INFJ:LBP理論

未分類

INFJは現実の複雑で普遍的な原則に従って生きようとします。

そうすることで人生ははるかにうまくいくことを理解しています。

INFJの認知ステップ

1 2 3 4
判断 知覚
原則(○) 行動(●) 詳細(●) 観察(○)
Ni Fe Ti Se

 
INFJは自惚れていて、過度に理想主義的で、弱々しくて、人と関わらず、空想的な隠者として描かれることが多いですが、これらはステレオタイプです。

 
INFJは普遍的な「原則」にフォーカスするIJの性質と、可能な限り物事の意味を追求するNFの性質を組み合わせます。

この組み合わせは全ての思考・行動を促し、全ての判断を補助し、全ての世界観を刺激します。

それは人が追求する最終目標・最もプライベートな心の中で最も重要なことを要約しています。

 
決断、思考、感情、経験、人などに直面するたびに、心は自然に4つの認知ステップを駆け巡ります。

 
認知ステップの順序は各タイプの独自の範囲と目的に依存します。

人は自身の好む順序で考えることに慣れているので、それが唯一の自然な考え方に思えるかもしれません。

実際は、人々は世界に対して異なったアプローチをし、それぞれが世界で共有されるためのユニークで強力な何かを提供します。

 
INFJの最初の認知ステップは、自身が論証していることが普遍的な原則の新たな側面をどのように示すかを考えることです。

内向きになり、「原則」が目前の状況にどのように適用されるかを示す概念的な繋がりについて内省します(Ni)。

 
次に、意見を形成して「行動」を決定する際のガイドとして、これらの「原則」を使用します。

外部を見て、どの意見や「行動」がすべての人とすべての物事の尊厳、価値、意味を最もよく引き出すかを決定します(Fe)。

 
第三に、再び内向きになり、自身の「行動」の結果が有益で有用であるかどうかを検討します(Ti)。

「行動」を評価するために、状況の「詳細」を振り返ります。

 
第4に、自身を含む人々の動機と性質を理解するために、外部で「観察」したものを収集した有用な「データと詳細」と比較します(Se)。

 
そして、サイクルが最初から始まります。

人々の性質の「観察」は、「原則」に対する理解の高まりを反映しており、4番目のステップが最初のステップにフィードバックするときに、「原則」が日常生活にどのように適用されるかについて、Niを介して新しい繋がりを形成します。

「原則」を理解することで新しい「詳細」が明らかになります。

気づかないうちに、この認知のサイクルを1秒間に何度も経験するかもしれません。

 
「観察」はINFJの4番目のステップであり、INFJにとっても最も弱いものです

INFJは普遍的な「原則」に対する自身の鋭い認識に基づいて生き、考え、決定を下します。

そして原則は非常に単純である傾向がありますが、原則の人生に対する適用は非常に複雑です。

おそらく人生の中で、動機、夢、秘密の複雑な混合物である人々ほど複雑なものはないので、人々に原則を適用するのは驚くほど難しいかもしれません!

 
そして、原則への理解に基づいて誰かを正しく判断することができた場合、それは予期しない新しい側面を提供してINFJを再び驚かせるでしょう。

これは、自身を判断するときに特に当てはまります。

自身の性格について単純な判断や否定的な判断をしないように注意してください。

 
全てのタイプには弱点があります。

健全なIPは他タイプが決して尋ねようとは思わない詳細な質問を自然に深く掘り下げることができます。反対に健全なIJは、これらの質問の中で最も複雑な問題に対しても、複雑で包括的な回答を提供できます。

EPは他タイプには無謀に見えるスピードと確実性を持って人々の核心を正しく認識し、EJはタスクの長いリストを正確に実行しますが、それは他タイプは開始するのにさえ苦労するものです。

 
すべての認知ステップにおいて信頼性が高く、強くなるための最良の方法は、最初のステップに集中することです。

最初のステップに注意を向けると、他のすべての認知ステップが自動的に、より鋭く、より強くなります。

 
普遍的な「原則」を巧みに理解する自身の強みに焦点を当てましょう。

そうすると人々の「観察」の理解という弱点は、徐々に良くなるでしょう。

そして、人々を単純に判断してしまったとき、INFJはいつでも過ちから学び、「原則」がどのように適用されるかについての新しくて複雑なデモンストレーションを見つけることができることを覚えておいてください!

 
「原則」が日常生活にどのように適用されるかを楽しみましょう。

今ここにいるすべての人の人生の中で、無限の普遍的な「原則」のすべての意味と原型をよりよく引き出す方法を学ぶことができます。

INFJの専門性

INFJにとって、人生がどのように機能するかという普遍的な「原則」を理解することほど重要なことはありません。

自身の日常生活の中に「原則」を適用するために、果てしない範囲を密かに見上げます。

 
認知的に、INFJは人生が世界規模(IJ)で持つことができる潜在的な意味(NF)に焦点を合わせます。

これにより、全てを理論上の人々・人類全体の人生にどのように適用されるかという観点から考えるようになります。

INFJにとって最も重要なことは深く、複雑で永遠の現実のルールに従って学び生きること、そして人生が自身と同じようにはるかにうまく機能することを世界に示すことです。

 
これにより、INFJは強力にズームアウトされた視点を得ることができ、すべてのタイプの中で最もズームアウトの性質を有します。

IJの普遍的な原則の範囲と、NFの時代を超えた概念的意味へのフォーカスを組み合わせることで、INFJはすべての宇宙の展望を何気なく取り入れます。

 
誰もが自身のように考えているわけではないことに気付くのに苦慮するかもしれません。

不可解な古代の過去、最も謎めいた未来、そして現在の世界のすべての複雑さ、全てがINFJの心の中にあります。

INFJは、それらすべてを同じ永遠の「原則」の単なる繰り返しの反映と見なしています。

探索することで罪悪感を感じる目が眩むような無限は、自身の慣れ親しんだ手で強力なエクスカリバーになり、人生の最も厄介な困難を長期的な視点で切り抜けます。

 
これは、日常生活に「原則」を適用することがINFJにとって容易であることを意味するものではありません。

他タイプと同じように、INFJもそれに取り組む必要があります。

INFJと他タイプの違いは、INFJが何よりもこれを気にかけているということです。

INFJは普遍的な「原則」に従って日常生活を送る方法を学ぶことに十分気を配っているので、それに懸命になることを厭わないのです。

パラドキシタイプ

それぞれのタイプは、お互いに特別な関係を享受します。

反対の文字を持つタイプ同士は特別でエキサイティングな関係を形成でき、最初と最後の文字が反対のタイプ同士は、独特の友情と親密さを持ちます。

ただし、タイプ間の関係の中で最も重要なのはパラドキシタイプです。

 
パラドキシタイプは人が深く関わっている秘密の人物です。 それはその人の「本当の自分」ではなく、他者がめったに見ることのない、隠されたプライベートな側面です。

親しい友人との関りの中で特に熱狂的または快適に感じているとき、パラドキシカルタイプは輝きを放ちます。

親しい友人は他者が決して知らない隠されているものを見ることができます。

反対に大きな苦痛の時には、パラドキシカルタイプを維持することができず、無秩序にその人から飛び出してしまうかもしれません。

それでも、パラドキシタイプに触れて育成すればするほど、自分のタイプの弱点を避けながら、自分のタイプの長所をより容易かに習得することができます。

 
パラドキシタイプはN/Sを除くすべての文字が異なります。

INFJの内に秘められたパラドキシタイプはENTPです!

ENTPは、INFJの態度とは逆に思えるかもしれませんが、それがパラドキシタイプを特別とする理由です。

 
自身の内側のENTPを解き放つことを学びましょう!

凛とした自身ある態度を持ち、自身が望む反応を得るために他者と関わりましょう。

ときには愚かで、自発的で、皮肉的になり、型破りな方法を試し、すべてとすべての人の刺激的な新しい側面を発見してください。

 
INFJとしての意味のある原則へのフォーカスによって、良識的な人とは何を意味するかについての信頼できるアンカーが得られます。

内面のINTPをすべての行動で発揮させるほど、前例のない強さ、複雑さ、思いやり、真の幸福によりINFJとして成長できます。

Posted by melancoly