MBTI & エニアグラム

パーソナリティの類型学を研究する最も興味深い方法の1つは、異なる類型システムを比較することです。

Myers-Briggs(MBTI)とエニアグラムの2つの最も人気のあるパーソナリティタクソノミー(類型学)は、一貫性のある重要な相関関係を多数示しています。

この記事では、これらのつながりを簡単に見ていきます。

エニアグラム1 reformer(改革者)

 
J(判断)タイプ

 
Myes-Briggs(MBTI)のJ(判断)タイプのいずれにも該当します。

Jへの選好もタイプ1の間で明白な傾向があります。

心が広い、直観タイプであるINFJとINTJは、タイプ1として診断されるJタイプの可能性が最も低いようです。

エニアグラム2 Helper(援助者)

 
ESFタイプ(ESFP、ESFJ)and ISFタイプ(ISFP、ISFJ)

 
ENFJとINFJは多くのタイプ1の特徴を示すかもしれませんが、直観に対する彼女らの好みは、彼女らを他のエニアグラムゾーンでより高い得点をつけやすくします。

エニアグラム3 Achiever(達成者)

これはトリッキーです

「Journal of Psychological Type」の2008年の研究によると、直観はタイプ3と最も強い相関を示すMyers-Briggsの選好です。

これは、タイプ3とMyers-Briggsの直観の両方が未来指向かつ目的指向であることを考慮すると理にかかっています。

同じ研究では、内向的なタイプ3の28%がMBTIによって外向型として誤って報告されていることも分かりました。

したがって、一般に信じられているよりも、内向型がタイプ3の中に多く存在する可能性が高いです。

我々はまた、MBTIの直観および/または知覚への適応のためのタイプ3の技巧を関連付けるかもしれません。

最後に、私たちは、判断タイプ(EJやIPなど)を持つMyers-Briggsタイプに関連するものであるというタイプ3の野心を仮定するかもしれません。

上記に基づいて、ENFJがタイプ3の最も可能性の高い実例であると考えられます。

エニアグラム4 Individualist(個人主義者)

 
INFP、INFJ

 
エニアグラムタイプ4:INタイプ を参照

エニアグラム5 Investigator(研究者)

 
INTP、INTJ、ISTP

 
エニアグラムタイプ5:INタイプ を参照

エニアグラム6 Loyalist(忠実家)

 
感覚(S)タイプ

 
自身の信念と世界観の形成において自律的ではなく準拠主義的な傾向を示すタイプ6の傾向は、直観(N)よりも感覚(S)に対する選好を示唆しています。

研究は一般的にこれを支持しています。

エニアグラム7 Enthusiast(熱狂者)

 
EPタイプ(ENFP、ESFP、ENTP、ESTP)

タイプ7は、外向(E)への選好や、NeとSeのどちらかを使用することによって特徴づけられています。

タイプ理論によれば、NeとSeは、同じタイプの機能スタック内では決して一緒になりません。

それにもかかわらず、どちらも新規性を求めている機能とみなされ、タイプ7と関連付けることができます。

エニアグラム8 Challenger(挑戦者)

 
ETJタイプ(ENTJ、ESTJ)

 
私はタイプ8に関して、タイプ8と外向的直観(Ne)を関連付けるRisoとHudsonに同意しません。

タイプ8と(ENTJが最も純粋に体現する)外向的思考(Te)を関連付けることがより適切と思われます。

確かに、一部のEFPは、そのtertiary function(例えば、ENFPスティーブ・ジョブズ)によっても強力なTeを表示し、したがって、この提案(直観との関連性)をタイプ8に適合させることができます。

エニアグラム9 Peacemaker(平和主義者)

 
IFPタイプ(INFP、ISFP)

 
エニアグラムタイプ9:IPタイプ を参照

 
エニアグラムタイプ9は、外界との関わりが遅いです。

したがって、タイプ9は内向タイプ(I)である可能性が高いです。

さらに、「平和主義者」として知覚タイプ(P)である傾向があります。

このため、知覚タイプ、特にIPタイプは、人間関係においてコミュニケーションの問題を起こしやすい傾向があります。

ITPは特定のタイプ9の傾向を示すことがありますが、彼女らのアイデンティティは、通常、真のタイプ9の特徴よりも良好に形成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です