内向的感覚 vs. 内向的直観 byCJ

あなたは自身のパーソナリティタイプを理解しており、もっと知りたいと思っています!

しかし、突然あなたはSiやNi、FiやFeのような言葉を聞いています。

これはどういう意味ですか? あなたがもっと深く知るほど、それはより混乱するように見えます。

最初は、感覚や感情を選好する内向的な人物だと思っていたかもしれませんが、今はあなたは内向的感覚や外向的感覚、または内向的/外向的感情のような言葉を見ています。

自身のタイプが不明な場合もあります。

たぶんあなたは感覚と直感との間で引き裂かれ、どちらがあなたともっと共鳴するのか不明です。

知覚機能としての直観と感覚

各パーソナリティタイプは、選好する知覚機能と判断機能を備えています。

知覚機能は、どのように情報を吸収し、どのようなことを認識し、信頼するかを決定します。

判断機能は、私たちが意思決定を行う際に考慮する事項を決定します。

SJタイプは、内向的感覚を介して情報を吸収することを好む一方、NJタイプは内向的直観によって情報を吸収することを好みます。

内向的直観

・自身の周囲のすべての細部を鋭敏に認識してる

・現実的であり、外的に実際的

・彼らは実証された事実を吸収し、信頼し、迅速に想起する

・勤勉で責任感が強い傾向があります

・歴史と伝統を尊重する

・実証済みの技術を楽しむ

・すでに存在するものに焦点を当て、具体的な現実、事実、および事例を扱うことを好む

・個人的な経験を通して学んだことに基づいて将来の予測を形成する

・すべての内向的タイプの中で最もpractical(実際的、実践的、現実的、実務的、実用的)であると考えられている
(Isabel Briggs Myersの著書「Gifts Differing」の研究による)

・ルーチン(慣例)に繁栄し、予期すべきことを分かっていることを好む

・非常に詳細指向で注意深いが、「全体像」を認識しにくい場合がある

・飢えや病気のような内面の感覚を非常に認識している

・お金に注意する傾向がある

・しばしば「保守的」、「plactical」または「穏健/分別のある」と表現される。

内向的直観

・非常に決定的であり、一意専心

・非常に個人主義的で独立している

・将来的に物事がどのようなるのかという内面のビジョンによって駆り立てられます

・抽象的な概念、シンボル、原型、アイデアを扱い、潜在力に焦点を当てる

・新しい路を発見し、開拓し、新しい研究を発表することを決意している。実証された技術はそれらに負ける

・世俗的な生活の側面である日々を、決まったことの繰り返しで事務的と思う傾向がある

・常に全体像を見ており、すべての細部を認識していない

・永遠にインスピレーションを受け、科学、発明、文学、心理学、哲学、教育、政治の分野に引き付けられる傾向がある

・物事のより深い意味についての鋭い洞察力を持っている

・非常に戦略的であり、手がかりを簡単につなぎ合わせることができる

・将来の予測を決定するのに役立つ根本的なパターンと手がかりを見つける

・しばしば 「先見性のある」または 「壮大な」と呼ばれる

内向的感覚型の考え

彼女らには、揺るぎないアイデアや視点を与える印象、事実、および細部を記憶する膨大なメモリバンクがあります。

Si-dominantタイプは、過去の詳細や経験を簡単に思い出すことができ、その後、この情報を判断プロセス(思考や感情)と組み合わせて意思決定を行います。

Si-dominantは衝動的ではなく、すべての決定に注意を払います。

間違い、記憶、教育から学んだことを考慮し、蓄積されたすべての知識を取り出し、それを決定に適用します。

生活の中で人々の安定を作り出し、自分たちの生活の中で安定を渇望します。

日常を楽しみ、信頼できる慣習の中で快適さと喜びを見つけます。

Si-dominantは、現在のデータと過去のデータを直ちに比較します。

彼女らは新しいことを学ぶと、過去に蓄積した広大な情報の貯蔵庫に対して新しい情報をすぐに精査します。
違反、悲しみ、親切な行為、これらのことはめったに忘れられません。

このため、Siユーザーは、言葉を守り、一貫性があり、信頼できる人との関係を形成することを重視しています。

Siユーザーは、プロジェクトを徹底して完了することに責任を負うと信心しており、これらの状況を過去の収集データと比較することができないため、予測できない状況や不慣れな状況に悩まされがちです。

Siユーザーは、具体的な詳細や事実に注意を払います。

彼女らに作品の一部を見せて、気づいたことを尋ねると、彼女らは物理的な詳細をすべて指摘するでしょう。(「私は、3つの背の高い松の木、空は青紫色、山の端に立つ青いドレスを着た女性がいいるのを見ました」)

Niユーザーは、作品が象徴するものの全体的な印象を得る可能性が高くなります。(「この写真はエスケープについてです」、「この女性はその山の端から飛び降りを検討しています」、「松の木の暗い色と、女性が遠くを見ている様子については、不吉な印象があります」)、これらの状況を過去の収集データと比較していません。

あなたが何かを決定しようとしているにもかかわらず、関係する事実や詳細が不明な場合は、Si-dominantタイプに話したいと思うでしょう。

彼女らは自分の記憶から簡単に引っ張って、次に取るべきステップを決める前に知る必要があるすべての細部をあなたに伝えます。

意思決定を支援するために必要な実用的な事実すべてに非常に注意深く、責任があり、注意を払っているので、彼らは忘れやすい失敗をするタイプではありません。

Siユーザーの信じるもの

内向性センサーは、経験を通して知ることができ、触れ、味わえること、または知っていることを信頼します。

彼女らはまた権威を信頼し、証拠に価値を置きます。

彼女らは特に自身の過去の経験を信頼しています。

内向的直観型の考え

Ni-dominantタイプ(INTJとINFJ)は、パターンと根底にある意味の高度な洞察と意識を持っています。
彼女らは複雑な概念や抽象的な概念をすばやく理解することができますが、具体的・感覚的な詳細を(Si-dominantのように)覚えるのは困難です。

内向的感覚が「何であるか」に焦点を当てる一方、内向的直観は「カーテンの背後にある」ものに焦点を合わせます。

これは、Siユーザーが物事を額面で取る可能性が高いのに対し、Niユーザーは行間を読み取る可能性が高いためです。

この例外は、Siユーザーが、誰かが何か言ったことに対して不信に思う必要がある場合に、過去と関連する理由を持つときに発生します。
(例:「この人は以前私に嘘をついていたので、今この人が言っていることをより深く理解する必要がある。」)

内向的直観型は、内向的感覚型よりもはるかに未来に焦点を当てています。

Ni-dominantは常に先を見て、何になるかを決めることを試みます。

彼女らは過去の経験と比較し対比することがはるかに少なく、「実証済みの」技術をあまり好みません。

彼女らは権威、証拠、過去の経験にあまり関心がなく、これまでに行われたことのない新しい方法を見つけることにより興味があります。

これは過去から学んだり権威ある者を信頼しないと言っているわけではありませんが、Siユーザーのように容易に過去を信頼するものではありません。

彼女らは本質的に、権威、または標準として受け入れられているものに懐疑的です。

彼女らは知識と進歩のために自分の道を見つけるようにより駆り立てられています。

ある者ははSiユーザーの脳を、非常に正確で、詳細で、具体的な情報で満たされた、きれいにラベルされたファイリングキャビネットのコレクションと考えます。

これに対して、Niユーザーの脳をパズルピースの巨大なコレクションと考えます。

各ピースは一見無意味ですが、正しく接続されて将来の驚異的な洞察を形成します。

SiユーザとNiユーザの両方はそれぞれ、自分のファイリングキャビネットにアクセスしたりパズルをまとめたりするために少し時間をとる必要があります。

Siユーザの情報はより具体的かつ実用的ですが、Niユーザは 洞察力豊かで先見性のある方に向かうようになります。

内向的直観型は、パターン、傾向、省庁、隠された意味を鋭く認識しています。

彼女らは、他の人々が無視するかもしれない多くの手掛かりを拾うことができ、頻繁に未来についての 「aha(あぁ、なるほど!)」の啓示で人々を驚かせます。

Ni-dominantは信じられないほど戦略的な人々であり、彼らの 「マスタープラン(基本計画)」を達成するために取ることができるすべての小さなステップを計画するのが大好きです。

彼女らは、事象がどのように展開されるのかを容易に見ることができ、しばしば将来起こることを知ることになると他の人よりも一歩秀でます。

現在の選択肢がいつかどのようになるか知りたい場合は、INTJまたはINFJに相談してください。

彼女らにはすべての詳細、あなたが取ってきた行動を伝えることができ、将来の意味合いを教えてくれるでしょう。
これは彼女らにとって簡単です、それは彼女らの 「マスタースキル(得意な技能)」です。

内向的直観型は、究極の真実とすべての背後にある意味を探し求めている、究極の「全体像」の思想家です。

Siユーザは、木の森を見逃す可能性が高く、Niユーザは、森林の個々の木を見逃す可能性が高くなります。

内向的な感覚は記憶と詳細についてのものであり、内向的直感は印象と意味に関するものです。

Niユーザーが信じるもの

Siユーザーが経験を通して知っているもの、具体的なものを信頼し、Niユーザーはパターン、題目の背後にあるもの、印象、象徴を信頼します。

彼女らは直感的に物事を「理解する」だけであり、揺るぎない決意でこれらの洞察を保持しています。

これは彼女らが非論理的であると言うわけではなく、INTJとINFJの両方が強い論理を持っています。

彼女らは、洞察を持った後、論理に対して自らの洞察をテストするでしょう。
しかし、彼女らは、Siユーザーよりも、「不可能」または実在性を強く信じています。

一方のタイプは他方よりも優れている?

そうではありません。

現実のもの、最も実用的なものを思い出させる感覚型、直感型に欠けている可能性が高い詳細を把握するのに役立つ感覚型が必要です。

私たちは歴史からの情報を保持し、肯定的な慣習を維持することが必要です。

私たちは、将来のために何が意味されているのかを把握し、戦略を立て、宇宙の意味と「全体像」についての新しい発見を解明する直感が必要です。

どちらのタイプも人類にとっても同様に重要であり、それぞれ独自のユニークな能力があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です