8つの機能の役割

認知機能

ユングの輝かしいタイプの考え方を反映して、深い洞察力のパーフェクトストームの中ですべてが彼に去来したと想像するのは魅力的です。

しかし現実には、ユングの枠組みは瞬間的な啓示ではなく、徐々に明らかになり、時間とともに磨かれました。

当初、ユングの概念は、内向性と外向性の2つの主要なタイプに限られていました。

彼は最終的に8つのパーソナリティタイプを含むようにフレームワークを拡張しました。(後にMyers-Briggsの手で16に増やされました)

ユングのタイプはそれぞれ、内向(I)または外向(E)のいずれかの方向に向けられた8つの機能(Ni、Ne、Ti、Teなど)のうちの1つを主に使用することによって特徴付けられました。

ユングの理解の進化について私たちが知っていることに照らして、機能の概念がある種の段階的な方法で開発されたと主張することができます。

というのも、彼の元の内向性と外向性の概念は直観(Ni/Ne)、感覚(Si/Se)、思考(Ti/Te)、感情(Fi/Fe)機能の修飾語句の一種として用いられています。

 
この点については、私は決してユングの方法や最終的なタイプの考え方を批判するつもりはありません。

結局のところ、漸進的に発達した理論は、一回の洞察力で明らかにされた理論よりも有効性が低く、貴重ではないと仮定する理由はありません。

むしろ、私の意図は、「内向的感情」のような2つの部分からなる分析的記述子が、「共感」のようなより包括的な概念によって生成されたものとは全く異なる第一印象を作り出すかもしれないということを考えさせることです。

内向的感情を理解しようとすると、「共感」の概念を理解するのには必要性の低い分析能力が必要になるようです。

後者(「共感」)はまた、精神的なイメージに役立つようであり、即座で強固な印象を呼び起こします。

要約すると、機能を分析的に理解することを目指す場合、内向的感情のような概念を使用することは非常に有用である可能性があります。

しかし、より包括的または即時の印象を求めるなら、「共感」のような簡略表記の使用が望ましいかもしれません。

機能の役割

様々な機能の役割についての議論に入る前に、それぞれの機能の記述子を選択する際に使用した基準を説明します。

 
記述子は、容易に認識される人間の役割/活動でなければならない。

理論的な単純さと優雅さのために、機能ごとに1つの役割しか割り当てられない。

記述子は、各機能について最も重要な、または区別されるものをキャプチャすることを目指した。

内向的直観(Ni):「Knowing(理解)」

すべてのINJタイプは、内在的直観(Ni)がdominantまたはauxiliary functionとして採用されています。

外向的直観(Ne)とは異なり、Niは発散的ではなく収束的に動作します。

絶えず拡大するつながりを創り出す代わりに、特定の現象の本質を見分けるために深いパターンを見たり、抽出したりします。

Niの収束的な働きにより、INJタイプは一般的に、直観的な「理解」と信念を強く感じています。

NPタイプはNeのアイデアや直観を潜在的または暫定的に有効と見なす傾向がありますが、Niはその洞察力が断然かつ客観的に正しいという感覚を伝えます。

要するに、私がここで強調しているのは、Niの直観の収束した性質と、それが触発する知覚の感覚です。

外向的直観(Ne):「Creating(創造)」

すべてのNPタイプは、dominantまたはauxiliary functionのいずれかとして外向的直観(Ne)を使用します。

Neは直観の発散形態なので、創造性と密接に結びついています。

Wikipediaによれば、発散的な発想は、「考えられる解決策を探究することによって創造的なアイデアを生み出すための思考プロセスまたは方法」である、とされています。

新しくかつ前例のない接続を驚異的に行うNeの能力のために、NPは、一般に、いくつかの創造性の指標(例えば、ブレインストーミング)で他のタイプより優れています。

Neはまた、理想的な開放性と探究性に強く関連しており、探索や捜索のような記述子も同様に考えました。

しかし、私は最終的には「創造」を選択しました。

なぜなら、それはやや建設的な意味を持つからです。

すなわち、単にアイデアや可能性を探る代わりに、そのアイデアを使って何かを創造したり構築したりすることがNeに想定されています。

その探求と創造性は、探究が創造的なつながりを生み出し、新しいつながりが探求を続けさせるように、Neの心の中で常に共生するようになっています。

内向的感情(Fi):「Empathizing(共感)」

すべてのFPタイプは、dominantまたはauxiliary functionのいずれかとして内向的感情(Fi)を使用します。

Fiは共感と密接に関連しており、個人的な気持ちや価値観や状況に強い関心を示しています。

特に、NFPは、負の状況が個人の不幸や機能不全に寄与した可能性のある方法を容易に想像することができます。

したがって、もし私たちが彼女らの完全な文脈で物事を見ることができれば、最悪の罪も許されるか、そうでなくともよく理解されるかもしれません。

Fiの共感は人間に限定されているわけではなく、すべての知的な存在を受け入れることができることも認識しておく必要があります。

この共感の拡大により、多くのFPが環境主義、菜食主義、動物の権利などの主義を取り上げるようになります。

外向的感情(Fe):「Persuading(説得)」

すべてのFJタイプは、外向的感覚(Fe)をdominantまたはauxiliary functionとして使用します。

Feは、感情的につながり、他の人と良く生きることを目指し、モラルと合意を促します。(たとえば、「すべての人が合意しましょう」)

読解、ミラーリング、他者の感情に影響を及ぼすことに優れるFeは、それが求める感情的合意を得るための効果的なツールです。

マーティン・ルーサー・キング、バラク・オバマ、トニー・ロビンズ、そして数え切れないほどの人々が説得力を利用してきました。

誤解のないように言うと、他のパーソナリティタイプは説得力がないわけではありません。

しかし、FJは本質的な観察者であり、感情のコミュニケータであるため、他人の感情にアクセスして影響を与えることになると、特に優れます。

内向的思考(Ti):「Contemplating(熟考)」

すべてのTPタイプは、内向的思考(Ti)をdominantまたはauxiliary functionとして使用します。

Teは標準化された尺度と方法、そして確立された知識に依拠していますが、Tiは独自の方法、戦略、標準を考案し、活用しています。

どのような問題や課題が彼女らの範疇に入ったとしても、TPタイプ(特にITP)は熟考に多大な時間を費やします。

Tiは、Teよりも確立された事実、方法、およびルールに対する責任が低く、忠誠心を示しません。

実際、TJタイプが「事実」とみなすものの多くをTPは暫定的と見なします。

確かに何かを認めようとすることを嫌っているのは、TPが熟考のために多くの時間を費やし、他のタイプが受け入れられるもののメリットに疑問を投げかけている理由の1つです。

Tiは実用的(S)および抽象的(N)な問題にも同様に有用ですが、STPは前者に、NTPは後者により重点を置く傾向があります。

Tom BradyなどのSTPのアスリートは、頻繁に動画を分析し、パフォーマンスを向上させる戦略を策定しています。

同様の種類の分析は、STPのビジネス関係者と競争相手を凌駕することを望んでいる政治家によって定期的に実施されています。

対照的に、NTPは、抽象的な問題に対してTiを使用する傾向が強くなっています。

多くの人は、概念や理論を熟考し、作成し、合成することを楽しんでいます。
そのため、彼女ら(特にINTP)は一般に哲学者として記述されています。

外向的思考(Te):「Systemizing(システム化)」

すべてのTJタイプは、外向的思考(Te)をdominantまたはauxiliary functionとして使用します。

Teは、客観的な知識(すなわち経験的事実)、ならびに標準化された方法および手順の開発および実施を確かとすることに関係します。

境界を明確に定義した階層的なシステムとサブシステムの集合として世界を考えることは、客観的な知識とシステムとプロセスの継続的な最適化の可能性を維持する必要がある、という構造の感覚を提供します。

小規模では、Teは、ファイルや引き出しを適切にラベリングし編成するなど、家庭の作業の最適化を促したり、最新の子育て方法を実装することができます。

職場では、プロセスの効率化や最適化、組織全体の再構築にTeを使用することができます。

内向的感覚(Si):「Preserving(保存)」

すべてのSJタイプは、dominantまたはauxiliary functionとして内向的感覚(Si)を使用します。

Siは、過去の大切な思い出、伝統、信念、日常などの忠実な保護者であり、擁護者です。

ルーチンに慣れ親しんで成長していくことは、Siにおいて目立った役割を果たします。
SJは何かを繰り返すほど、ある種の食事を食べたり、特定の曲を聴いたりするほど、より好ましくなる(または寛容になる)ほどです… SJはまた、彼女らの信念と世界観への保守的なアプローチを取っています。
大人として、彼女らはしばしば子供の頃の信念、知覚、慣習に固執しています。

「実証済の事実」を信じて、Siは常に過去を参考にして決定を導きます。
新しいものを試すのではなく、「安全に遊ぶ」と「堅持」を好みます。

外向的感覚(Se):「Doing(行為)」

すべてのSPタイプは、dominantまたはauxiliary functionのいずれかとして外向的感覚(Se)を採用しています。

一般的に「五感」に関連して、それは我々の物理的環境との関係を仲介します。

Seは、環境の詳細を熱心に観察しています。
これは、狩猟採集のときには明らかな価値があるでしょう。

それはまた、運動感覚に関連しているようであり、ほぼすべてのスポーツにおけるトップアスリートの大多数がSPタイプです。

十分に刺激されるために、ほとんどのSeユーザは、外部環境において頻繁な変更を求めます。

これが、多くのSPタイプが陸上競技を楽しむ理由であり、それは知覚して対応するための予測不能な新たな課題を安定的に提供します。

また、SPは実践的なタスクやプロジェクトを通じて、またレシピ、家具アレンジメント、ファッションなどの新しいものや旅行などの経験を試すことでSeに関わることができます。

私はSeを「行為」と評価することを選択しました。
なぜなら、それは主に、行為や行動を通してSPタイプが望むSeの流れや関わりの感覚を経験することができるからです。

Posted by melancoly