INFP:不健全時

INFP

どんなタイプにも健全な場合や不健全な場合があります。

また、個人が不健全になる可能性があるさまざまな方法もあります。

ストレスは、誰かがinferior functionに捕らわれる「Grip」反応と呼ばれるものを引き起こす可能性があります。

パーソナリティループもあります。

INFPの場合、これはFi-Siループになります。

それから、誰かが適切に発達する機会を得られなかったときに起こるタイプの未熟な症状があります。

 
覚えておいて下さい、私はINFPを愛し、彼女らに対して否定的な感情はありません。

この記事は、何らかの形でINFPを「打ち破る」ためのものではありません。

どんなタイプの健全さでも、さまざまなレベルの状態があり、個人やその時に何が進行しているかによって、未熟な形で自分自身を表現する場合があります。

健全なINFP

健全なINFPは、その価値観、道徳、倫理に深く触れています。

彼女らは真正な、有意義な人生を送るために努力する思いやりのある個人です。

彼女らはしばしば創造的で想像力があり、粛然として情熱的です。

彼女らの多くは、「弱者」や疎外された人々の窮状に気を配り、脆弱と見なす人々を助けようとします。

彼女らは理想主義的でオープンな傾向があります。

将来、自身や自身が気にかけている人々のために世界を改善するためにできることは何かに焦点を当てています。

INFPの機能スタック

Dominant Function: (Fi)

Auxiliary Function: (Ne)

Tertiary Function: (Si)

Inferior Function: (Te)

5th/Opposing Role(反対の役割): (Fe)

6th/Critical Parent(批判的な親): (Ni)

7th/Trickster(悪戯者): (Se)

8th/Demon(悪魔): (Ti)

INFPの欠点

INFPは当然のことながら、上位3つの機能(特にdominant function)に大きな価値を置いています。

すべてのタイプと同様に、彼女らは他の5つの機能の歪んだ認知を持つリスクがあります。(すべてのタイプ8つの認知機能をすべて使用しています)

結果としてINFPは、inferior function Teを、圧倒するもの、横暴なもの、決定することや行動を起こすには急ぎすぎであるとみる場合があります。

彼女らは注意していない場合、この機能を抑制したり、無視したり、これを使う他人を低く評価する場合があります。

これは特に、inferior functionへのアクセスが少ない小児期や思春期に当てはまります。

 
外向的感情はINFPのdominant function(Fi)の反対方向に実行されるので、彼女らはそれを押し付けがましい、干渉的、偽りの、または必死であると見なす危険があります。

またINFPは、外向的感情タイプの意図を誤読するリスクを持ちます。

 
内向的思考はINFPの第8機能であるため、それを過度に非人間的、孤立した、冷たい、定式的であると見なす危険性があります。

 
タイプのいかんに関わらず私たち全員が、すべての認知機能が有用で価値あるものであることを認識する必要があります。

他よりも本質的に優れているタイプはありません!

我々は私たちとは違ったやり方で物事を処理する他のタイプとの関係を改善し、よりよい関係を形成することができます。

不健全なINFP

不健全な感情

特に不健全で未熟なINFPは、歪んだ内向的感情プロセスで機能することがあります。

彼女らは過度に敏感で、すぐ怒り、自身意見と価値観だけが有効であることを強く主張する場合があります。

彼女らは憤慨して孤立する可能性があり、同じ理想と価値観に従うだけの人々の人生にのみ許可をします。

彼女らは独善的に見えるかもしれないし、自身が社会の他の人々よりも何らかの形で優れているという考え、または誤解された「不適応者」という考えに結びついているかもしれません。

 
このカテゴリーに入るINFPは、通常、自身の機能を発達させ、適切に表現するための健全な幼年期または背景を有していません。

通常、INFPは非常にオープンで穏やかな人ですが、人生の大半で防御的な立場にいなければならない場合、感情をバランスさせ、健全な感情を創るための(直観、感覚、思考などの)支援的な機能を開発できないことがあります。

なぜINFPにとって外向的直観が重要なの?

この歪んだ認知に入るのを避けるために、INFPはauxiliary function 外向的直観(Ne)を開発することが重要です。

この機能は、感情のバランスを取ります。

感情が「これは私の価値観です、それは正しい」と感じるとき、Neは「うーん…他の視点やアイデアを見て、私たちが新しい情報に触れることを確かめてみて」と言います。

感情が「それは私にとって正しいとは思わない」と感じると、「物事は複雑で、多分、ここに欠けているものがあるかもしれない」と言います。

Neは、INFPがオープンな心を維持し、創造的なつながり、可能性、新しい視点を見るのを助けます。

不健全な直観

しかし、直観が不均衡である場合はどうるのでしょう?

これが起こると、INFPはNeを使用して、世界があるべき理想化されたイメージを作り、完璧な未来のインスピレーションを発揮します。

不健全な直観は、INFPを非現実的、非実践的、偏心的、または無根拠にみせる場合があります。

彼女らは理想主義的な未来に向かって引っ張られると感じるでしょうが、彼女らは目標を現実にするために何かを実際に行うことができないと感じます。

 
Inferior function 外向的思考(Te)の抑圧は、ここでの問題の一部です。

Teは、生産性と「実現化」に非常に重点を置いています。

 
INFPがTeをあまりにも過度に抑圧すると、彼女らは実際にビジョンを現実世界で働かせ、行動の過程を作り出すことなく、推論とアイデアを生み出す場所に立ち往生する場合があります。

彼女らは完璧な未来と多くの可能性を見ているので、非常に不満を募らせる場合があります。

しかし、彼女らは自身のアイデアを実際に実現化する方法を知らず、決定して前進することを恐れています。

本当に、これはバランスのとれていない直観と未発達の奇妙な思考の組み合わせです。

防御的なINFP

不健全なINFPが、自身の価値観や視点が反対に合い脅かされていることに対処している場合は、

A)自分の気持ちを抑え、すべてが大丈夫だと自身に確信させようとする。

B)もしくは、他の人がすべて腐敗していると想像して、その人々をひどく思い、欺かれていると想像する。

 
彼女らは自身を「真実」を見る唯一の人、あるいは世界を変えることを本当に気にしている唯一の人と見る場合があります。

彼女らは他人に対して特に過酷かつ批判的になる場合があり、殉教者の役割を果たし、徐々に他の人々から身を守るようになります。

不均衡/不健全なより軽い表現

すべての不健全なINFPが上記の記述に正確に適合するわけではありません。

彼女らは言及された特定の問題で苦労するかもしれません、または彼女らはより小さな軽い「症状」を持つかもしれません。

ここにはいくつかの欠点があります。

 
INFPは、内向的感情を強く評価するので、他の機能を犠牲にして、それを過度に使用する危険性があります。

彼女らは理想を支えるために「頑なに自分の意見に固執する」場合があり、同じ理念を共有していない人や、自分たちの希望とビジョンを満たしていない人に非常に批判的なことがあります。

彼女らはさまざまな視点を持つ誰もが非倫理的または「残酷」であると見なすような、社会正義の一種に非常に結びつくことがあります。

 
内向的感覚(Si)はINFPの第三機能であるため、初期の人生の中ではアクセスが少ないです。

また、人生の至るところでSiの未熟な表現を示すこともあります。

初期の人生では、詳細を覚えるのが難しいかもしれません。

彼女らが年齢を重ねるにつれて、彼女らは過去を見直したり、特に悪い、恥ずかしい思い出にこだわったり、それらの記憶について恥や不安を感じたりすることに過度に重点を置く場合があります。

 
彼女らは自身の経験をあまりにも過度に頼りにして、その経験を使って感情の判断を後押しするかもしれません。

他の人の経験を、自身のものと非常に異なるとして、低く評価するかもしれません。

これは、INFPがFi-Siループ内にあり、自身の視点に情報を伝えるためにNeの平衡力を持たないときに発生する傾向があります。

「Grip」ストレスの段階

慢性または極度のストレスを経験しているINFPは、自身のinferior functionである外向的思考(Te)の「Grip」に陥る可能性があります。

これが起こるとき、彼女らの他の機能は意識されなくなり、彼女らは「彼女らしくない」ように見えます。

 
あなたが突然INFPに「スイッチを入れて」と言い、通常ではないやり方で行動すれば、彼女らは人生の「Grip」の段階にいる可能性があります。

INFPは、通常はオープンであり、思いやりがあり、共感的であり、Teの「Grip」にあるときはますます頑なで、組織的であり、過酷です。

彼女らは他者に対して冷笑的になり、それらの人々の視点や洞察を厳しく批判することがあります。

効率性と外部環境の管理を維持することに過度に重点を置いているように見えるかもしれません。

Shadow Functions(影の機能)の効果

すべてのタイプは、5〜8番目の機能を処理するときに混乱すると感じることがあります。

これらの「Shadow Functions」は、私たちにとってより意識されていません。

5th/Opposing Role(反対の役割): (Fe)

INFPは、Feの表現に苛立ち、それを横柄で、社会的価値に過度に適合しているとみることがあります。

その結果、彼女らは他の人々が彼女らにどのように影響を及ぼし、「強制する」かに固執し、「グループ」の社会的調和に責任を負うことに抵抗する場合があります。

 
同時に、彼女らは他の人々が必要とするものや他の人のニーズを満たす方法に非常に敏感な瞬間を持つことがあります。

6th/Critical Parent(批判的な親): (Ni)

Niは「批判的な親親」の役割を果たすため、INFPはそれを自身の視点や計画を批判する方法として使用することがあります。

彼女らは出来事がどのようになるかについての否定的な考えに固執するかもしれません。

 
彼女らはまた、Niが真に彼女らの中で輝く瞬間を持つことがあり、彼女らは決意と確信を持った後に進むことができる突然の明確で肯定的なビジョンを見つけることができます。

7th/Trickster(悪戯者): (Se)

外向的感覚は「悪戯者」の役割を果たします。

その結果、INFPは自身の経験や判断をバックアップするために、認識された「現実」を利用して自身(または他人)を欺くことがあります。

彼女らはしばしば、「ダブルバインド」や、状況や、勝者なき議論で人々を捉える方法でこれを使用します。

 
しかしまた、彼女らは健全な方法でSeに触れることができ、物理的な世界を楽しんだり、読書せずに美しい細部に気づいたり、物理的なスリルを経験することができます。

8th/Demon(悪魔): (Ti)

内向的思考は「悪魔」の役割を果たします。

その結果、INFPは定義と論理的整合性を完全に無視することがあります。

細かい区別を見ずに特定の原則に固執します。

 
彼女らはまた、他の人々の不一致や論理の欠陥にも批判的になる可能性があります。

彼女らはこの分野の欠点によって恥ずかしくなり、可能な限り隠すように努めます。

彼女らはまた、Ti使用する人を冷たい、孤立した、または分かりにくいものとして見る危険にさらされる可能性があります。

 
また、INFPが健全な方法でTiに触れることができ、日々の生活の中で彼女らに利益をもたらす普遍的な原則を見つけることができます。

Posted by melancoly