INFJとINFPの判断の仕方の違い

INFJ, INFP

Myers-Briggsのパーソナリティタイプのシステムの中でINFJとINFPは姉妹のようなものです。

両方のパーソナリティは非常に相手の感情を理解する能力があり、同じ目的のためにこの惑星に置かれたように見えます。

皆が人の状態を深く理解するのを助けるためです。

これらの2つの珍しいタイプは非常に似ているので、それらの違いを伝えるのは難しいかもしれません。

多くのINFJはINFPとしてミスタイプし、その逆もあります。

一見すると、INFJとINFPは、4文字のタイプ名の最後の文字を除いてすべてが共通しているように見えます。

しかし、実際には、これらのタイプは同じコインの裏表のようです。

彼女らの最大の違いの1つは、彼女らが決定を下す方法です。

似ている文字の組み合わせ、しかし正反対の機能

これら2つのタイプは同じ機能を共有していないと、INFJブロガーのメガン・マローン氏は説明しています。

Myers-Briggsの「機能」は、特定のパーソナリティタイプが外部から情報を収集して意思決定を行うために使用する好ましい方法です。

INFJ

1.Introverted intuition (内向的直観)

2.Extroverted feeling (外向的感情)

3.Introverted thinking (内向的思考)

4.Extroverted sensing (外交的感覚)

INFP

1.Introverted feeling (内向的感情)

2.Extroverted intuition (外向的直観)

3.Introverted sensing (内向的感覚)

4.Extroverted thinking (外向的思考)

 
これらの2つのタイプは、上位2つの機能として感情と直観を使用する内向型であるため、多くの点で似ています。

彼女らの違いは、彼女らの機能の順序と方向です。

INFJの直観は内向型であり、感情は外向型ですが、INFPの直観は外向型であり、感情は内向型です。

どちらのタイプも意思決定のため内面を見ている

彼女らは両方とも内向型なので、INFJとINFPは意思決定のために内面を見ていますが、彼女らは異なったものを見ています。

INFJは、突然の「ああ!」の瞬間を与えられることで、内向的直観が物事をはっきりさせるのを待って決定を下します。

INFPは、「感情的な温度」をチェックすることによって意思決定を行います。

判断プロセスのために異なった機能を使う

INFJのdominant functionである内向的直観は、自分自身の心の形状パターンを見ながら働く知覚機能です。

長年の使用の後、内向的直観は 「パターンのパターン」を見ます、そして、INFJは自身の内部で何が起こっているのかを認知的に理解しています。

INFPのdominant functionは内向的感情です、それはINFPに対して感情的にどのような影響を与えているか、を深く知ることによって働きます。

両者は異なる理由で、決定を下すのに苦慮する

INFJの内向的直観は知覚機能であり、情報を収集する機能であることを意味します。

意思決定機能である外向的感情(Fe)または内向的思考(Ti)のいずれかを使用して決定が行われます。

したがって、INFJは、第二機能である外向的感情を使用して意思決定を行わなければなりません。

第二機能を使うことはdominant functionを使うほど簡単ではないので、彼女らが十分に外向的感情を発達させていなければ、INFJは決定できないことに苦しむかもしれません。

INFPは、個人の価値観やアイデンティティーに合わせてあらゆる決定をしたいと考えています。

レストランで注文するだけと同じくらい簡単な決定は、自身と食べ物との関係が自身を定義づける方法の一部となった場合の注文と同じように、フラストレーションになり得るでしょう。

状況がいかに価値観に適合しているかを評価する時間がないため、INFPに迅速な決定を下すように圧力をかけることは苛酷である可能性があります。

INFPが、意思決定が自身に整合しているかを知るのは、自分の内部の感情反応を確認することだけです。

彼女らはそれを行った後でなければ、決定が正しいかどうかは分かりません。

しかし、各決定とその感情的効果はINFPの心の中にまとめられており、少しずつ意思決定が容易かつ迅速になります。

INFJは意思決定プロセスからより多く離れているため(判断機能である外向的感情が第二機能であるため)、すべての決定がそのアイデンティティーを反映しているわけではなく、日常の決定ではあまり苦労しません。

内向的直観によって、INFJは色々な視点から問題を見ることができます。

しかし、問題の側面が多すぎると、INFJが最終的な決断をするのが難しくなり得ます

INFJの意思決定プロセスをさらに複雑にするものは、状況に関与する他の人々の感情です。

INFJは、他の人の感情を、自分の感情と同じくらい、時にはそれ以上に考慮します。

INFJは、自分自身だけでなく、関係する他の人々にとっても共に利益になる決定を下すよう努めています。(これは常に現実的に可能ではありませんが)

人格心理学は常にそうであるように、あなた自身の経験、状況、意志力があなたの身体を形作っており、2つのタイプINFJとINFPもまたまったく同じではないことに留意してください。

Posted by melancoly