INFJ-INFP:人間関係・恋愛

どのペアリングでも、人間関係の成功の可能性は、各パートナーの個人的な成長を考慮する必要があります。

Myers-Briggsのパーソナリティタイプを厳密に見れば、相性に関する予測可能なガイダンスが得られるかもしれませんが、理論的にも優れた類型学的マッチングを純粋な大惨事へ、あるいは潜在的に劣位のものを調和と成功なものに導くことができるのは、個人の成長と個別化という難しい問題です。
“INFJ-INFP:人間関係・恋愛” の続きを読む

8つの機能の役割

ユングの輝かしいタイプの考え方を反映して、深い洞察力のパーフェクトストームの中ですべてが彼に去来したと想像するのは魅力的です。

しかし現実には、ユングの枠組みは瞬間的な啓示ではなく、徐々に明らかになり、時間とともに磨かれました。

当初、ユングの概念は、内向性と外向性の2つの主要なタイプに限られていました。

彼は最終的に8つのパーソナリティタイプを含むようにフレームワークを拡張しました。(後にMyers-Briggsの手で16に増やされました)
“8つの機能の役割” の続きを読む

IPタイプ:人間関係・相性

IPタイプは外部の平和を保つことに関して優れています。

彼女らは外側への適応のマスターであり、容易に他の人と調和し合うことができます。

外部の調和を維持するための彼女らの技巧にもかかわらず、多くは無意識のうちに、彼女らの人間関係における親密で効果的なコミュニケーションを発達させることができません。
“IPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

TPタイプ:人間関係・相性

INTP、ENTP、ISTP、およびESTPは、彼女らの人間関係において共通の課題を抱えています。

これらの課題の多くは、感情機能である外向的感情(Fe)が機能スタック内の下位に存在し、したがってより無意識的で、未熟であるという事実に関連しています。

InferiorとしてのFeの1つの効果は、理想的な愛を想像する傾向です。

FeはTPのタイプ発達の目標または終点の一種であるため、理想的な愛を夢見ることで、一過性の至福または完全性への「近道」を提供することができます。
“TPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

NPタイプ:人間関係・相性

すべてのNPタイプは、機能スタックの一部として、外向的直観(Ne)および内向的感覚(Si)を使用します。

その結果、ENTP、ENFP、INTP、およびINFPタイプは、ある程度の類似性と親和性を享受する可能性が高くなります。

このような親和性は、コミュニケーションとライフスタイルの両方の好みに拡大する可能性があります。
“NPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

ENTP:人間関係・恋愛

ENTPのあらゆるタイプの中で最も多様性が高く、オープンで適応性があり、幅広い関心と活動を示しています。

彼女らの公開性と多様性のために、多くの異なるパーソナリティタイプとの愛と相性を見つけることができます。

この記事では、ENTPの人間関係のさまざまな側面について検討します。

ENTPが機能スタックに基づいて関係性に対して求めるものの分析から始めます。

これに続いて、様々なパーソナリティタイプとの将来的な相性についての議論と、ENTPの人間関係の一般的な課題のいくつかを見ていきます。
“ENTP:人間関係・恋愛” の続きを読む

ENFP:人間関係・恋愛

ENFPが人間関係においてどのように表し、機能するかは、主にパーソナリティタイプ発達の段階に大きく依存します。

彼女らの発達の早い段階で、ENFPは自身のdominant function 外向的直観(Ne)とそのinferior function 内向的感覚(Si)の間のバランスをとるために苦慮します。

これは、公開性及び非慣習性(Ne)と、親しみと伝統性(Si)への関心の混在を生み出します。

あるENFPは、若い頃から宗教的伝統(Si)に繋がり続け、その教義に加入し、定期的に貢献に参加しています。

しかし、行動的には、彼女らは自分の気まぐれとそのNeの方法に従って、自分のルールに従って生きているように見えます。

“ENFP:人間関係・恋愛” の続きを読む

INTJ:人間関係・恋愛

I(内向)タイプとT(思考)タイプとしての地位にもかかわらず、他のほとんどのパーソナリティタイプと同じようにINTJの関係性は興味深いものです。

INTJの出会いや恋愛関係でのアプローチがどのようなものかをよりよく理解するために、4つの主要なパーソナリティ機能(Ni、Te、Fi、Se)の潜在的な影響と内容を考慮する必要があります。

INTJの愛情と人間関係における内向的直観

INTJのdominant functionは内向的直観(Ni)です。

これまで説明したように、Niは知覚機能であるため、INTJはP(知覚)タイプとして最もよく理解されています。

INTJは、auxiliary function 外向的思考(Te)を介して自分自身を主張することを恐れませんが、本質的にはより受動的であり、表出では多少冷淡でさえあります。
“INTJ:人間関係・恋愛” の続きを読む

INTP:人間関係・恋愛②

INTPの人間関係の成長と発達

INFPのように、INTPは、特に恋愛関係において、争いを回避する傾向があります。

Relational health(関係性への適応能力)のために関係の調和を誤る傾向があります。

調和は確かに健全な関係の一部ですが、本当の親密さや効果的なコミュニケーションとはほとんど関係がありません。

真の親密さを育むことは、しばしば非常に苦痛で困難であり、自分自身や相手の恐怖、不安、自我問題との対立を必要とします。
“INTP:人間関係・恋愛②” の続きを読む