SPタイプ:心の病①

特定のMBTIタイプと心の病との間には関連性がありますか?

この質問の多くの問い合わせが寄せられました。

私はいくつかの回答を探していました。

経験的な証拠を何とか見つけるのは難しいですが、私はいくつかの可能なつながりを与えるかもしれない多くの情報を見つけました。

私たちは、Rationals(NT)のタイプと精神病、Idealists(NF)のタイプと精神病について話しました。今日、Artisans(SPタイプ)についてお話します。

免責事項

さまざまなタイプの精神的な病気やその傾向の科学的根拠を見つけることはかなり困難でした。

私はいくつかの経験的データを示すかもしれないこの記事の最後のケーススタディに関連していますが、この時点では多くの臨床研究は行われていません。

私は心理学者ではなく、この投稿はすべて理論と意見です。

この投稿は誰かの苦闘を侮蔑したり、それを軽視することを意味するものではありません。

あなたが特定のMBTIタイプであるという理由だけで、あなたはこれらの精神的な闘いの1つを持つつもりはありません。

私が何らかの形で完全に間違っているように感じたら、私に教えてください。

ISTP:心の病

ISTPはMBTI世界の技能創造者です。

これらの戦術的天才は冒険的で、トラブルシューティングに優れており、高い独立性を持ちます。

生き方となると、SPタイプは通常、他の多くのタイプよりも優れています。

彼女らは最も楽観的で適応性のあるタイプのもので、通常は最高の状況を作ろうとします。

つまり、特定の精神的な困難さに関しては、ITタイプはより不利になるようです。

In An Empirical Investigation of Jung’s Psychological Types and Personality Disorder Featuresは、158人の退役軍人を対象にケーススタディを実施しました。

それらは、ITタイプが反社会性および回避性パーソナリティ障害の診断を有する可能性が高いことを発見しました。

それらはまた、ITタイプが心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ可能性が高いことも発見しました。

別の調査によると、PTSDの退役軍人の64%がISTP、ISTJ、またはINTPプロファイルのいずれかを持っていました。

前述の同じケーススタディは、SJタイプがOCD診断のより有望な候補と考えられていましたが、感覚タイプが強迫性パーソナリティ障害に苦しむ可能性が高いという証拠を指摘しています。

このケーススタディでは、被害妄想、受動的攻撃行動およびうつ病のパーソナリティ障害がすべてITプロファイルを持つとも述べています。

学校において

学校では、ISTPはしばしば落ち着きがなく、誤解されます。

教育システムは、主にSJ(Guardian)学習スタイルに対応しています。

SPタイプは、ADD/ADHDと誤って診断されることがよくあります。

なぜなら、そのような長い時間の間は静かに座っていることを好まないからです。

ISTPは、単なる本での学習や暗記ではなく、実践的活動や業務遂行を通じて最高の成績を収めます。

「Oddly Developed Types」では、ISTPSについてこう言っています。


ISTPは、心理学者によって、学校で最も問題になる可能性の高い3つのタイプの1つとして評価されました。

ある研究によると、落ちこぼれの恐れがある生徒ためのの高校のプログラムで大きな比率を占めていました。

さらに、彼女らは最も低い大学の留年率のいくつかを持っています。

ISTPは、大学での多くの課外活動に関与しないようにするのに役立つことがわかります。(そして実際にはそれが好きです)

彼女らは適性検査では平均的な傾向がありますが、その成績は通常平均よりも低くなります。

学校の競争力のある面が彼女らを引き付けるかもしれません。

例えば、全国大会の競技大会に参加している学生の研究では、STとSPのタイプが大きな比率を占めていることが判明しました。(ただしそれでも少数派ではありますが)

テストに合格するのではなく、テストに勝つことができれば、ISTPはもっと良い成績を収めるでしょう」

ISTP:反社会性/回避性パーソナリティ障害

まず、反社会性パーソナリティ障害(ASPD)とは何ですか?

「Psychology Today」によれば、ASPDは「他の人の権利を無視したり侵害したりするという特徴があります」

「Web MD」は、ASPDを持つ人々は次の特徴があると述べています。

うそ、詐欺、他人を悪用する

無分別に行動する

怒っている、うぬぼれ、攻撃的

他の人と争う、暴力を振るう

他人を傷つけた後の反省の兆しを見せない

お金、仕事、または社会的義務に失敗する

薬物やアルコールの乱用

回避性パーソナリティ障害(AvPD)

「WebMD」によると、回避性パーソナリティ障害は、「極度の社会的抑制、不適当さ、否定的批判と拒絶への敏感さの感情によって特徴づけらます。

しかし、症状には単に羞恥心や社交を苦手とする、以上のものがあります。

回避性パーソナリティ障害は、他者と交流し、日々の生活の中で人間関係を維持する能力に影響する重大な問題を引き起こします。

人口の約1%は、回避性パーソナリティ障害です。」

多くのことがAvPDに寄与するでしょう。

私は、ISTPが他の内向的タイプよりもこの障害になるリスクがはるかに高いとは確信していません。

An Empirical Investigation of Jung’s Psychological Types and Personality Disorder Featuresの実証的調査では、ITタイプが他のタイプよりもAvPDを持つ可能性が高いと言われていますが、調査のためにいくつのタイプに対して面談が行われたかの包括的なリストはありません。

私は、内向型がAvPDを持つ可能性が高い場所を知ることができます。

そして、inferior functionにFeやFiを持つ内向型は、それにより苦しむかもしれません。

この時点で、なぜISTPがAvPDに対して特に脆弱であるのかを特定する証拠は不十分です。

ISTP:心的外傷ストレス(PTSD)

ISTPがPTSDの発症率が高い理由は、軍隊の職業に非常に惹きつけられていることです。

彼らはしばしば軍隊の構造と厳密性を嫌っていますが、戦術的な技量と武器技術は、しばしば彼らに軍事生活への欲求を与えることがでます。

Career Report Manualを書いたA.L. Hammerによると、軍に推奨される唯一のタイプはISTPSでした。

ISTPのその他の職業的傾向としては、「技術者」、「法執行機関」、「技術分野」、「農業」があります。

軍隊は主にESTJ、ISTJ、ISTPで構成されています。

ITタイプがPTSDになりやすい理由は、内向型が、外向的が障害に対処するであろう個人的なサポートを得ることに失敗する可能性があるためです。

PTSDからの回復の最善の方法の1つは、誰かと話をして自分の頭の中から自分の気持ちを取り除くことです。

ITタイプは自分の気持ちを話したくないということで有名です。

事実、ストレスのタイプと領域についての研究では、ISTPが対処方法「最も身近な人と話す」または「専門家と話す」を使用する可能性が最も低いタイプであることが判明しました。

それに対してどうするべきなの?

それがあなたの性質ではないかもしれませんが、精神病に対処するための最善の第一歩は、あなたを助けることができる専門家を見つけることです。

精神病は対処するのが難しいことであり、助けを借りずに道を進むことは非常に困難になるでしょう。

あなたは非常に独立していて、完全な見知らぬ人と座って話すという考えを嫌うかもしれませんが、あなたが苦労していることに対して何らかの答えを得るのが最も効果的な方法でしょう。

あなたがストレス関連の症状に苦しんでいるかもしれないと思うなら、いくつかのストレス軽減技術に従うことができます。

ISTPは一般に、テレビを見たり、一人の時間や空間を得たり、運動をたくさんしたり、ミステリー小説を読んだり、数独やクロスワードパズルをしたりといった軽い問題解決に従事してストレスを和らげているようです。

ESTP:心の病

ESTPはMBTI世界の「行動者」と呼ばれ、独立性が高く、意欲的で、行動指向的です。

彼女らは情熱と活力に満ちており、しばしば偉大な指導者となります。

彼女らの精神的な困難さに関しては、私はESTPと精神病またはパーソナリティ障害との間に多くの関連を見つけることができませんでした。

彼女らが最も苦労しているように見える主な問題は、ADDまたはADHDを有すると(正確にまたは不正確に)分類されていることです。

ESTP:ADD/ADHD

ESTPはdominant functionがSe(外向的感覚)であるため、SiまたはNiユーザーよりも学校でADDまたはADHDに誤診される可能性が高くなります。

Se(外向的感覚)は、今ここで起こっていることをすべて認識する能力です。

光景、音、味、匂い、Seは感覚刺激を常に探しています。

Se-dominantは、手で作業し、物を操作したり、直接の環境で行動したりしたいと考えています。

ESTPは厳格に構造化された環境にあることを嫌い、学校の単調な日常生活はしばしば軽蔑するものです。

「16 Personalities」がESTPの見通しをよく説明しています。


ESTPは、危険な行動のライフスタイルを過ごす、最も可能性のあるパーソナリティタイプです。
彼女らは瞬時に生きて行動に飛び込みます、彼女らは嵐の目です。

ESTPのパーソナリティタイプは、ドラマ、情熱、喜びを楽しんでいます。
感情的なスリルではなく、論理的な心を刺激しているからです。

彼女らは、合理的な刺激反応の急速な過程において、事実で即時の現実に基づいて重要な決定を下すことを余儀なくされています。

これにより、学校やその他の高度に組織化された環境がESTPの課題になります。

彼女らはスマートではないし、彼女らはうまくいくかもしれないからではありませんが、公式教育の指導的な講義アプローチは、ESTPが楽しむ実践的学習とはまったく異なります。

Personality Junkie のDr. A.J. DrenthはESTPやADD / ADHD診断についてこう語っていました。


実践的な活動が好まれるため、ESTPは学問的な環境では成果をあげることができない場合があります。

これは彼女らが能力そのものを欠いているわけではなく、Seへの刺激がないためです。
すべてのSPに当てはまるように、すべてのパーソナリティタイプの中で最も具体的なもタイプであり、あまりの長時間で抽象的事項に対処することを余儀なくされると、ESTPのエネルギーを流出させる可能性があります。

彼らの抽象的事項に対する彼女らのじれったさは、他のパーソナリティタイプのいくつかよりも、彼女らがADD/ADHDと診断されやすい理由を説明するかもしれません。

「Please Understand Me」という著者のDavid Kierseyは、学校の子供のADD/ADHDの過剰診断と、注意が不足しているとされる子供にとっての覚醒剤の麻薬の広範な使用について、熱心に語りました。

KierseyはいくつかのESTPの行動が問題であり、ESTPを不幸することさえ否定しませんでしたが、彼はそれを叱るかRitalin を使用することが解決策であるとは信じませんでした。

彼は、心理学と整備された学習環境は、ESTPの子供たちの中で最高のものを引き出すための鍵であると信じていました。

彼はエッセイ「The Great A.D.D. Hoax.」でこれについて広く書いています。

他の精神疾患に関しては、私はESTPの性質と精神病との間に何らかの相関関係を見つけることができませんでした。

実際、ストレス(ストレスはしばしば精神病への経路である)になると、ESTPにはすべてのタイプの中で最もストレスがあります。

「Oddly Developed Types」では、ESTPSは、「肯定的な感情をもっている」と評価されたタイプであると言います。
これは、彼女らが幸せで、心配がなく、魅力的で、インスパイア(鼓舞)され、熱意があるという技術的な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です