SJタイプ:心の病②

ISFJ:心の病気

ISFJはMBTI世界の「保護者」です。

彼女らは、あなたが今まで会った中で最も心のこもった思いやりのある人々の一人です。

彼女らは生活の中で伝統、安定、そして調和を求めています。

精神病のこととなると、ISFJはうつ病、依存性パーソナリティ障害(DPD)、心身症を発症しやすくなる可能性があります。

ISFJ:うつ病

ISFJは努力家です。

実際には、時にはあまりにも一生懸命働くこともあります。

彼女らは常に自分たちの生活の中で調和を求めており、周囲の人々からの多くの葛藤や不満があると非常に苦しめられることがあります。

人々は、寛大で勤勉な性質のためにISFJを利用する場合があり、ISFJは特に助けを求めることや自分の要求を気にすることはあまりありません。

このため、ISFJはうつ病や心身症に悩まされるように、過労や精神的に疲れ切る可能性があります。

葛藤の激しい環境にいるというストレスは、IBS、頭痛、弱体化した免疫系に現れます。

ISFJの強い内向的感覚は、体内感覚を過敏に感じさせる場合があり、一種の心気症に苦しむことがあります。

彼女らはすべての否定的な身体感覚を過度に認識し、自身が生命を脅かす病気を持っていると感じるかもしれません。

ISFJは、周囲の人々の怒りや不満を感じる傾向があり、これにより、彼女らは非常に息苦しく、閉じ込められたように感じる場合があります。

彼女らはみんなと幸せになりたい、他の人に奉仕したいと思っていますが、しばしば作業負荷が不均衡であり(よくあることですが)、多くの人が寛大な恩恵を返すことがないと感じています。

彼女らは争いを嫌うので、話を持ち出すことを望まず、自身が必要とするものを求めることは利己的だと考えているので、このような状況は拡大し、ISFJの感情は完全に衰え、栄養失調になってしまいます。

うつ病には、化学的不均衡から脳の異常まで、多くの原因がある可能性があります。

そのため、どのタイプもそれに苦しむ可能性があります。

ISFJは、あまりにも多くを贈り、自分の感情的な要求を気にしないことによって、自分自身が枯渇しないように特に注意する必要があります。

ISFJ:依存性パーソナリティ障害(DPD)

「Psychology Today」は、依存性パーソナリティ障害は「自分の感情的および身体的要求を満たすために、他の人に過度の依存を特徴とする精神状態」と言っています。

 
依存性人格障害の症状は下記のとおりです

他者の助言なしに意思決定をするのが難しい

人生の大部分の面で責任を引き受けるのに他者を必要とする

他者との意見の不一致を表現するのが難しい

緊急に関係を求める

他人からの配慮と支援を得るために過度に行動しすぎる

 
非常に不健全なISFJは、この種の症状を発症するリスクがより高い可能性があります。

ISFJはしばしば、関係やコミュニティの安定を優先し、そこにおける争いを避けるために懸命に働いています。

極端なレベルを考えると、なぜ不健全なISFJがこの障害に対してより脆弱かを知ることができます。

ISFJが助けを得る方法

ISFJは外向的感情を持っているので、カウンセラーやセラピストと話すことは特に効果的です。

ときには彼女らが自分の感情を声に出して表現することができれば、彼女らはそれをより良く処理することができます。

外向的感情タイプは、自分の感情を声に出して聴くことなく、あるいは書き留めてから再読することなく、自分の感情を理解するのに苦労します。

あなたが精神病やパーソナリティ障害のいずれかの種類に苦しむことがあるように感じる場合は、プロの助けを求めることは常に良いアイデアです。

あなたが精神病の症状に苦しんでいるように感じる場合、それはストレスに関連する可能性があり、認知機能がバランスを失っている可能性があります。
他の人が安心を提供していない1つの機能を使用することに多大な注意を払う必要があります)

あなた自身に内向的感覚、外向的感情、内向的思考、外向的直観を使うチャンスを与えてください。

ESFJ:心の病

ESFJはMBTI世界の「扶養者」です。

彼女らは自身の周りに調和の雰囲気を作ることを望む、非常に思いやりがあり、責任ある人です。

彼女らは社会的交流と家族の慣習からエネルギーを得ます。

ESFJは真の仲間であり、優れた友人です。

ESFJや精神疾患に関しては、自己敗北性パーソナリティ障害に苦しむ可能性があるとのケーススタディがあります。

ESFJとうつ病との間にも相関関係が存在する可能性があります。

ESFJ:うつ病

ESFJは、自分の環境、特に家庭環境で調和を生み出すことを念頭に置いています。

彼女らは争いに立ち向かうことはできませんし、それを「修正」したり、それを完全に避けるためにほとんど何でも行います。

彼らは長く必要とされ、愛され、感謝され、彼女らの友人や家族に徹底したエネルギーを捧げます。

長期間にわたり争いが続く場合、または努力が非常に長い間評価されない場合、彼女らは極端に落ち込み、無力感を感じ始めます。

痛みを伴う愛する人を見ることは、ESFJのための拷問であり、自分が他人から見えていないように感じ、当然のことですが、通常満足しているESFJを、ストレス状態、うつ病、さらには自殺思考の状態に追い込む場合があります。

ESFJが助けを得る方法

ESFJは外向的感情タイプです。

このため、彼女らはしばしば他の人の感情を理解するのに優れますが、自分自身の感情に対しては苦労します。

内面化された感情は、彼女らを混乱させます。

しかし、彼女らはそれらの物理的効果を感じます。

ESFJが自身の気持ちを「外へ」出すことが重要です。

そうすれば、彼女らは外向的感情を通してそれらを処理することができます。

彼女らが自分の気持ちを話すか、書き留めて、もう一度読むと、彼女らはそれをより良く処理することができます。

これは、ESFJが時に感じるかもしれないストレスの蓄積や感情的な緊張の一部を緩和させることができます。

あなたがESFJであり、精神病に苦しむような気がするなら、専門的な助けを求めることは非常に重要です。

これは、あなたに、本当の解決策と洞察力を与えることができる人に、あなたの気持ちと困難を表現するチャンスを与えます。

あなた自身に配慮してください。

あなた自身の個人的な必要性を認識し、物事が制御不能になり自分自身を疲弊させる前に自分自身を止めるようにしてください。

結論

私はこの記事が真に皆さまの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です