INFJ型とINFP型の違い byID

INFJ, INFP

表面上、INFPとINFJは非常に似ています。

彼女らは、理想主義、道徳主義、誤解を受けやすく、そして共感的なタイプとして描かれています。

これらの共有された記述のために、INFJがINFPと間違われるのは珍しいことではなく、その逆もあります。

かつて自分がINFJだと思ってた人が、実際にはINFPだった場合などがあります。

INFJやINFPについてもっと学ぶほど、本当のタイプを特定することに自信を持てるようになります。

そこで、INFJとINFPの違いのいくつかを詳しく見てみましょう

1.INFFとINFPの違いはただ一文字の違いを超えている

Myers-Briggsのパーソナリティモデルは、各タイプを8つの認知プロセスの順序で表すことができる、ユングの認知機能に基づいています。

これらの機能はSe、Si、Ne、Ni、Te、Ti、Fe、Fiであり、小文字のeまたはiは機能が外向き(extroverted)か内向き(introverted)かを表します。

例えば、Neは外的データからの意味と関係性を取り上げて状況を解釈する認知機能であるExtroverted Intuition(外向的直観)を表します。

対照的に、NiはIntroverted Intuition(内向的直観)を意味します。

これは、外部データとは別の意味合いと「どうであるか」を予測する機能です。

Heidi Priebeが説明しているように、自分や他の人のタイプを判別する最も正確な方法は、使用する機能をどの順序で特定するかです。

よって、INFPとINFJの機能を見てみましょう。

INFP

Introverted Feeling (Fi)

Extroverted Intuition (Ne)

Introverted Sensing (Si)

Extroverted Thinking (Te)

INFJ

Introverted Intuition (Ni)

Extroverted Feeling (Fe)

Introverted Thinking (Ti)

Extroverted Sensing (Se)

驚くべきことにことに、INFPとINFJは1つの文字が「異なる」だけですが、実際には主な機能を1つも共有していません。

2.主要機能

INFJのdominant(主機能)はperceiver(知覚機能)であるが、INFPのdominant(主機能)はjudgers(判断機能)です。

INFPの最後の「P」は知覚型を表し、INFJの最後の「J」は判断型を表します。

しかし2つのタイプは、これらの逆を行うdominant function(主機能)を持っています!

Fi(内向的感情)は判断機能であり、環境を制御する目的のために構造化された方法で人生に取り組むことを意味します。

Niは知覚機能であり、世界に適応して理解することを目指しています。

ですから、時には、INFJは、悟りのように行動し、世界をゆっくりと観察し、唯一の目的はそれを理解することです。

同様に、INFPは、特に意欲的で鼓舞されているとき、非常に決定的で野心的です。

この理由から、INFJはINFPに対して混乱することが多く、その逆もあります。

3.社交的と個人主義的

INFJは社交的であるが、INFPは非常に個人主義的です

Fe(外向的感情)とNi(内向的直観)を組み合わせることで、INFJはその関係性を調和させます。

彼女らは社会的な状況で肯定的な感情を作り、紛争を避けたいと思っており、このため、INFJは社交的になります。

彼女らは他人の人格に適応し、時には他の人の身体言語、声調などを反映して、より快適に感じられるようにして、かなり外向的に見えます。

同様に、INFJは人間の本質を深く理解しており、他の人々が容易に把握できるようにこれらのビジョンを伝えようとしています。

INFJは、人間の状態をより深く理解するため、指導と助言を人々に提供しています。

INFJは社交的ですが、INFPは非常に個人主義的です。

INFPは、Fi(内向的感情)を使用して、内部的な価値観や感情に基づいて誠実に生きています。

INFPは関係の調和を重視していますが、INFJと異なりINFPは単に調和や大きな利益のために個性を犠牲にするという概念に反対しています。

INFPの場合、自タイプの同質性を失うという考えは恐ろしいものです。

彼女らは誰もが自分自身に誠実さを保つことを好みます。

INFPはまた共感的であり、しばしば他者の人生に費やし、人々の潜在能力を手助けし、最も誠実で理想的な自己になるようにします。

4.ストレス下

INFJとINFPはストレスの下で異なった行動をします

すべてのパーソナリティタイプについて、inferior function(第4機能)は、ストレス下で制御不能に現れることがあります。

INFJのinferior functionは外向的感覚(Se)です。

Seは衝動的に行動し、現実の環境で起こる現在の瞬間に焦点を当てます。

したがって、ストレスを受けたINFJは、通常は慎重な意思決定者であり、彼女らの行動の結果を徹底的に検討するINFJにとっては珍しく、長期的な影響を考えることなく意思決定を行う可能性があります。

INFJは食べたり、アルコールを飲んだり、買い物したりするように、身体的快楽を過度に刺激するかもしれません。

一方、INFPは、ストレス下では無慈悲な外向的思考(Te)を呈します。

Teは、組織化、体系化、論理の適用、順序と構造の作成に関係しています。

ストレス下では、INFPはもはや彼女らの通常の思いやりのあるオープンな自己ではないようです。

代わりに、彼女らは自分自身や他の人々に対して冷たく、批判的で、一方的な判断をするようになるかもしれません。

たとえば、ある人が特定のやり方で何かをしていないこと、彼女らの誤りや瑕疵を拾ったことを批判するかもしれません。

5.内向的直観と外向的直観

INFJは一つの大きな洞察に焦点を当てるが、INFPはアイデアからアイデアへと跳躍します。

Ni(内向的直観)の目標は、バイアスを排除し、知覚を洗練して「1つの真実」に到達させることです。

これは、単一のアイデアを検討し、それが統一された思考のシステムにどのように適合するのかを見るのにかなりの時間とエネルギーを費やすことを意味します。

これはプラトンが共和国で述べた彼の理想的な状態に到達するために、社会における個人のさまざまな機能を精査し、破壊したのと同様です。

対照的に、INFPは異なる考え方や可能性を楽しむためにNe(外向的直観)を使います。

これは、世界の情報を吸収するための手段であるため、不確実性や自発性もより快く思います。

その結果、INFPには新しいものを探索する必要がある多くの趣味や興味を持つかもしれません。

彼女らは特定の目標を達成するのに苦労するかもしれませんが、この特性はまた、彼女らを世界に柔軟に適応させます。

6.感情の同化と感情の反映

INFJは感情を同化するが、INFPはそれを反映します。

INFJはFe(外向的感情)を使って他の人の気持ちを調整します。

彼女らは他の人々の感情状態を同化し、彼女ら自身のように自分の感情を経験します。

INFJは多くの場合、他の人々の感情に集中しているため、感情が強くなりすぎて無視できなくなるまで、自分の気持ちを気にすることはできません。

一方、INFPはFi(内向的感情)を使用するため、自分の気持ちを非常によく調整しています。

彼女らはINFJのように他の人の感情に共感することができますが、彼女らは違う形でそれを行います。

彼女らは他の人と同じ立場に身を置いて、自分自身の中に他の人の感情を「反映」します。

例えば、INFPは、自分自身が似たような感情を経験したときに、人の苦しみに強く関係することができます。

7.望むこと

INFJは理解されたいと思っているが、INFPは認められることを望んでいます。

両方のタイプが誤解を感じる可能性があります。

INFJは他の人をよく理解するために疎外感を感じる傾向がありますが、他の人はそれを完全に理解することはほとんどありません。

一方、INFPは、おそらく誰も自分自身を知ることができないのと同じように、彼女らを知ることができない可能性があるため、誤解を感じています。

しかし、興味深いことに、INFPは、実際には完全に理解されたくないのかもしれません。

なぜなら、それは個性を失い、他の人に似てしまうことになるからです。

彼女らは誰かが最終的に完全にそれらを理解する場合、彼女らは個性の一部を失うだろうと心配するかもしれません。

INFPは、完全に理解されるのではなく、自分の行動やアイデアに関して、彼女らが良い意思を持っていることを他人に認められたいと思っています。

あなたがINFPかINFJのどちらであっても、両方のタイプが自分たちのそれぞれの方法で美しく、知的であることを忘れないでください。

それぞれのタイプは世界を提供するほどのものがあります。

この2つの複雑で珍しいパーソナリティタイプの違いを理解することで、あなたの本当のタイプを判断して、あなたの自然な能力を最大限に生かす方法を学ぶことができます。

Posted by melancoly