INFP vs. ISFP byID

INFP, ISFP

INFPとISFPは、個人主義的で、敏感で、思いやりがあり、そして非常に創造的なタイプです。

彼女らはどちらも内向的感情タイプ(Fi)ですが、彼女らの主な違いは、auxiliary(補助機能)です。

INFPは外向的直観(Ne)を補助として使用するため、外部情報の背後にある考えられる意味を理解して解釈することができます。

一方、ISFPは外向的感覚(Se)を使用しているため、直接的な物理環境に非常に注意を払います。

INFPとISFPはどちらも芸術性を好み、強い価値観をもっており、かなり類似しているように見えますが、全く違う方法で世界を見ています。

INFPとISFPの7つの違い

1.内的世界・現実世界

INFPは自身の内なる世界に住んでおり、ISFPがより現実世界に住んでいます。

 
INFPは頭の中で多くの時間を費やします。

彼女らは大きなアイデア、空想、そして自身の経験を思い浮かべます。

彼女らは思考と感情の内面の世界と非常に触れ合う傾向があり、周囲で起こっていることに気付かないほどです。

 
対照的に、ISFPは「今その瞬間」を生きることを好みます。

彼女らは周囲を非常に意識しており、常に自身の身体環境で自身を直接表現する方法を見つけています。

例えば、ISFPは、芸術の創作、工芸品の製作、またはガーデニングを楽しむことがでます。

 
INFPは実践的ではなく、有名な芸術家や哲学者の生き方を勉強し、その影響を受けたことを学ぶのを楽しむことができます。

2.自己表現方法

INFPは、言葉、推論、物語を通じてその価値観を表現します。

ISFPは、自身の身体的行為、芸術、外観を通して自身を表現します。

 
INFPは自身の内なる世界と直接の関係を持っています。

彼女らはauxiliary(補助機能)である外向的直観(Ne)を介して、最も深い部分の情熱と価値観(内向的感情)(Fi)を探索します。

彼女らの第三の機能、内向的感覚(Si)は、自身の印象の記憶を記録します。

彼女らは、自分たちの夢の世界のような鮮やかで詳細な記憶を持っているので、言語を通して価値感と感情を明確に伝えることができます。

この理由から、トールキンを含む多くの作監はINFPです。

INFPには、A・A・ミルン、ヴァージニア・ウルフ、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが含まれます。

 
一方、ISFPは内面と間接的に関係しています。

代わりに、彼女らは自身の外向的感覚(Se)によって外の世界と直接の関係を持っています。

彼女らの内在世界を見ている第三機能、内向的直観(Ni)は、auxiliary(補助機能)によって幾分か抑圧されています。

したがって、ISFPは、言葉が深い価値観や感情を表現するには不十分であると感じるかもしれません。

代わりに、彼女らはファッション、音楽、芸術を通じて直接表現することができます。

彼女らはINFPより芸術的価値観が高く、しばしば独特な外観を装います。

驚くべきことではありませんが、多くのアーティストエンヤ、ファレル・ウィリアムス、デヴィッド・ボウイなどはISFPです。

3.芸術に対する態度

INFPは、芸術の背後にある意味に魅了されます。

ISFPにはより実践的な態度を取ります。

 
前述の点を踏まえて、INFPは芸術の背後にある意味、シンボル(象徴)、全体像により関心を持っています。

 
ISFPの場合、芸術そのものは、自分の感情を伝える最も直接的かつ最良の形態です。

彼女らはテーマや隠れたパターンにはあまり関心がありません。

4.社会的相互作用

社会的相互作用については、INFPは一般にISFPよりも自覚的です。

INFPは物事を考えすぎて、どこにでも隠された意味やパターンを見出す傾向があります。

彼女らは人々が誤解して、本当に静かな表面の下にいる人たちを評価しないことを心配するかもしれません。

 
対照的に、ISFPは、額面通りに社会的相互作用を起こしがちであり、自己意識が少なく、アプローチにおいて進んでいます。

5.適応性

INFPは、自身や他の人々に対して高い基準を持っています。

ISFPはより寛大で適応性があります。

 
相対的に言えば、INFPは外向的直観(Ne)が自発的かつ遊び心を持たせることができるため、容易に適応可能です。

しかし、彼女らは理想主義的であり、高い道徳的基準を持っている傾向があるので、自身やそれに近い人たちに対しては非常に厳しいこともあります。

 
一方、ISFPは、自身にはあまり難しくなく、自身の不正を反省する可能性は低くなります。

ただし彼女らが本当に容赦しないと考えているものを除きます。

 
INFPはかなり反発する傾向があり、間違った決定を下したと思うと後悔してしまうかもしれません。

6.関心事項

INFPは将来についてのアイデアを楽しみます。

ISFPは主に現在の瞬間に関心があります。

 
INFPは、休暇のための旅程を作成したり、ある日に何をするかを事前に決定するなど、近い将来の詳細な計画を立てることを嫌います。

しかし、彼女らは未来に理想的であるという意味で未来志向です。

彼女らは、自分の人生が何であるか想像して、将来のキャリアや関係について空想を浮かべているかもしれません。

 
ISFPは、彼女らが直面する環境に集中しているので通常はこれらを行いません。

7.意思決定基準

INFPは、その価値感の基準に基づいて意思決定を行います。

ISFPは、現時点で収集した感覚情報に基づいて意思決定を行います。

 
INFPは将来のさまざまな可能性を見て、その結果を慎重に検討します。

彼女らは道徳的価値の一貫した内部枠組みに基づいて決定を下します。

 
ISFPは、あらかじめ確立された価値の厳密な基準を保持する可能性は低いです。

むしろ、彼女らはそれぞれの瞬間に彼らの思考や感情に基づいて意思決定を行います。

 
INFPとISFPは、それぞれ独自の方法で世界にインスピレーションと愛をもたらします。 これらの創造的で誠実な人格のおかげで、世界は少し暖かく、よりカラフルになります。

Posted by melancoly