ITJ/ETJタイプの内向的感情 byCJ

ISTJとINTJがFiを使う方法

 
ISTJがFeを使う方法

ISTJは、意思決定を行う際に、客観的な論理(外向的思考)と過去の事実と詳細(内向的感覚)に頼ります。

それでもそのすべての下では、非常に強力な価値観と倫理を維持しようと努力します。

これは、ISTJを世界の 「変化の仲介者」のように見せることができます。

彼女らは不誠実なものを嫌い、時には困難なことにかかわらず、真実で正しいものに固執することを信じています。

人生の初期では、ISTJは内向的感情を意識的に制御することはほとんどありません。

Fiが未熟なときは、ユーザーが物事を個人的に受け取り(個人に対する攻撃と考え)、根に持つ原因になる可能性があります。

これには若いISTJが苦労しているかもしれません。
“ITJ/ETJタイプの内向的感情 byCJ” の続きを読む

IFP/EFPタイプの内向的感情 byCJ

内向的感情、外向的感情、Fi-dominant、Fi-inferior、それはすべて多少混乱するでしょうか?

初めてMyers-Briggsタイプについて学んだとき、人々は単に感情タイプか思考タイプだと思っていましたが、このすべてのFi、Fe、Si、Se、Ni、Neの専門用語は理解できませんでした。

知識が進歩するにつれて、内向的感情(Fi)のための激しい賞賛を展開しました。

内向的感情は、彼女らの確固たる価値観、真正性、そして真の思いやりのために知られています。

内向的感情タイプは様々であり、幅広いスキルを持っています。

ジョーン・オブ・アーク、エドガー・アラン・ポー、オードリー・ヘップバーンまで、すべて内向的感情タイプでした!

しかし、内向的感情とは何なの?
そして、それは各タイプの機能スタック内でのその位置に基づいてどのように異なるのでしょうか?

内向的感情は、自分自身の個人的な価値観、感情、情調を探求し、洗練することに焦点を当てています。
“IFP/EFPタイプの内向的感情 byCJ” の続きを読む

外向的感覚 vs. 内向的感覚 byCJ

どのようにあなたの周りの世界を受け取ってますか?

鮮やかな色と音と香りに気付いていますか?

過去を幻想や驚きとともに回顧しますか?

感覚の世界は美しく魅力的です。

あなたが感覚タイプの場合、周囲の具体的な世界に対する認識が高まっています。

コンクリートの音は退屈だよね? まあ、そうではありません。

自然の流動する砂やコンピュータの複雑なシステムに気づくでしょう。

あなたが直観タイプの場合でも、直観で始めることを好みますが感覚にも依存します。

あなたはまだあなたの周りの世界に気づいて慕うかもしれませんが、アイデアやコンセプト、思考のレンズを通してそれをフィルタリングします。
“外向的感覚 vs. 内向的感覚 byCJ” の続きを読む

外向的思考 vs. 内向的思考 byCJ

人としての充実した生活を送るには、論理と推論を使うことが不可欠です。

Myers-Briggsの各タイプでは、インジケータで感情の結果が得られたとしても、思考を使用します。

私たちが思考を使用しなかった場合、私たちは意思決定のための論理的根拠を持つことができず、私たちはすべてかなり悪いところにいます。

思考には2つの異なるタイプがあります。 内向的思考と外向的思考。

1つ目の内向的思考は、内部の世界を組織し、内部的な価値観に合理的思考を適用し、より内部的に焦点を当てています。

もう一方の外向的思考は、より外部的に焦点を当て、外界に合理的な思考を適用します。

あなたは外向的思考タイプ? 探してみましょう

dominant(優勢)外向的思考タイプ

ENTJ and ESTJ

auxiliary(補助)外向的思考タイプ

INTJ and ISTJ

tertiary(第三)外向的思考タイプ

ESFP and ENFP

inferior(劣位)外向的思考タイプ

INFP and ISFP

 
tertiaryおよびinferior functionに外向的思考を持つタイプは、通常、最初に意思決定を試みるために内向的感情を見ます。

感情で問題を解決できない場合、彼女らは外向的思考に戻ります。
“外向的思考 vs. 内向的思考 byCJ” の続きを読む

外向的感情 vs. 内向的感情 byCJ

この記事では感情の世界を探求したいと思っています。

感情は非常に混乱することがあります。

一部の人々は鉄の胸の中で自分の気持ちを守るようです。
感情は隠されてロックされています。

他の人たちは率直に、すべての感情を鮮やかに見せます。

あなたのMBTIテストで「T(思考タイプ)」の結果が得られれば、あなたは「ああ、そんなばかげた感情の人よ、感情的なナンセンスよりも嬉しいよ!」と思っているかもしれませんが、感情的な知性には本当に価値があります。他者との理解と共感の能力。 そしてそれ以外に…

すべての人はFeeler

あなたがMBTIの思考タイプの結果を得たなら、それはあなたが感情よりも思考を好むという意味ですが、あなたは依然としてそれ(感情)を使用しています。

同じことが感情タイプにも当てはまります。

あなたはまだ論理と思考を使っていますが、あなたは(物事に対する判断を)感情から始めたいと思っています。
“外向的感情 vs. 内向的感情 byCJ” の続きを読む

Ne-Siペア vs. Ni-Seペア  byCT

探索プロセスが率先した抽象化(Ne)であり、世界観プロセスが反応的かつ具体化(Si)であるとき、情報合成に対する心理学的アプローチは多岐にわたります。

逆に、Se-Ni二元性は、直線性に向かう心理的アプローチを有します。

これらのプロセスを比率で比較すると、Ne-Siペアはより多くの接続を生成し、それぞれがより短い範囲を持ちますが、Se-Niはより少ない接続を生成し、より大きな範囲を保持します。

外向的知覚において、この複数の現象は、相互関連化の過程である抽象化が外側に向けられているときに必然的に生じます。

探索プロセスの動作を考慮すると、探索プロセスも抽象化プロセスであると、より多くの接続がより迅速に連続して、短い範囲で形成される理由がわかります。

探索プロセスはリアルタイムであり、私たちに現実感を絶え間なく壊さずに、微小間隔で現実を吸収させ、常に新しい観察へ視線を移させるからです。
“Ne-Siペア vs. Ni-Seペア  byCT” の続きを読む

内向的感覚 vs. 内向的直観 byCJ

あなたは自身のパーソナリティタイプを理解しており、もっと知りたいと思っています!

しかし、突然あなたはSiやNi、FiやFeのような言葉を聞いています。

これはどういう意味ですか? あなたがもっと深く知るほど、それはより混乱するように見えます。

最初は、感覚や感情を選好する内向的な人物だと思っていたかもしれませんが、今はあなたは内向的感覚や外向的感覚、または内向的/外向的感情のような言葉を見ています。

自身のタイプが不明な場合もあります。

たぶんあなたは感覚と直感との間で引き裂かれ、どちらがあなたともっと共鳴するのか不明です。
“内向的感覚 vs. 内向的直観 byCJ” の続きを読む

外向的感覚 vs. 外向的直観 byCJ

無料のオンライン「パーソナリティテスト」の出現により、ミスタイプ(誤判断)されているか、タイプ結果によって混乱している何千人もの人がいます。

多数のESFPがENFPとしてミスタイプされ、多くのESTPがENTPとしてミスタイプされます。

多くの無料オンラインテストでは直観にバイアス(偏向)があり、感覚型が感覚型の結果を得ることはほとんどありません。

この記事では、外向的感覚(ESTPとESFPのdominant function)と外向的直観(ENTPとENFPのdominant function)の違いを明確にしてミスタイプを解決し、自分自身をよりよく理解できるようにしたいと思います。

dominant functionに外向的感覚を持つ人々は、Se-dominantと呼ばれます。

dominant functionに外向的直観を持つ人々は、Ne-dominantと呼ばれます。

SeとNeの間には大きな違いがあり、どちらも他方より優れているというわけではありません。
ESTPとESFPは人口の約21%、ENTPとENFPは人口の約11.5%を占めています。
“外向的感覚 vs. 外向的直観 byCJ” の続きを読む

INTPはなぜ収束的真実を探求するの?

ある程度の経験があるINTPは、収束的真実を発見の情熱と希望の時を思い出します。

多くのINTPにとって、これは彼女らの人生の中で最もエキサイティングで魅力的な年でした。

INTPは、偉大な人生が大人としてどんなに大切になるかをいつも予期している子供のように、真実が明らかになる啓蒙の将来の日を夢見ています。

しかし時間とともに、そのような理想主義はしばしば衰退し、打ち砕かれたという感情や、人にとってはあきらめや絶望感に取って代わられます。

収束的真実を見いだす彼女らの希望は枯渇してしまい、その場所を否定的な、虚無主義または懐疑主義的にさえしたままにします。

この記事では、INTPのdominant functionである内向的思考(Ti)が収束的真実をどのように探求し、どのようにこの探求が多くの心理的および文化的要因によって妨げられるのかを探索します。

これらの障害を強調することに加えて、INTPがそうしたいと望むならば、絶対的な相対主義と冷笑主義の泥沼から抜け出せる道を見つけ始め、収束的真実を探す喜びを再発見することができると主張すします。
“INTPはなぜ収束的真実を探求するの?” の続きを読む

INTPは真実・意味・動機を探求する

ほぼすべてのパーソナリティタイプについて、意味があるものとして人生を経験することは、意味が多くの原因(例えば、宗教、勤労、家族など)に由来するため、ほとんど与えられています。

しかし、あるパーソナリティタイプ(INTP)では、意味と目的の永続的な感覚を得るのが難しいです。

その結果、INTPは冷笑的になったり、ニヒリズム(虚無主義に)陥る可能性があります。

つまり、これらの感覚は人生は最終的に無意味であるということです。
INTPの意味の問題は、2つの主な原因にさかのぼることができます。

1つ目は、多くのINTPが絶対的な確実性で理解できるものは、何にせよほとんどないと感じているという事実です。

多くのINTPは結局、伝統的な宗教/神学を知的に支持できないものとして拒否します。

INTPが信じるものを見つけたくないということではありません。

それとは反対に、多くの人は、真実と意味の包括的な源泉を探し求めて生活を過ごしています。

彼女らの良い意図にもかかわらず、彼らの心の懐疑的で疑念的な性質は、通常、ほぼあらゆる理論や信念体系で何らかの問題を見つけることができます。

したがって、INTPにとって意味のこととなると、多くの点で自身は最悪の敵です。
“INTPは真実・意味・動機を探求する” の続きを読む