ENFP:人間関係・恋愛

ENFPが人間関係においてどのように表し、機能するかは、主にパーソナリティタイプ発達の段階に大きく依存します。

彼女らの発達の早い段階で、ENFPは自身のdominant function 外向的直観(Ne)とそのinferior function 内向的感覚(Si)の間のバランスをとるために苦慮します。

これは、公開性及び非慣習性(Ne)と、親しみと伝統性(Si)への関心の混在を生み出します。

あるENFPは、若い頃から宗教的伝統(Si)に繋がり続け、その教義に加入し、定期的に貢献に参加しています。

しかし、行動的には、彼女らは自分の気まぐれとそのNeの方法に従って、自分のルールに従って生きているように見えます。

これらのタイプのdominant-inferior間の争いは、人生と人間関係の混乱を招く可能性があります。

つまり、彼女らは生活様式や関係性において、慣習的なものと、非慣習的なものとどちらを望んでいるのでしょうか?

 
INFPと同様に、ENFPは旅行を愛します。

彼女らのNe-Fiのペアは、多様な文化を比較し、経験する機会を享受します。

おそらくより重要なのは、彼女らが旅行に行くときに、彼女らが自分自身を見つけたいと思う感覚があるということです。

彼女らは、自分が誰で、価値があるのか、何をすべきか、どこで生きたいのか、望ましいタイプの恋人との関係性を理解したいと考えています。

しかし、ENFPがINFPと異なる1つの方法は、自分の個人的価値感を認識するのが遅いということです。

これは、内向的感情(Fi)が、機能スタック内のdominantの位置ではなくauxiliaryの位置にあるためです。

 
したがって、あまり成熟していないENFPは、しばしば移り気で偽善のように見えることがあります。

彼女らは、自身の価値観に反するように生きている一方、特定のSiの価値観のリップサービスを与えるかもしれません。

これはもちろん、ENFPの真実が何であるか混乱していると思われる恋人候補にとっては難しい問題です。

場合によっては、そのような混乱は正当化されます。

なぜなら、ENFPは自分自身のアイデンティティに関して曖昧さを経験しているからです。

 
しかし若いENFPの不一致に対する早急な非難や批判には注意しなければなりません。

結局のところ、外向的知覚タイプとしての彼女らの主要な動作モードは適応性の1つです。

さらに、少なくとも理論的には、dominant functionに内向的判断機能(FiやTi)を持つIPタイプにとって、特に人生の早い段階で、確固たるアイデンティティを開発することが重要です。

 
そうはいうものの、ENFPのNe-Si間の争いは、自分の過去の経験(Si)と将来の可能性(Ne)を調和させるために、アイデンティティの探索を必要とするという感覚がまだあります。

適切なキャリアや人間関係を見つけることについての懸念もまた、ENFPのアイデンティティ問題を大きくする傾向があり、その結果、タイプ発達の自然な経過を妨げる可能性があります。

理想的には、ENFPは若い頃に忍耐力を発揮し、これはFiの価値観が時間とともに出現することを可能にします。

さまざまな文化やアイデアに晒されると、徐々にFiを使い、自分のアイデンティティや人生における好みのコースを明確にすることができます。

 
人間関係に熱心なENFPが行うであろう最後の事は、結婚に時期尚早に入ることです。

残念なことに、他のタイプにも当てはまるように、ENFPは、意思決定にinferior functionのコントロールを与えることによって、完全性への見かけ上の近道を行う傾向があります。

そのため、Ne-Fiプロセスに忍耐強く従うのではなく、Siを優先して、快適で、使い慣れた、または容易な方法を許します。

残念なことに、彼女らは後で、自分たちのNe-Fiの価値感と関心を完全に洗い出すために、より多くの時間を自分自身に与えることを怠ってしまったことを後悔するかもしれません。

ENFPと他のタイプとの相性

ENFPは、彼女らの幅広い関心と移り気な点で有名です。

彼女らは最も創造的なパーソナリティタイプの一つであり、芸術、音楽、文化に対する愛情を表しています。

知的または理論的な議論を楽しむ一方、これは一般的にENTPの相手の関心事ではありません。

おそらく何よりも、ENFPは退屈でつまらないことを嫌います。

これは、興味深く、世界に関心があり、新しいアイデアや経験につながる恋人を求めなければなりません。

彼女らは、人生のどんな場所へでも同行できる同じ価値感を持った仲間が欲しいと思っています。

家族、子供、政治、宗教などに対する相性の合う見解も、ほとんどの関係性にとってと同じように、ENFPにとっても重要です。

 
そのタイプ発達の早い段階で、ENFPは、SJタイプ(すなわち、ESTJ、ISTJ、ISFJ、ESFJ)の安定性と一貫性、特に類似の価値観と世界観を示す人々に引き付けられる可能性があります。

これは、SJがENFP自身のinferior function 内向的感覚(Si)を外向きに体現していることにあります。

それは本質的には、完全性への経路の重要な要素です。

ENFPは、長年の成長と発展を経て、後の人生でSJと満足のいく関係を経験するかもしれませんが、若い頃のSJとの関係性は、初期の情熱が消えた後に不満足と感じることがよくあります。

それは、お互いのinferior functionを「支えとする」ようになるので、双方の個人的な成長とタイプ発達を妨げることさえあるかもしれません。

 
ENFPはまた、SPタイプ(すなわち、ESFP、ISFP、ESTP、ISTP)に引き寄せられることがあります。

表面上、SPは、外部の新規性のために、ENFPに似ています。

例えば、両方のタイプは旅行と多様なエンターテイメントを楽しむことができます。

しかし、それらの最初の印象の類似点が何であれ、ENFPはSPタイプとは重要な点で異なります。

 
直観タイプとして、ENFPは、SPよりも経験の意味と含意をオープンに探求することにより関心があります。

彼女らは自身の視点とアイデアについて話し合うのが大好きです。

対照的に、SP(特にESP)は、行動、感覚、外観(Se)の方が、その背後にあるアイデア、動機、意味を探るよりも関心が高い傾向があります。

これは、より意味のある会話のためのENFPの憧れと、より身体的な行動または感覚刺激を求めるSPとの両方のタイプのための欲求不満の原因となり得ます。

 
NJはすべてのパーソナリティタイプの中で最も希少ですが、ENFPはそのような関係性を刺激的で満足させるものと思うかもしれません。

彼女らは特に、INTJまたはENTJに引き寄せられ、それらはFi-Te機能ペアを共有します。

INTJはENFPと同様、世界に大きな好奇心を抱いています。

両方とも、世界を改善するためのアイデアや潜在的な方法について議論することを楽しみます。

しかし、潜在的な障害は、ENFPが焦点を当てたり集中することができないように見えることに対してINTJが苛立ちを覚えることを伴います。

INTJは(INFJと同様)深く議論するのが大好きなので、ENFPの表情が落ち着かないことや、散漫さに悩まされるかもしれません。

これが、ENFPがENTJとの関係性がより良い理由の1つです。

 
ENTJは、INTJほど深くも理論的でもなく、ENFPの落ち着かなさに悩まされることも少ないでしょう。

ENFP-ENTJの関係性は、意味のある会話を楽しむだけでなく、人生の共通の見方を共有することができます。

ENFPはまた、他のNPタイプとの大きな共鳴を見出すことができます。

彼女らの恋人がすべてのNeの事柄への愛を分かち合うとき、議論すべきものが不足することはめったにありません。

NPはまた、物質主義(Se)ではなく最小主義(Si)に向かう類似のライフスタイルを好む傾向があります。

すべてのNPタイプの中で、INFPはENFPのための最良のマッチであり、すべて同じ機能を持ち、若干異なる順序で、同じ関心を保つのに十分な程度です。

E-Iの違いは、ENFPがより多くの話しをし、INFPがより多く聞くことを行うことを可能にする補完的なものでもあり得えます。

ENFPは、両者が個人的な成長と効果的なコミュニケーションを図っているならば、どのパーソナリティタイプとも満足のいく関係を享受することができます。

カテゴリーENFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です