エニアグラムタイプ5:INタイプ

エニアグラム

組織、「Enneagram in the Narrative Tradition」によれば、観察者または研究者としても知られるエニアグラムタイプ5は、以下のように自認する傾向があります。

自分の気持ちから切り離れ、参加するのではなく、観察する

自分自身に時間、空間、エネルギー、知識を蓄えている

プライバシーを強く求め、あまり望んでいない世界からの侵入を制限する

最小主義者である

Don RisoとRuss Hudsonはその著書「Personality Type」でタイプ5を次のように記述しています。

精神的に鋭敏、好奇心がある

集中することができ、自身の注目を集めたものに深く没頭する

知識に魅力を感じ、興奮する

行動する前にすべてを概念化する

非常に独立的で、独特でオープン(適応力がある)

エニアグラムタイプ5の概観

エニアグラムの分類法がMyers-Briggsと異なる点の一つは、すべてのタイプが定義可能なコアエッセンスを持っているという主張です。

上記の特性のリストから分かるように、タイプ5の本質的な人生戦略は、知識と自己充足による生存です。

 
すべてのエニアグラムタイプのうち、タイプ5は、それがいかに醜いまたは不安定であっても、実際に世界を見ることに最も関心があります。

タイプ5にとってタブーや禁止領域はありません。

どのような形の検閲も彼女らにとって忌まわしいことです。

客観的真理を救済への道と見ると、真理を難読化しようとする者は誰でも、タイプ5の嘲りの対象として扱う可能性があります。

 
「タイプ3」や「タイプ8」のような外向的タイプは、より顕著な力や影響力を発揮するかもしれませんが、タイプ5は「隠された現実」への洞察を感じることや、秘密の知識の獲得は最終的に彼女らの救いの恵みとなるでしょう。

 
RisoとHudsonが強調したように、タイプ5は「行動する前にすべてを概念化する」傾向があります。

タイプ4のように、多くのタイプ5は、十分な情報を集めて物事の理解を明確にするまで行動できないと感じています。

ユングの言葉では、彼女らはS(感覚)の行為や実体にそれらを変換する前に、Nの懸念を是正しようと努力します。

たとえば、INTJでありタイプ5のある人は、自身のビジネスプランを策定して仕上げるのに、一年以上費やしていました。

 
自身が望む知識と洞察のレベルを確かめるために、タイプ5は時間を自身の最も貴重な必需品として見ています。

研究と内省のための適切な時間がなければ、自身が何をしようとしているのかを決して見つけたり達成したりすることはないと心配しています。

したがって、タイプ5が絶えず自身のために時間を作ることを模索していることは驚くべきことではありません。

彼女らの主要な時間獲得戦略の1つは、最小主義者として機能することです。

より多くの時間を得るために、タイプ5は基本的な生存ニーズを超えてあらゆるものを取り除くことができます。

賃貸料やその他の費用によって邪魔されることを避けるために、バンの中に住むことを検討する人もいます。

 
RisoとHudsonは彼らの本、「Personality Type」で、以下のように観察しています。

タイプ5は、プロジェクトを続けることをより決定し、それらを妨げる可能性のある関与や依存を避けたいと考えています。

彼女らは人生の快適さ、活動、そして人間関係を「削減」し始めます。

彼女らの関心を探求し続ける独立と自由を危うくするかもしれないものは何でも、犠牲にできるようになります。

INTPは、容易に自身のTの探求に心を奪われ、恋人に対する気持ちを完全に失うことがあります。

彼女らは、自分が恋人を本当に愛しているのか(または愛されているのか)どうか疑問に思うかもしれず、本当にそのような関係性を望んでいるのかどうか質問することさえあります。

そうはいうものの、人間関係なしに生活することはまた、いくつかのタイプ5にとって難しいかもしれません。

これは、感情機能(Fe)のinferiorの性質のために、彼女らの人生において信頼できる感情機能を持たず、不均衡、孤立、またはうつ状態になりすぎる心配があるINTPにとって特に当てはまります。

したがって、INTPはパートナーシップ(およびinferior function Fe)を保っておくのに必要なことを行い、同時に自身にできるだけ多くの時間を確保するよう努めます。

INTP & INTJ:タイプ5 (5w4 & 5w6)

INTPおよびINTJは、エニアグラムタイプ5の中で最も一般的なMBTIタイプです。

多くのタイプ5特性は内向(I)、思考(T)、ある程度直観(N)に起因するので、INTPまたはINTJがタイプ5の傾向の多くと一致していないと想像するのは難しいでしょう。

 
多くの点で、タイプ5はINTJ-INTPの混合の一種と見なされています。

つまり、タイプ5のウィング(すなわち、4または6)は、INTP-5とINTJ-5を区別するために公正な仕事をしていると言われています。

概して言えば、INTJはウィング6(すなわち5w6)を有し、INTPはウィング4(すなわち5w4)を有する傾向がより大きいです。

 
5w4はより内省的なタイプ5のサブタイプです。

エニアグラムタイプ4と同様に、5w4は自身のパーソナリティを理解し、日常的に自身のアイデンティティと人生の目的を探求しています。

彼女らはまた、科学的研究者よりも芸術家のように多くの方法で、多くの点で自身の探求方法においてより独特で個性的です。

彼女らの探求は、個人的な意味と真正性への要求によって、ある程度駆動されていることが知られています。

 
対照的に、5w6は仕事において客観的かつ体系的であり、内容をありのままにして、方程式から優先します。

INTJは、すべての機能の中で最も非人間的で客観的な外向的思考(Te)を使用するので、INTPよりも5w6のアプローチと方法により一致する傾向があります。

 
タイプ6は、特定の慣習や権威への忠誠心の一部として知られています。

INTJにとっては、これは科学の方法や知見への彼女らの献身の中で証明されています。

 
対照的に、自由気ままなINTP 5w4は、科学の評論家として、または悪魔の主張者の役割を果たしている可能性が高いです。

INTPは科学者の根本的な前提に疑念を投げかけるために、一般的に認識論的議論を使用します。

 
もちろん、これらの傾向には常に例外があります。

ジャン=ポール・サルトルとスティーヴン・キングは5w4 INTJの有名な例であり、ビル・ゲイツ(INTP)を5w6として分類することは不合理ではないようです。

キングとサルトルのフィクションの作品では、私たちはNiの想像力に大きく依存することに賛成してTeの全くの欠如を見ます。

 
INTJのこのサブタイプは「創造者/審美家」と呼ばれることもあります。

より顕著なTeを有するINTJは、純粋に創造的なまたは審美的な作品ではなく、より客観的な研究、すなわち5w6のポールに向けて誘引されるのが普通です。

INFJ&INFP タイプ5の特徴

内向+直観タイプとして、INFJとINFPはまた、エニアグラムタイプ5の特定の要素と一致する場合が多いです。

タイプ5と共に、多くのINFJとINFPは独特で独創的な心を持っています。

彼女らは、より深い真実や洞察を明らかにするために、外観を超えて、または真っ直ぐに見えるように、内向性や直観を使用します。

 
INFシンガーソングライターのトーリ・エイモスは、タイプ5の鋭敏な、タブーに挑戦している精神を巧みに例証にしています。

アルトゥル・ショーペンハウアーやフリードリヒ・ニーチェのようなINFJの哲学者もまたタイプ5と思われます。

Risoによると、ジョン・レノン(INFP)は5w4とのことですが、4w5だったかもしれません。

これらの有名なINFがタイプ4かタイプ5かどうかに関わらず、INFJとINFPは同様に特徴的なタイプ5の傾向を示すかもしれません。

 
例えば、INFPのボヘミアン(ボヘミアンライフスタイルを採用する人)は、「自分自身を見つける」まで、タイプ5の最小主義と一致する傾向があり、放浪者や飢えたアーティストとして生きようとする傾向があります。

そのようなINFPはまた、タイプ5のような方法で自身の時間を自己消費し非常に保持することができます。

 
Ni-dominantタイプのINFJは観察者というニックネームがうってつけです。

Dominant functionに判断機能を持つタイプ(すなわち、EJタイプおよびIPタイプ)が議題に導く傾向がある一方、知覚志向のINFJは、しばしば傍観し世界に入ることに満足しています。

スターウォーズのキャラクターヨーダは、たとえ誇張的であっても、INJの例です。

動きや行動に余計さがないことを見せて、彼はほとんどの時間をリラックスした感覚で過ごし、断続的に他の人が呼んだときに洞察を表します。

 
INFJは、感情的にも物質的にも、INタイプのなかで最小主義者として機能する可能性が最も少ないです。

INFJは、感情的な懸念を、独立して扱う(Fi)よりも、他者と話して外側に表現(Fe)することを好みます。

さらに、多くのINFJは(INTJと同様に)Seのテイストが高く、最小主義的なライフスタイルを受け入れるのに苦労します。

最後に

結局、タイプ4とタイプ5を区別するのは主にT-Fの違いです。

思考タイプはより感情的に切り離されているため、タイプ5として自己認識する可能性が高く、その逆はタイプ4に該当します。

しかし、これまで見てきたように、INTとINFの間には多くの類似点と重複点があります。

とりわけ、すべてのINタイプ(少なくともタイプ4またはタイプ5である者)は、特に外向的感覚の考え方によって特徴付けられているときに、その周囲の文化と一致しない傾向があります。

さらに、彼女らの独創的、独特な視点から、多くのINタイプはミスフィットや部外者のような感情を報告しています。

大衆と「特徴的に異なる」というこの感覚は、アイデンティティと自己理解のための探求を促進します。

 
他のエニアグラムタイプ(例えば、タイプ9)と診断されたINタイプは、現状に対して綿密に研究したり、戒めたりする傾向が少なく、やや「正常」と感じるかもしれません。

例えば、タイプ9は、内部平和の感覚を保つために不快なアイデアから離れているとRisoが描写しています。

 
対照的にタイプ4とタイプ5はあるレベルの内的専心を維持することに関係しています。

タイプ4は感情の専心(特にINFP)を求め、タイプ5は思考の専心(特にINTP)を求めています。

タイプ9はいろいろな面で生活の中で漂うように生きていますが、タイプ4とタイプ5はより要求が高いでしょう。

彼女らは精神的にも感情的にも関わる必要があるだけでなく、あたかも彼女らが何かに向かって動いており、世界の理解や人生の目的を前進させる必要があると感じています。

Posted by melancoly