不安-INFP:LBP理論

LBP理論, INFP

どのタイプも成功を享受し、失敗によって苦しみます。

しかし、私たちは同じ成功と失敗に対して、それぞれ認知に応じて異なる反応を示します。

私たちが最も大切にしていること、最も注目していることは、私たちに起こるすべてをどのように解釈するかを無意識のうちに決定します。

 
各タイプは最も深い恐怖、心配、不安に対する反応を持ちます。

それぞれのタイプには、認知ステップの独自の順序に起因する、最も深く、根本的な懸念が1つあります。

 
INFPの中心的な恐怖は、世界との関わりを失うことです。

それは意味のある問題を深く掘り下げるあまり、人生のスピードが増すにつれて、広い世界の中で自分の位置を見失うことです。

この恐怖は誰にでもあるものです。

しかし、INFPにとってこの心配はすべての根源にあるのです。

INFPの弱点

INFPの最も弱い認知ステップは思考による「②原則」であるため、彼女らは本質的に、世界全体に対する理解が欠けていることを恐れます。

具体的には、自身の普遍的な原則への理解が概念的に欠陥を持ち(N)、したがって実際には有用でない(T)ことを心配しています。

自身の、世界が普遍的な規模で一貫して機能する方法についての理解が、単純すぎて陳腐であり、有用な方法で適用するにはあまりにも漠然としているのではないかと恐れます。

自身の世界観が十分に「NT」でないという無意識の心配は、自身が常識はずれの変わり者で、いつまでも仲間外れにされるのではないかという恐怖につながるのです。

 
何らかの形でストレスやネガティブなことを感じたり経験したりするたびに、心は安全だと思われていた子供時代に急いで戻ろうとします。

これにより、世界の実際の現実に触れていないのではないかという中心的な恐怖が急増します。

その結果、「INFPの気晴らし」に耽る誘惑に駆られます。

INFPの気晴らし(distraction)

「INFPの気晴らし」とは、ある状況において何が真実であるかという特定の観察(の結果)が、あらゆる状況において常に真実である「普遍的原則」と同じであるとほのめかす傾向のことです。

宇宙全体の大きさと複雑さに直面したとき、INFPは、自身のズームイン視点の意味への観察が、実際に普遍的に有用であり、それゆえ自分が世界とずれていないかのように行動するように誘惑されます。

 
INFPがズームインし、意味を持つ可能性の問題に深く飛び込み、哲学の迷宮で少し迷子になることは良いことです。

しかし、このように深く潜ることで困惑や疎外感を感じると、「INFPの気晴らし」により、自分の専門知識はすべての意味の普遍的な頂点であるとほのめかすことで、これに対処するようになるのです。

そして、そのような局所的な理想は、実際には的外れな傾向があります。

 
INFPは哲学的な質問をするのに優れますが、既にすべての答えを持っているかのように振る舞おうとすると苦慮します。

INFPは自身が提起した質問に包括的に答えることが得意ではないため、答えを強要されると、本当に普遍的に機能するエレガントな原則ではなく、多くの例外と特別な考慮事項を必要とする単純な「自明の理」に終わる可能性があります。

 
これは、疎遠感を増すだけでなく、意味のある調査をさらに追求することを妨げます。

自身の本当に重要な洞察が、世界で最も高尚で、最も啓発的な真理であるという態度は、より大きな謎への探求を止めてしまうことになるのです。

このように、「INFPの気晴らし」は、INFPに、自身の大切な専門分野を妨害させ、質問をリードするのではなく質問を妨げるするように仕向けるのです。

 
特に不健全なINFPは、他者が自身に「INFPの理想に穴を開ける可能性のある質問」をするのを止める方法を探すためにたゆまぬ努力を費やします。

それは、少しでも気分を良くするのに役立つことはなく、説教の最高潮が過ぎた後、彼女らはより疎外感を感じるだけです。

不健康なINFPの存在理由は、「すべての意味の総和はすでに見つかっているのだから、これ以上探す必要はない」と宣言することにあり、これはINFPの専門性とは正反対です。

この究極の矛盾は、自身の最も深く大切な欲求と必死に戦うことであり、控えめに言っても惨めなものです。

 
しかし、健全なINFPでさえ、物事が困難になったとき、世界があまりにも過酷で敵対的であるように見えるとき、または人生が普遍的なスケールで答えを求めているように見えるとき、「INFPの気晴らし」にふける傾向があります。

INFPは、自身を守るための本質的で意図しない方法として、おそらく人生で最も怖い質問や最も苦しい状況を少しでも容易にすることを期待して、「不確かな自明の理」を普遍的に役立つ真実であると主張することがあります。

 
これらの意図的でない「INFPの不安」へのスリップは自身を責めるものではありません。

自身を責めることで他人の非難から安心できるかもしれません。

しかし、通常はさらに疎外感を感じ、サイクルを悪化させます。

最後に

どのタイプも、自分または自分の愛する人が、すでに望む姿のすべてであると宣言したくなることがあります。

このタイプの不安は、忍耐強く学び、成長し、本当の成功を得ようとするのではなく、すでに目標に到達しているのが当然であるかのように感じようとする誘惑にかられます。

この意識は、「特別でありたい」という善良な願望を歪めてしまう有害なものです。

 
現実には、誰もが等しく、互いに異なる方法で特別になることができ、すべての人がユニークで多様な方法でユニークであることを可能にします。

Posted by melancoly