INTJの子供の困難さ

INTJはあなたが出会う最も知的で熟考的な子供の一人です。

彼女らは分析的であり、注意深く、物事がどのようになるかという複雑な内部ビジョンによって推進されます。

彼女らは稀な子供であり、人口のわずか2%を占め、それは彼女らを喜ばせますが、同時に誤解され、孤立していると感じさせます。

INTJは独立的で、実践的な特性を持ち、他タイプよりも成熟しているか大人のように見える特性を持っています。

親は興味をそそられるかもしれませんが、INTJの子供を心配するかもしれません。

 
これらの子供たちは、高いIQ、豊かな想像力、複雑な思考で知られていますが、多くのビジョンと洞察を内在化しています。

これにより、両親はより多くのことを知りたいと望むかもしれず、子供が「あまりにも熟考的」であると懸念したり、自分の頭で過ごす時間が長すぎたりすると懸念するかもしれません。

これらのプライベートな子供たちは、多くの才能を持っていますが、そのような稀なパーソナリティに慣れていない親によって誤解されることがよくあります。

 
若いINTJはしばしば先進的な語彙を持ち、他の子供たちよりも早く読み、目標を達成して新しいアイデアを理解するために懸命に働きます。

彼女らは非常に好奇心が強く、興味をそそるか混乱させるものについて「なぜ」と尋ねます。

これは、INTJが直面するであろう最初の幼年期の困難さの1つにつながります。

誤解される好奇心

INTJは、子供でも非常に独立していて、好奇心が強いです。

彼女らは、物事がどのようであるかを理解し、すべてのルールの背後にある真実を知ることを望んでいます。

彼女らは権威に対する先天的な尊敬の意識を持っておらず、年上の人が「そうしなさい」と言ったという理由だけで何かを受け入れることはまずありません。

彼女らは、決定、規則、および言葉の背後にある論理と推論を知りたいでしょう。

 
彼女らの質問と挑戦が、自身にとっての学習プロセスの本質的な部分であるとき、彼女らは非常に議論好きの子供として見ることができます。

これは、子供が質問なしにリーダーシップを受け入れることを望む両親によって過度の戒めを受ける可能性があります。

「私がそう言ったから」「私があなたを生んだから」と言われること以上に、INTJにとって馬鹿げていて、侮辱を感じさせるものはありません。

非論理的な命令に対する無理な服従は、INTJの強みではありません。

これは、INTJが問題の権威人物に対する敬意を失う結果となります。

 
そして、Rationals(NTタイプ)はすでに権威と専門家に懐疑的です。

権威者は警戒される前にそのメリットを証明しなければなりませんが、それが一度失敗すれば失敗は決して忘れられないでしょう。

INTJは、常に戦いの一形態として、または失礼の兆候として議論することを見ているわけではありません。

ほとんどのNTタイプにとって、議論は別の学習方法です。

 
彼女らは、すべての社会的規範、無関係なものを取り除き、あらゆる主題やルールの中核的真実を探します。

彼女らはしばしば、彼女らの質問と議論によって侮辱され、それを不名誉または無礼の兆候とみなした親や教師によって、息苦しさを感じます。

真実は、通常、INTJは規則を尊重し、論理的な根拠を持っていると感じる規則に従いますが、彼女らが規則を遵守するためには明確かつ合理的な理由が必要です。

一人の時間の必要性

INTJのdominant functionは内向的直観(Ni)です。

この機能は、INTJに将来の可能性についての鋭い洞察を与えるものです。

彼女らは自分の世界に後退し、さまざまな視点や理論を考慮する必要がある、非常にプライベートなタイプです。

 
INTJが頻繁に社会的な状況や相互作用に追い込まれるとき、彼女らは自分の好きな機能(Ni)を抑え、auxiliary functionである外向的思考(Te)に頼る必要があります。

彼女らは時間をかけて自身のTe使用している間、Niをを絶えず抑える必要があるので、疲れてしまいます。

INTJが社会的に頻繁に交流する外向的タイプの周りで成長したり、社会的な交流やグループ活動に満ちているスケジュールを持っていると、自然に生きていると感じるのを助ける、豊かな創造性や想像力にアクセスできなくなります。

 
これは、すべてのINTJが隠者であり、暗黒の洞窟に住むのを好むと言っているわけではありません。

彼女らは他の人と関わって楽しむことができ、しばしば良い社会的スキルを持っていますが、彼女らはほとんどの人よりもプライベートであり、彼女らのdominant functionにアクセスするためだけに多くの時間が必要です。

多くのINTJは、読書、執筆、コンピュータゲームのプレイ、音楽鑑賞、または芸術活動を楽しんでいます。

これらの活動はすべて、創造的で、直観的なエネルギーを活用するのに役立ちます。

 
非常に若い年齢であっても、多くのINTJは隠れ場所を見つけるのが好きです。

食器棚、木、静かな隅々に逃げることができ、心の中に後退することができます。

過度の刺激

内向的直観タイプのもう一つの特徴は、それがinferior functionである外向的感覚(Se)とペアになっていることです。

InferiorであるSeは、INTJが外部刺激に対して非常に敏感であることを意味します。ノイズ、照明、横槍。

INTJのお気に入りの場所は自分の心の中にあることを覚えておいてください。

そして、しばしば外界のドアを閉じて、自分たちを中心にしてインスピレーションとエネルギーの源に戻す必要があります。

 
外向的タイプと知覚タイプは、マルチタスク、バックグラウンドノイズと邪魔の中での処理するのがより簡単ですが、INTJは感覚的な邪魔に困難し、強烈なストレスを感じます。

Inferior functionが頻繁に引き起こされると、人は非常にストレスを感じます。

INTJにとって、これは感覚刺激が制御され、侵害的でない必要があることを意味します。

誤解される見方(perspective)

内向的直観タイプの心は、自然に数多くの角度や視点から物事を見ています。

感覚タイプは言葉を聞き、最も一般的な文脈でそれを理解するかもしれませんが、内向的直観タイプはしばしば多くの可能な意味を見ます。

感覚タイプにとっては明白に見えることも、直観タイプにとってはそうではありません。

感情と思いやり(tactfulness)

INTJは、論理、事実、理論の世界に対処するのが好きです。

彼女らは自分の感情を内在化し続け、自身の感情については非常にプライベートです。

彼女らに「もっとオープンになる」ようにプッシュする親や友人は、INTJがさらに自身を守り後退するため、失望することがあります。

INTJにはtertiary function 内向的感情(Fi)があります。

つまり、感情を外に出す可能性が低く、他の人の心を読むことが難しい場合があります。

 
実際、類型学のコミュニティでは、多くの人々が「INTJ Death Glare(殺意の目)」について話しています。

この表現は実際の「殺意の目」のことではなく、INTJの中立的表現です。

「Glare」は、単に直接のアイコンタクト、長時間の沈黙、および無表情な表現の組み合わせです。

より感情的なタイプはこの表現を嫌悪や失礼の徴候とみなし、関係する両親は若いINTJが落ち込んでいることを心配するかもしれません。

 
若いINTJは、傍観者が「あなた一体何が違うの」「なぜ怒っているの」「何を深刻に悩んでいるの」と尋ねられ混乱したときに、自分が望む以上に自分自身を説明しなければならないかもしれません。

これと同じ外向的なstoicism(無関心・平静さ)は、意思決定と会話に関しての人間関係の争いを引き起こす可能性があります。

INTJは、事実と真偽判断できるものに頼って、できるだけ客観的かつ公平なものになりたいと考えています。

 
若いINTJは、他のタイプに害を及ぼすか、または無防備に見えるものを言い表すことがありますが、悪意はありません。

たとえば、友人が「このパンツは私を太ったように見せるかな?」と尋ねるかもしれません。そして、正直なINTJは「そうね。」と答えるかもしれません。

友人はINTJの残忍な正直さによって怒り、INTJは混乱するかもしれません。

結局のところ、あなたは正直な答えを聞きたくない場合、なぜ質問をするのでしょう?

 
両親にとって、若いINTJの分析的な思考スタイルを評価し、批判を個人的に受け取らないようにすることが重要です。

また、準備が整っていなければ、親は若いINTJを感情的な会話に陥らせてはいけません。

INTJは、彼女らがむしろ秘密にしておきたい気持ちについて話すことを余儀なくされた場合、攻撃されたと感じたり、嫌悪を感じるかもしれません。

INTJが自分の気持ちや感情についてあなたに開放することを決めたら、思考やその他の質問にジャンプするのでなく、できるだけ静かに聴くことが最善です。

真に聴いていることは、INTJにとって多大な意味を持ち、関係や友情の中に求める最も重要な特徴の1つです。

 
他の人と感情的な会話をし合うようになると、両親はより感情的なやり方で若いINTJに言葉を返すのが良いでしょう。

INTJは意図的に不注意なことは言わないでしょうが、人間関係に緊張をもたらさないように、または過酷な状況に遭遇しない方法で言葉を学ぶ必要があります。

いじめ・悩み

INTJは、特に小学校では馴染むのに苦労するかもしれません。それは教師がSJの学生にレッスンを合わせるSJタイプである場合が多いからです。

INTJは通常、他の子供よりも大人びています。

若い年齢では、彼女らの仲間を、うるさく、浅く、不快に思うかもしれません。

彼女らはしばしば、他タイプよりも複雑なアイデアやテーマに焦点を当てており、他の子供たちと会話するのに飽きるかもしれません。

 
多くの場合、INTJは学校では部外者とみなされ、1人または2人の非常に親しい友人を見つけない限り、他の子供たちと交流することよりも自分の考えに浸ったり、集中したりします。

残念なことに、彼女らの珍しいパーソナリティは、彼女らがいじめられたり、他の子供たちによって「奇妙なもの」として感じさせる原因となります。

これはまた、自分が異常で、より多くの共通のタイプに迎合しなければならないと感じるINTJが孤独を感じる原因となります。

INTJの両親が彼女らをユニークなものにするために、彼女らの洞察力と知性に称賛を示すことは非常に重要です。

完璧主義

NJタイプはその徹底的な完璧主義で知られており、INTJも例外ではありません。

これらの独立したタイプは、自身を圧倒してしまう非常に高い基準に自分自身を保持します。

彼女らは非常に目標指向であり、目標を達成することに執念を持つことがあります。

 
彼女らが本当に主題を気にしない限り、「十分に良い」は魅力的ではありません。

彼女らが気にする主題に関しては、INTJは、完璧なプロジェクト、エッセイ、アートワークなどを作るために、自身の努力を完全に費やすことができます。

これにより、高い期待に応えることができなければ、彼女らは欲求不満と怒りに陥る可能性があります。

時々、若いINTJは自身にかかる大きな圧力によって圧倒され、負担を感じるかもしれません。

彼女らは関心のある分野では例外的であることを望んでおり、平凡であるという考えは彼女らを落ち込ませます。

結論

INTJは、IQ、知能、複雑な理論を理解する能力に関しては、多くの場合、秀でていますが、誤解や孤立感を感じることもあります。

両親がユニークな能力、孤独な時間の必要性、数多くの「理由」や「やり方」を理解する必要性を育むことが重要です。

INTJに耳を傾け、創造的な機会を十分に与え、周囲の世界についての彼女らの不思議な感覚に関わってください。

INTJ

Posted by melancoly