように見えるため、INFPがINFJとして自身を誤判断するのが一般的であり、逆も同様です。

不確定の理由

低いJまたはPのスコア

公式のMBTIスコアレポートは、4つの二分法の間の連続を示しています。
“INFJ vs. INFP byPW” の続きを読む

NPタイプ:心の病

心の病で苦労したことはありますか?

私はしばしば、さまざまなMyers-Briggsテーマのグループでの質問を見てきました。

「この精神病は私のタイプに特有のものなの?」

「私たちは他のタイプよりもこの病に苦しんでいるの?」

PTSDとうつ病に苦しんでいるINFJとして、私は同じことを疑問に思っています。

特定のタイプは特定の精神疾患が増える傾向がありますか?

精神疾患には境界がないことをハッキリと信じていますが、トラウマ、化学的不均衡、またはその他のいくつかの要因に関連する可能性があります。
“NPタイプ:心の病” の続きを読む

INFP/ISFP:共感とミラーリング

多くの記事でFeユーザー(FJタイプ)と、彼女らは共感をどのように使うかについて話していますが、Fi-dominantタイプ(IxFP)の共感について話している記事は多くはありません。

IFPタイプは彼女らの共感と思いやりのために知られていますが、それはFJタイプが共感を示す方法とは少し違う形で現れる傾向があります。

IFPは、その機能スタックにおいてdominantな内向的感情(Fi)を有します。

Fiの主な役割は、個人の価値観、感情、嗜好を探求し、洗練することです。

Fiユーザーは個性と独自性の強い感覚を持っています。

彼女らは内的な感情的秩序を維持しようと努力し、感情的に人、動物、または興味ある特定のグループに費やします。

Feとは異なり、Fiはその焦点において内向的で集中的です。
“INFP/ISFP:共感とミラーリング” の続きを読む

INFPの適職とキャリア

適職とキャリア > INFPの適職

 
INFPは単なる仕事やキャリアを望んでいません。

INFPは彼女らが愛している何かをしたいと思っています。

彼女らは、個人的な達成をもたらし、より大きな利益に貢献する方法で創造的な才能と能力を使用したいと考えています。

適切なキャリア選択のための探求は、INFPのアイデンティティの探求から離れることはできません。

キャリアパスに入る前に、INFPは自分が何者であるか、そして彼女らが働く世界の構造のどこに合っているかを知りたい。

彼女らは、自身の独特な能力を活用し、その価値観と合致し、彼女らの駆動と情熱を発させるキャリアを求めています。

ほとんどの雇用者が一貫して彼女らに(そのような)影響を与えないので、INFPはしばしば不穏さと不満を感じることになります。

大学の学位を持っている人でも、長期的なキャリアの満足を見つけるのに苦労するかもしれません。

INFPの価値は個人的で個別的なものです。
“INFPの適職とキャリア” の続きを読む

INFPの子供の困難さ

INFPの子供たちは、あなたが今までに会ったことがない、最も感情的に豊かで創造的な人たちです。

彼女らの強い個人的価値観、哲学的性質、世界観を見る洞察力のある方法は、彼女らを群衆から際立たせます。

彼女らは感受性が強いと見られ、子供のように静かな側面があります。

Myers-Briggsの専門家David Kierseyは、INFPを「The Healers(治癒者)」と呼んでいます。
なぜそのように見たか、難しくはありません。

彼女らは、特に彼女らの家族や彼女らが気にしている人々のために、世界をより良くしようと思っています。

彼女らは、抑圧された人々を「擁護」し、世界の弱者のための原因を取り上げることで知られています。

INFPには非常に優れた性質がありますが、子供たちはしばしば独特な困難さに直面します。
“INFPの子供の困難さ” の続きを読む