NPタイプ:現代世界での困難さ

INFJ, INFP, INTJ, INTP

人口の10%ほどしか占めていないINタイプ(INFJ、INFP、INTJ、INTP)はまれで珍しいタイプです。

私たちが人々の部族の日々を振り返ってみると、ある部族の中には少数のINタイプしか見つけられないでしょう。

彼女らは当時、賢者、ヒーラー、シャーマン、または預言者など、洞察力と直観力を活かしたものの役割を担っていたでしょう。

確かに、彼女らの稀で珍しい才能は、INタイプを貴重なものとしたでしょう。

彼女らが部族の福利のために重要な役割を果たしていることへの理解は、これらのタイプの深い自己価値の意識を生み出してきました。

 
対して現代のINタイプは、非常に異なった、そしてより難しい苦境に陥っています。

部族に生まれてそのコミュニティ内で有意義な役割を果たす代わりに、INタイプは自分自身のコミュニティーだけでなく、その中で自身の目的を見つけたり作成したりしなければなりません。

残念なことに、多くのINタイプは、これを行うための道が険しいことを発見しています。

彼女ら自身と自身のベストフィットのニッチを見つけることは、予期しているほど容易であることはめったにありません。

 
この状況をさらに複雑にすることは、個々の小さな一部の間での、力と影響が集中の増大です。

インターネットや他の形式のマスメディアの範囲で、1人の個人が現在何百万人もの人々の注意を喚起することができます。

これは幸運な少数者にとっての恩恵かもしれませんが、それは多くのINが自分のアイデアや洞察力が不必要であるか重要でないかのように感じさせます。

 
簡単に言えば、INにとって意味のある社会的役割への道は、以前よりもはるかに単純ではありません。

通り一遍の手順があるだけでなく、選択肢や可能性の数が増えれば、自分の選択した方向に集中して自信を持ち続けることが難しくなります。

たとえば、キャリアパスが定まっているINであっても、疑問や不満を引き起こす魅力的な選択肢に絶えず直面しています。

これは、定まったコースに留まるべきか、船に飛び乗り、何か違うものを探索するかで彼女らを悩まします。

 
内向的タイプとして、INFJ、INFP、INTJ、およびINTPの各タイプは本質的に、特定の分野で習熟するように強制されます。

しかし、彼女らは正しいことに集中していることを確かとすることも同様に重要だと感じています。

何よりも、彼女らは人生の多くの時間の浪費につながる間違った選択を事前に避けたいと思っています。

完全に専心するためにいつ、何を、を理解する - これが鍵です。

 
もちろん、急速に変化している世界では、一定の持続的専心や「tunnel vision(視野が狭すぎること)」に一定のリスクが伴います。

変更が最重要点である場合、適応に失敗した人は無関係なる、または取り残されるリスクがあります。

これは、何かに深く専念したいと同時に新しい傾向や発展に対応したいINにとっては問題が発生する可能性があります。

彼女らは常に変化する外部環境の中で内部の一貫性の必要性を尊重することは難しいかもしれません。

 
新しい開発については、比較的狭い範囲で確かに実行可能ですが、INは正確な現実感を維持しなければなりません。

これは広範な情報を探索して統合することを意味します。

彼女らの世界観と人生の選択が、全体の適切な理解によって導かれることを確実にするために、彼女らは情報を得て、自身の見解と行動をそれに従って修正することが自身の義務であると考えています。

毎日私たちに衝撃を与える大量の情報に照らせば、これは間違いなく大きな課題です。

 
幸いにも直観は、事実や詳細を集めることよりも、広範なパターンを見て理解することに関心があります。

したがって、INは、物事を一般的に理解して新しい情報がどのようにして見えるかに大いに関心があります。

 
しかし、それでも彼女らは、パズルの重要な部分である重要なものを見逃しているのかどうか疑問に思わずにはいられません。

そして、これは自己疑念を引き起こし、自身の信念に基づいて行動するのを躊躇させるかもしれません。

彼女らは正確さの必要性と意図的な行動への欲求との間で引き裂かれているように感じます。

最終的に引き金を引く前に、どれだけの時間をかけて選択し、学び、目標を撃つ準備をする必要があるのでしょう?

 
INは、通常、この種の内省的準備に他のタイプよりも多くの時間を費やしています。

それゆえ、彼女らは大量の時間を費やして物事を把握することで、人生を過ごすかもしれないと心配するのは珍しいことではありません。

これは、例えば、哲学者ルードヴィヒ・ヴィットゲンシュタイン(Ludwig Wittgenstein)が、「より普通の人生」をおくるために哲学をやめようとしていたことを何度か言及したことによって実証されました。

 
INは、自分の心(N)で過ごす時間が多すぎると、他のタイプのものが豊かに楽しめるような単純な快楽を経験したり、称賛したりする(S)のを妨げられる恐れがあります。

タイプ論的には、dominant functionにあまりにも多くの時間を集中することは、inferior functionの開発と統合を妨げるかもしれないと彼女らは心配しています。

Posted by melancoly