エニアグラム6:忠実家 byEI

2018年6月10日

タイプ6の概要

専心的、安定志向タイプ。

タイプ6は頼られ、勤勉で、責任があり、信頼できるタイプです。優れた「問題解決者」でもあります。

彼女らは問題を予見し、協調を促進しますが、それに対して不満を持ちストレスを感じて、防御的、回避的、そして不安定になることもあります。

彼女らは慎重で控えめであるだけでなく、反応的で反抗的で傲慢でもあります。

彼女らは通常、自信喪失や疑い深いという問題を持ちます。

彼女らが良い場合:内面的に安定して自立し、勇敢に自分自身や他の人たちを擁護する。

 
基本的な恐怖:支援と指導がないこと

基本的な欲求:安定と支援を得る

タイプ5ウィング6:The Defender(守る人)

タイプ5ウィング7:The Buddy(良き仲間)

 
主な動機:安定を確保し、他者の支持を得て、確信と安心感を持ち、他者の態度をテストし、不安と危険に対抗する。

彼女らの崩壊の方向(ストレス)で動くとき、忠順なタイプ6は突然競争的になり、タイプ3のように傲慢になります。

しかし、統合の方向性(成長)で動くとき、恐れ、悲観的なタイプ6は、健全なタイプ9のように、よリ落ち着き、楽観的になります。

タイプ6の概観

タイプ6は、全てのタイプの中で、彼女らの友人および自身の信念に最も忠実(誠実)であるため、The Loyalist(忠実家)と名付けられました。

彼女らは「責任を持ち」、他のほとんどのタイプよりもはるかに長い種類の関係に関わります。

タイプ6はアイデア、システム、信念にも忠実であり、すべてのアイデアや権威は疑問や批判を与えられなければならないという信念にさえもです。

確かに、すべてのタイプ6が「現状維持」に合致するわけではありません。彼女らの信念は反抗的で反権威的で革命的でさえあります。

いずれにしても、彼女らは通常、自身のために闘うよりも激しく自分の信念のために戦闘い、自らを守るよりも頑強に自分の地域社会や家族を守るでしょう。

タイプ6が他の人にとても忠実である理由は、彼女らが見捨てられ、支援なしに放置されたくない – 基本的な恐怖 – からです。

したがって、タイプ6の中心的な問題は、自信の欠如です。

 
タイプ6は、人生の課題や変化を一元的に扱うための内部リソースを保有していないと考えており、生き抜くためのガイダンスのためにシステム(structure)、味方、信念、支援にますます依存します。

適切なシステム(structure)が存在しない場合は、それらを作成および維持することを促進します。

タイプ6はThinking Centerの主要なタイプです。

つまり、彼女らは自分の内面のガイダンスに最も問題があります。

結果として、彼女らは自分の心と判断に自信を持っていません。

これは、彼女らが考えないことを意味するものではありません。

それどころか、彼女らは多くのことを心配しています。

 
彼女らはまた、重要な意思決定を恐れる傾向がありますが、同時に他の誰かに決定を下されることにも抵抗します。

彼女らは制御されることを避けたいと思っていますが、集中攻撃を受ける方法で責任を取ることも恐れています。

タイプ6はいつも自身の不安を認識しており、常に「社会保障」である防波堤を建設する方法を模索しています。

タイプ6が、十分なバックアップを持っていると感じると、ある程度の自信を持って前進することができます。

しかし、それが崩壊すると、彼女らは不安と自身喪失に陥り、自身の基本的な恐怖を再現します。

  (「私は自分でいたい!私は今何をするつもりなの?」)

 
したがって、タイプ6にとっての良い質問は、「私には十分な安定があることをいつ知ることができるの?」でしょう。

もしくは、その中心に行くためには、「安定とは何?」です。

重要な内面のガイダンスとそれがもたらす深い意識がなければ、タイプ6は絶え間なく堅実な基盤を見つけることに苦労します。

 
タイプ6は、不安定さと恐怖の背景に、信頼のネットワークを構築しようとしています。

彼女らは多くの場合、名の無い不安で満たされ、次の理由を見つけたり作ったりしようとします。

彼女らの人生に堅実で明確なものがあると感じることを望み、自分の状況を明白にするような解釈や地位に愛着を持ちます。

タイプ6は信念(真実、信仰、確信、地位)を達成するのが難しく、信頼できる信念を確立すると、安定感にとって非常に重要であるため、彼女らはそれに対して簡単には疑問を抱かず、他の人にもそれを期待します。

 
タイプ6の人生でも同じことが言えます。

タイプ6が誰かを信じることができると感じると、タイプ6の感情的な反応と行動にとって、共鳴板、指導者、またはレギュレーターとなる人とのつながりを維持するために、彼女らは苦労を惜しみません。

したがって、彼女らは関係を続けるために自身の力ですべてのことを行います。

(「自分自身を信頼しなければ、私は信頼できるこの世界で何かを見つけなければならない」)

 
彼女らが自分の内面のガイダンスに触れるまで、タイプ6はピンポン玉のようなもので、それはどんな瞬間でも影響力が最も強い何かの間で常に行き来しています。

この反応性のために、私たちがタイプ6について何を言っても、その反対はしばしば真実でもあります。

強く弱く、恐れと勇気、信用と不信、守護者と煽動者、甘くて酸っぱい、攻撃的と受動的、いじめと虚弱、防衛的と攻撃的、思想家と実行家、多人数と孤立、信頼と疑念、協調と妨害、柔らかさと意図的、寛大と些細、そして繰り返し。

これはタイプ6の特徴である相反する描写であり、それは彼女らが反対の束であるという事実です。

 
タイプ6の最大の問題は、自分の感情的な不安を解決することなく、環境の中で安全を築こうとすることです。

しかし、彼女らが不安に直面することを学ぶとき、世界は常に変化しており、本質的には不確かであり、しかしどんな状況においても平穏で勇気があることを理解します。

そして、人生の不確実性にもかかわらず、すべての人の最大の贈り物、平和感を得ることができます。

タイプ6の成長

不安になることは珍しいことではないことを忘れないでください。なぜならあなたが思うよりはるかに頻繁に誰もが心配しているからです。

あなたの不安にもっと近づくことを学び、それを探求し、それに同意することを学んでください。

過度の量のアルコール(または他の薬)に頼り、不安を和らげることなく、緊張を持って創造的に働いてください。

実際に、あなたが存在し、完全に呼吸している場合、不安は活力を与えることができ、あなたが行うことをより生産的にして意識させるのに役立つ薬の一種です。

 
あなたが動揺したり、怒っているときには、ぎこちなく悩ましくなりがちで、他の人に挑戦したり、自分がやり遂げたことや自分自身にもたらしたことを責めることさえあります。

あなたの悲観主義に注意してください:それは、あなたに暗い気分と、あなたが現実に投影する傾向のある否定的な思考パターンを引き起こします。

この自己疑念に屈すると、あなたは自分の最悪の敵になり、他の誰よりも自分自身を傷つける可能性があります。

 
タイプ6はストレスや不安を感じているときに過反応する傾向があります。

あなたが過反応する原因を特定する方法を学んでください。

また、あなたが恐れていることのほとんどが本当に実現することではないことを認識してください。

物事があなたの思うほど悪い場合でも、あなたの恐ろしい考えはあなたや、物事をより良く変えるあなたの能力を弱めてしまいます。

あなたは常に外部の出来事を管理することはできませんが、自分の考えを管理することができます。

 
より信頼されるように働いてください。

あなたの人生には、確かにあなたを気にかけている人、信頼できる人に向けることができます。

そうでない場合は、あなたの道を離れて信頼できる人を見つけて、自分がその人に近づくようにしてください。

これは、あなたを拒絶反応の危険にさらし、あなたの最も深刻な恐怖の一部を刺激することを意味しますが、リスクは取る価値があります。

あなたは人々に好かれる才能を持っていますが、あなたは自分自身を確信しておらず、相手への確信を恐れているかもしれません。

したがって、あなたの関係において、フェンスのどちら側にいるのかをハッキリさせましょう。

人々にあなたがどのように感じているかを伝えましょう。

 
他の人はおそらくあなたが気づくよりもあなたのことを良いと思いますし、本当にあなたを批判しようとする人はほとんどいないでしょう。

実際には、あなたの恐れは、他人のあなたへの態度について伝えるよりも、他人に対するあなたの態度についてより詳しく伝えるでしょう。