ENFPの適職とキャリア

ENFP, 適職

ENFPは、自分が情熱を注ぐキャリアを見つけたいと考えています。

平凡な職業選択に決定することは、このパーソナリティタイプにとって容認できないようです。

INFPの求職者と同じように、金銭はENFPにとっての強い動機にはなりません。

ENFPは一般的に物的快適性や財産にほとんど関心がありません。

彼女らはむしろ、豊かで不満足な仕事をするよりも、好きなことをして粗末な家に住みます。

ENFPの大学生は、幅広い関心と能力を満たすことができる大学の専攻を特定するのに苦労するかもしれません。

ENTPの求職者と同様に、ENFPの関心の幅広く広範な性質は、彼女らのdominant function 外向的直観(Ne)から生じます。

内向的直観(Ni)は、与えられた対象にもっと深く入りたいという欲求に関連している可能性がありますが、Neはより広がりを見せる傾向があります。

他のNPタイプと同様に、ENFPは永続的な決定を下す前に、すべての選択肢を探求しなければならないと感じています。
(dominant functionが知覚機能であり、auxiliary functionが判断機能であるため。)

彼女らは自分自身を見つけ出すために実験や経験をする必要があります。

したがって、ENFPが単一の大学の専攻がすべての興味と好奇心を満たすと期待することは非現実的である可能性があります。

ENFPは幅広い興味を、特定のキャリア、職業、または大学の専攻分野に集約するという課題にもかかわらず、幅広いキャリアにおいて優れた成績を収め、満足を得ることができます。

ENFPは、一般的には知的で創造的で、人々と良好な関係を築き、起業家精神の技能を持ちます。

彼女らのtertiary function 外向的思考(Te)を発展させる人たちも優れた指導者になることができます。

ENFPのホランドコード/興味

ENFPのキャリア上の興味を議論するために、John HollandとStrong Interest Inventoryによって記述された6つのテーマを取り上げます。

ホランドの職業興味テーマには、現実的(R)、研究的(I)、芸術的(A)、社会的(S)、企業的(E)、慣習的(C)の6つの領域があり、これらは一般的にRIASECとして知られています。

好みの興味領域を識別した後、これらの文字をパーソナリティタイプに類似した方法で組み合わせて、複数の文字「ホランドコード」(例えば、IAS、RAI)を形成することができます。

これは、個人が自分の最良のキャリア選択肢を特定するのに役立ちます。

現実的領域を持つタイプは、物理的、実践的な仕事に優れています。

彼女らはコンピュータサイエンス、エンジニアリング、建築、建設などのキャリアを選択するかも知れません。

現実的タイプは、人でなく「物」を扱う事に優れている傾向があります。

したがって、この領域領域が感情(F)ではなく思考(T)への選好と関係していることは当然のことでしょう。

研究は、S(感覚)、T(思考)、P(知覚)タイプが、N(直観)、F(感情)、J(判断)タイプよりも現実的キャリアに多少惹かれる傾向があることを示唆しています。

P(知覚)タイプとして、ENFPはENFJよりも現実的キャリアにいくらか傾いています。

多くのENFPは野外で自然に浸るのが大好きです。

現実的はENFPにとってめったに最たるものではありませんが、現実的な要素で芸術的または研究的な仕事を選ぶかもしれません。

たとえば、林業、環境科学、または景観建築でのキャリアを追求するかもしれません。

音楽の技術面など、さまざまなタイプの芸術には、ENFPが興味を引かれる現実的な要素が伴うこともあり、N(直観)F(感情)と彼女らのtertiary function Te(外向的思考)を統合させることができます。

これは、アートとテクノロジーへの関心と統合することを余儀なくされたスティーブ・ジョブスの人生と仕事の中で具現化されました。

研究的領域には、分析的、科学的、学術的な興味が含まれます。

研究的タイプは、アイデア、理論、事実、またはデータを使って作業することに優れます。

現実的領域と同様に、研究的興味となるとT(思考)タイプはF(感情)タイプの数を上回ります。

「物事」を調べるのを楽しむ人は、一般的に、オランダのIRのコード(研究的-現実的)を持っています。

物理学、物理学、工学、コンピュータサイエンスなどを学ぶ場合があります。

一般的に、ENFPは、自然科学(物理学、化学など)を避け、生命(例えば、生物学)、健康、社会科学(歴史、経済、心理学、社会学、地理学、人類学、考古学、政治学など)を好むでしょう。

IAの興味を持つENFPは、社会科学、哲学、批判理論、神学、調査ジャーナリズムを研究したり、ノンフィクションの文章を書くかもしれません。

研究タイプであるENFPはまた、ジャーナリズム、研究、または学問のキャリアを追求するかもしれません。

一般に、法律はENFPには最適ではありません。(法律はTタイプ、特にTJタイプに適しています)

研究的タイプのように、芸術的興味を持つ人々は、しばしば知的または文化的方向性を有します。

芸術的領域は、Myers-Briggsの直観(N)と強く相関し、それほどではないが、感情(F)や知覚(P)とも相関しています。

それは、俳優、画家、ダンサー、詩人、彫刻家、作家、デザイナーなどを含む、非慣習的かつ創造的な興味を持つ人々を捉えています。

芸術的タイプは、芸術と人文科学を学ぶ学生の中に見受けられます。

研究は、ENFPが芸術的職業に優れていることを示唆しています。

創造的なキャリアは、彼女らが創造的で意味のある方法で自身のNe-Fiの組み合わせを直接利用することを可能にします。

芸術に興味のある人は、音楽、演劇/ドラマ、視覚芸術、癒し芸術、グラフィックデザイン、インテリアデザインなどに惹かれます。

他の人は、おそらく大学院レベルでさえ、創作、詩、または文学を勉強することを選ぶかもしれません。

ENFPは一般的に優れた作家です。

社会的興味領域の個人は、人々と働くことに優れます。

社会的興味は教師、医療従事者、聖職者に共通しています。

社会的領域、外向(E)と感情(F)の選好に関連しており、ENFPとESFPのどちらにも適しています。

社会的タイプのENFPは、医療、聖職者、カウンセリング、教育のいずれかに引き寄せられます。

直観タイプとして、彼女らは、抽象的学習により能力があるか興味がある高等学校または大学レベルの生徒たちとの仕事を好む傾向があります。

それにもかかわらず、低学年レベルを教えることを選択した人は、学生の改善のために自分の創造性を使用する場合があります。

いくつかのENFPは医療に満足のいくニッチを見出すかもしれませんが、多くの人はヘルスケアがあまりにも具体的または実用的(すなわち、あまりにも「現実的」)であり、彼女らが欲する創造的かつ抽象的な要素が欠けていると感じるでしょう。

したがって、ENFPは一般に、心理学(SIA)、カウンセリング(SAI)、精神医学(IASR)などのメンタルヘルスケアに適しています。

社会的ENFPは、様々な種類の人道的または非営利活動に引き寄せられることもあります。

彼女らはしばしば、平和部隊や宣教活動などの場を楽しみます。

平和部隊は、旅行し、気になる原因に向かって働く機会を与えます。

彼女らはその過程で「自分自身」を発見するかもしれません。

ENFPはまた、社会正義、環境保護、動物権などに焦点を当てた組織にも惹かれます。

企業的領域は、製品、アイデア、またはサービスの宣伝を伴います。

典型的な企業的キャリアには、営業とマーケティング、ビジネスと経営、法律、政治、ジャーナリズム、保険、株式取引が含まれます。

企業的タイプはしばしば外向(E)を選好します。

ENTPはENTPと共に他のどのタイプよりもおそらくジャーナリズムに適しています。

彼女らは旅行、人々との交流、現代のアイデアの探求、そして自身の経験について書くことが大好きです。

エリザベス・ギルバートのベストセラーEat、Pray、Loveは、ENFPが楽しむ仕事の種類と歩き回るライフスタイルの完璧な例です。

十分に鋭敏で野心的なENFPは、起業が魅力的で実行可能な職業選択肢であると感じるかもしれません。

起業家のENFPは、グラフィックやウェブデザイン、フリーランスの執筆やジャーナリズム、写真、ブログ、音楽、自己出版など、様々な芸術形式やビジネスアイデアで自分の手を試すことができます。

他の人は、カウンセリングの練習を始めたり、 Etsyのようなオンラインサイトを通じた創作物を販売するかもしれません。

起業は自らに自主性と自由を与え、組織的な生活の批評とは無縁です。

マーケティングは、起業の重要な要素であり、ENFPは実際にこれに優れています。

自分の仕事(Fi)を他者との競争において販売し、宣伝する機会が与えられたときに、より多くの動機づけられたENFPがどれほど優れているかは驚くべきことです。

実際、彼女らのdominant function Neは、マーケティングや起業に最も適したパーソナリティ機能であるかもしれません。

ENFPにとって特に適切と思われる起業の1つのタイプは、「スラッシュキャリア」です。

例えば、彼女らは自分自身を「著者/講師/トレーナー/コンサルタント」と見なすことができます。

スラッシュキャリアは、その多様性と適応性が知られているP(知覚)タイプに特に魅力的です。

慣習的興味を持つ個人は行政業務に優れています。

彼女らはデータを操作するのに優れ、組織化され、細部を重視しています。

この領域のタイプは、感覚(S)、思考(T)、および/または判断(J)をしばしば選好します。

ENFPはSiとTeを使用して慣習的職業を優位に実行することができますが、これらのキャリアでは長期的な満足を見つけることはほとんどなく、避けがちです。

決して包括的なキャリアリストではありませんが、ENFPは、探求する価値のある次の仕事/キャリアの選択肢や専攻を見つけることができます。

現実的(R)キャリア

造園

園芸

林業、公園、レクリエーション; 管理人

研究的(I)キャリア

研究者、研究助手、学者

社会科学(社会学、心理学、人類学、政治学、地理学)

調査ジャーナリスト、記者、編集者、ニュースアンカー

医師、精神医学

芸術的(A)キャリア

俳優

コメディライター、コメディアン

ミュージシャン

グラフィック/ウェブサイトデザイン

クリエイティブメディアの専門家

写真、写真家

人文科学/リベラルアート

礼拝所のアートディレクター

作家、小説家、ブロガー

劇作家、演劇家、スクリーンライター

自己/インディーズ出版

社会的(S)キャリア

教師/大学教授

司祭、牧師、聖職者

ライフコーチ

トレーナー

翻訳者/言語

メディエイター、外交官、対話/平和活動

心理学者、臨床、カウンセリング、慈善団体

カウンセラー、ソーシャルワーカー

企業的(E)キャリア

起業家

演説家

マーケティング

ジャーナリスト

慣習的(C)キャリア (典型的にENFPに避けられる)

ENFPのキャリアの中でのinferior functionの役割

キャリアの意思決定には、一般的に自分のパーソナリティタイプに適していないキャリアを選ぶ、かなりの非合理性があるようです。

私が前の記事で説明したように、この明らかな非合理性の理由は、このような決定は、しばしば見過ごされているが、非常に強力なinferior functionの影響を受けているためです。

inferior functionの影響により、直観タイプは感覚タイプに適したキャリアを選択する場合があり、その逆もあります。

ENFPは、彼女らのinferior functionである内向的感覚(Si)のいたずらな影響を、キャリア意思決定に受けやすいでしょう。

彼女らは、Ne&Fiの上位2つの機能ではなく、自分のSi(および/または彼女らのtertiary function 外向的思考(Te))の希望と願望に基づいたキャリアを選ぶ傾向があります。

そうすることで、彼女らは通常、STJタイプが多いキャリアに自分自身を見つけることがあります。

例えば、ENFPは、医学や薬局でのキャリアを追求する前に、2度考えてもよいでしょう。

これらのキャリアは両方とも、重要な事実保持(ST)を必要とし、「客観的真理」(Te)のオーラを帯びるので、より
tertiary/inferior functionにとって魅力的かもしれません。

どちらも尊敬され、伝統的な(Si)職業です。

無意識のうちに医学に引き寄せられると、ENFPは人々を助けたい(Fi)、あるいは「違いを生む」(Ne)という観点から、その誘惑を合理化するかもしれません。

ENFPは本当に人を助け、違いを生み出すことを望んでいますが、創造的、芸術的、または人的志向のスキル(すなわち、NeとFiの大幅な使用を必要とする職業)を利用するキャリアでは、より効果的です。

さらに、ENFPが実際に医師として働くようになれば、それはあまりにも非人格的、還元主義的、官僚主義的、薬物集中的である可能性が高いでしょう。

何か違うことをしたかっただけで、医学に誘惑されるENFPに不足しないでしょう。

ESFPは、ENFPよりも現代医学に一般に適しています。

要するに、ENFPの求職者に尋ねるべき最良の質問の1つは、与えられたキャリアが定期的に創造力を発揮できるかどうかということです。

もしそうでなければ、ENFPは創造的であることが長所の1つであるため、抑えられて不安を感じる傾向があります。

Posted by melancoly