Te-Fiペア vs. Ti-Feペア

Elaine Schallockの先駆けである、より最近のタイプ理論の発展の1つは、「機能のペア」を考えることの重要性を伴います。

これは、対の枠組みに基づいて、すべてを理解するためのElaineの才覚に由来します。(ユングはこの点で同様の傾向を示しています)

彼女は、機能は常に機能スタックの中の補助的又は「反対の」機能と対になることを正しく観察しました。

その対は(Ti-Fe, Te-Fi, Ne-Si, Ni-Se,又はあなたのpreferenceに応じてFe-Ti, Fi-Te, Si-Ne, Se-Ni,となる)4つの機能のペアとなります。

機能ペアを理解することは、少なくとも3つの理由から重要です。

第一に、それらは、補足物のコントラストの光の中で、各々の機能の性質をより詳しく理解することを可能とします。

機能ペアを調べることは、さまざまなタイプの動機、興味、類似点、および相違点をよりよく理解することにも役立ちます。

最後に、機能ペアを探索することは、私たちが見るように、タイプを理解するうえで重要なdominant functionとinferior functionのダイナミクス(力学)を理解するのに役立ちます。

そしてそれは私たちが以下で分かるように、タイプだけでなくpreference(優先)機能と個人の健全な成長への彼女らのそれぞれの軌跡を理解することにとって大変重要です。
“Te-Fiペア vs. Ti-Feペア” の続きを読む

Ne-Siペア vs. Ni-Seペア

Elaine Schallockの先駆けである、より最近のタイプ理論の展開の1つは、「機能のペア」を考えることの重要性を含んでいます。

これは、対の枠組みに従って、すべてを理解するためのElaineの才覚に由来します。(ユングはこの点で同様の傾向を示しました)

彼女は機能は常に、機能スタックの中の補助的又は「反対の」機能と対になることを正しく観察しました。
その対は(Ti-Fe, Te-Fi, Ne-Si, Ni-Se,又はあなたのpreferenceに応じてFe-Ti, Fi-Te, Si-Ne, Se-Ni,となる)4つの機能のペアとなります。

機能のペアを理解することは、少なくとも3つの理由から重要です。

第一に、それらは、補足物のコントラストの光の中で、個々の機能の性質をより良く理解することを可能にします。

機能ペアを調べることは、さまざまなタイプの動機、興味、類似点、および相違点をよりよく理解するのにも役立ちます。

最後に、機能ペアを探索することは、私たちが見るように、タイプを理解するうえで重要なdominant functionとinferior functionのダイナミクス(力学)を理解するのに役立ちます。

そしてそれは我々が以下で分かるように、タイプだけでなくpreference(優先)機能と個人の成長への彼女らのそれぞれの経路を理解することにとってきわめて重要です。
“Ne-Siペア vs. Ni-Seペア” の続きを読む

内向的思考 & 外向的感情 in TP

内向的思考(Ti)と外向的感情(Fe)は、一つの機能対を構成します。

それらは相互依存する機能であり、常にTPおよびFJタイプにおいて一緒に発生します。

INTPの本で長らく議論されているように、TiとFeは互いに一定の緊張状態にあります。

これは、これらの機能が機能スタックのdominant functionおよびinferior functionのブックエンドとして機能するITPにとって特に明瞭です。

そして、TiとFeの方法と目的は、お互いに不一致に見えるかもしれませんが、相互に豊かで補完的な方法として共に働くこともできます。

この記事では、INTP、ENTP、ISTP、ESTPでの現出に焦点を当てて、TiとFeの相互作用を探求します。

TPタイプの場合、Tiは機能ペアのより意識的なメンバーです。

その優位性のため、TPは自分自身を高度に自律的なエージェント(行為者)とみなす傾向があります。

彼女らは自分のやり方で、自分の時間で仕事をすることを選んで、Teのルールや規約を破ることを楽しんでいます。

彼女らは、ファンタジーである無政府主義者や自由論に対する彼女らの嗜好に関与する外部の非難や構造によって支配されたり統治されたりするという考えを嘆いています。
“内向的思考 & 外向的感情 in TP” の続きを読む

INJタイプ-Ni vs. ESPタイプ-Se

Myers-Briggsの理論によると、INJとESPの双方は、機能スタックの一部として内向的直観(Ni)と外向的感覚(Se)を持っています。

違いは、INJの場合、Niはdominant functionであり、Seはinferior functionですが、ESPではこの状況が逆転しているということです。

INJで意識されていること(Ni の直観)は、ESPにとってはほとんど意識されておらず、ESPで意識されていること(具体的な詳細に対する注意)はINJにとってほとんど意識されていません。

これらの逆の機能構成は、INJおよびESPに、世界を劇的に異なる方法で体験させます。
“INJタイプ-Ni vs. ESPタイプ-Se” の続きを読む

内向的感情 vs. 内向的思考

内向的感情(Fi)と内向的思考(Ti)のより明確な理解を深めるまでにはかなりの時間を要するでしょう。

この記事では、これら2つの機能の類似点や相違点、IFPとITPでのそれぞれの兆候について検討します。

FiとTiは共に主観的で個別化されています。

たとえば、2人のINTPを見た場合、特定の問題に対するアプローチがはっきりと異なることを知ることができます。

私たちは、2人のINFPを考えた場合において、矛盾した個性的な優先事項や嗜好を持っているかもしれません。

内向的思考(Ti)

内向的思考(Ti)は、高度に個性化された方法や戦略を作り出します。

INTPは新しいアイデア(Ne)と新しい経験(Se)のためのISTPを見ているかもしれませんが、人生をナビゲートするための方法や戦略(Ti)の開発に関しては、自分自身を見ているでしょう。

ITPの方法は、しばしば、外向的思考(Te)のそれに反して実行されます。
「科学的方法」などのTeメソッドは標準化され、集合的に支持されています。

Teシステムに参加するには、あらかじめ定義された一連のルール、プロトコル(規約)、および手順に同意する必要があります。
Teシステムは、個人の主観的好みおよび方法に反しています。

それらの目標は、結果を最大限に予測し、制御できるように、可能な限り規制を行うことです。

IFPはTeを使用するので(第4機能が(Te)であるため)、ITPよりも標準化された方法にはあまり反対しません。
“内向的感情 vs. 内向的思考” の続きを読む

Ni/Ne as Inferior Functions

私たちのinferior functionとの関係はかなり複雑です。

hogwashのような、類型論を非難する多くの人々は、人々が理論的なレベルで行動することを期待しています。(例えば、直感タイプは直感的なものとして行動すべきである)

このような期待は、現実の行動とは必ずしも一致しません。
(あるいは、人々が質問されたときに必然的に自分自身を記述することを選択する方法さえも!)

彼女らが理解していないことは、inferior functionの力学に根ざしたこの逆説的行動の合理的説明があるということです。

Inferior functionの同じ一般的な特性は、SeおよびSi(またはそのような機能のいずれか)に適用されるのと同じ方法で、inferior functionであるNeおよびNiに当然適用されます。

下位機能のグリップ(掌中)の一般的な特性には、過激主義、完璧主義、未熟や少女の理想化、怒り、強迫観念、高敏感性などが含まれます。

最悪の場合、グリップにある人々は、容易に怒りを買ったり、感情を損ねたりします。

最善の状態では、グリップの動作は、単にinferior functionに関連する活動に過度の関心があるだけで、必ずしも破壊的な行動につながるわけではありません。
“Ni/Ne as Inferior Functions” の続きを読む

ENPタイプ-Ne vs. INJタイプ-Ni

パーソナリティーに精通している読者は、Myers-Briggsに関する分析の過程で、preference(各機能に対する優先)の基本みでなく、特にpreferenceに関する内向・外向の方向性機能を見ることよって、タイプ間の差異をよりよく理解できる様になったことを知っています。

直観は、内向的直観(Ni)と外向的直観(Ne)の両方に関連する一般的な特徴を持っていますが、方向性によって区別されると、それがどのように現れているかをより詳細かつ正確に理解することができます。

とりわけ、この記事では、INJタイプとENPタイプのdominant functionの違いをより詳細に理解し、それがどうやって、なぜ他の一方になる可能性があるのかを明らかにすることを目的としています。

内向的機能として、INTJとINFJの直観(Ni)は集中的で、特異で深い形で動作します。

内向性と外向性がどのように作用するのかというユングの説明によると、私たちは内向的直観を、リビドー(エネルギー)を物体から主体(または自己)に向かって描くものとして理解することができます。

他方、Neは、外向的機能として、広範囲にわたる、複数の、散開的な方法で動作します。
Neはリビドーを物体に向かって推進させ、主体(または自己)から遠ざけます。

Niが単一の理論的な原因を見る傾向がある一方、Neは複数の理論的な可能性を見る傾向があります。

Niは収束し、Neは散開します。

NiとNeは、その逆説的反対のSeとSiがそれぞれ合わされ導入されると、よりよく理解されます。
“ENPタイプ-Ne vs. INJタイプ-Ni” の続きを読む

外向的直観 vs. 内向的直観

直観は時に「第六感」と呼ばれます。

論理的または演繹的な方法とは異なり、それは理解のポイントにどのように到達したかを正確に説明することができないけど、理解する手段です。

したがって、直観の「方法」は多くの点で理解する人(直観タイプ)から隠されています。
それはほとんど無意識の動作です。

したがって、感覚に類似した方法で、直観は意識的に開発されているのではなく、「与えられた」という性格を持っているという感じがあります。

Myers-Briggsの分類法の中で、直感はより具体的な意味を持ちます。

無意識的で非論理的な知覚方法に頼ることに加えて、dominant functionが直観機能であるタイプ(INFJ / INTJ&ENFP / ENTP)は、dominant functionに判断機能を持つタイプ(すなわち、IP&EJ) よりもオープンかつ受動的(すなわち、知覚)な存在形態であることを意味します。

彼女らが外部の義務によって制約されていないと仮定すると、直観タイプは容易にルールやアジェンダ(議題)を自分自身に課す傾向にはありません。

彼女らの本質的な傾向は、のんびりと、オープンで、受容性のある方法で一日を始めることです。(これはIJにも当てはまります)

この点で、彼女らはIPやEJとは異なります。

IPやEJは目標、意図、または少なくとも自身が何かを「すべき」という感覚(すなわち、合理的な判断プロセスに従事すること)で一日を始めることが多いでしょう。
“外向的直観 vs. 内向的直観” の続きを読む

内向的機能 vs. 外向的機能 

内向的機能(Ti、Ni、Si、Fi)は、個人の主観と関連付けることができます。

それらは自身の情報を集めるか、あるい外側ではなく内側を見ることによって決定を下します。

内向的機能は個人の内側に集中しているので、より内部集中的であると言えます。

外向的機能は、より広範かつ分散しています。

それらは何か1つのものや人に長い時間集中するのではなく、何か新しいものへ向かうことを好みます。

私たちは内向的機能を濃いインクの滴に、外向的機能をグラスの水に溶けた濃いインクの滴に例えることができます。

あるいは、私たちは内向的な機能を、ビッグバンの直前のような大きな重力効果を伴う物質の凝縮体に比喩するかもしれません。

外向的機能(Te、Ne、Se、Fe)は、実体間に大きなスペースがある拡張性と膨張性のある宇宙と比較されるかもしれません。

内向的機能が激しい収縮を伴うと考えられる場合、外向的機能は一定の拡大状態を伴います。

この記事では、内向的機能と外向的機能を比較して対比し、これらの内向きと外向きの特性がさまざまな機能にどのように適用されるかを調べます。
“内向的機能 vs. 外向的機能 ” の続きを読む

外向的思考 byPJ

外向的思考(Te)は、ESTJとENTJのdominant functionとして機能し、ISTJとINTJのauxiliary functionとして機能します。

TJは、合理的に外界の構造、秩序、および制御に努めています。

彼女らは体系的で、組織的で、意図的で、戦略的であり、彼女らのアプローチにおいては、 彼女らは慎重かつゆっくりと進み、潜在的な障害を避け、不測の事態に備えて準備をします。

外向的思考(Te)は、事実、データ、または他の客観的考察を組み込んだ思考に基づく判断を伴います。

Teの非人間的で客観的なレンズを通して、世界は巨大な機械となり、因果関係の法則にしたがって予測可能に機能する相互に関連する部分のシステムとなる。

客観的な情報を保存して呼び戻す能力に関して、内向的感覚(Si)に匹敵します。
データ、情報を元の形で保存し、INTJ、ENTJ、およびSTJが事実、日付、名前、番号、および手順を驚くほどの精度で呼び出すことを可能にします。

対照的に、INTPは、本質的により流動的であり、事実保持に関してはあまり適さない内向的思考(Ti)に頼っています。
“外向的思考 byPJ” の続きを読む