INTPは真実・意味・動機を探求する

INTP

ほぼすべてのパーソナリティタイプについて、意味があるものとして人生を経験することは、意味が多くの原因(例えば、宗教、勤労、家族など)に由来するため、ほとんど与えられています。

しかし、あるパーソナリティタイプ(INTP)では、意味と目的の永続的な感覚を得るのが難しいです。

その結果、INTPは冷笑的になったり、ニヒリズム(虚無主義に)陥る可能性があります。

つまり、これらの感覚は人生は最終的に無意味であるということです。
INTPの意味の問題は、2つの主な原因にさかのぼることができます。

1つ目は、多くのINTPが絶対的な確実性で理解できるものは、何にせよほとんどないと感じているという事実です。

多くのINTPは結局、伝統的な宗教/神学を知的に支持できないものとして拒否します。

INTPが信じるものを見つけたくないということではありません。

それとは反対に、多くの人は、真実と意味の包括的な源泉を探し求めて生活を過ごしています。

彼女らの良い意図にもかかわらず、彼女らの心の懐疑的で疑念的な性質は、通常、ほぼあらゆる理論や信念体系で何らかの問題を見つけることができます。

したがって、INTPにとって意味のこととなると、多くの点で自身は最悪の敵です。

結局のところ、これは彼女らが自分の疑念を回避し、もし望むのなら自信に勝つ方法を探し、信念と確信の場所に到達することを願うようにします。

彼女らは、信念がある場所、真実、意味、そして目的の深い感覚があるであろう場所を知っています。

INTPの意味の問題の第2の原因は、感情の相対的な不足です。
これは類型学的によく説明されています。

すなわち、思考(T)と感情(F)は二分的な反対であるため、INTPのdominantなThinker(dominant functionがT)としての地位は、彼女らの感情機能が抑圧されることを意味します。

別の言い方をすれば、思考(Ti)が最も意識的でアクセス可能な機能である場合、その感情機能(Fe)は最も意識が低くでアクセスしにくいものになります。

この感情の世界からの断絶は、INTP自身の経験では容易に確証されます。
これには、価値と意味の深い感覚から疎遠になることが含まれます。

実際、INTPは、他のタイプのものが意味が豊富であると感じる状況で、意味を理解できないことがよくあります。

この(能力の)不足は、INTPの空虚感、退屈感、落ち着きのなさを生み出し、自分たちの心に逃げ出し、抽象的な意味を探るよう促すことがあります。

彼女らは、自分のアイデンティティーや人生の哲学を明らかにして、意味と目的のカスケード(連鎖して発生するもの)が生まれるのであれば、それを感じています。

言い換えれば、彼女らは正しい概念的なレンズを見つけることは、すべての経験をより意味のあるものにすると感じています。

探求&創造性:INTPにとって可能な解決策?

とはいうもののINTPにとって、静的な「最終的」な哲学が本当に彼女らを幸せにするかどうかを検討することが重要です。

INTPに関する研究と仕事は、彼女らが実際に答えを知るか、普及させること以上に、探求し探索するプロセスを楽しむことを示唆しています。

答えを発見した直後に、彼女らは探求する新しい問題を探しています。
INTPが最も楽しんでいるのは探求のプロセスです。

このプロセスは、彼女らが満足で意味があるとわかる緊張の感覚を生みます。

彼女らが探検で自分自身を失ったとき、彼女らの意味の問題は本質的に消えます。

 
地下でのノートで、ドストエフスキーも同様の観察を行っています。

人間は創造を愛している…
だが、なぜ彼は破壊や混乱を情熱的に愛しているのだろうか?
彼は本能的に目標を達成し、自身が作成している建物が完成することに恐怖心を抱いているので、彼はそのような愛を持ち続けることができるだろうか?
どのようにあなたは知っているだろうか、多分彼は遠く離れたところから見る建物のみが好きかもしれない。
たぶん彼はそれを作成することだけを好み、そこには住まないだろう。

 
ドストエフスキーはINTPではなくINFPでしたが、類型学的統合への道は、多くの点でこれらの2つのタイプで非常によく似ています。

INPの成長への最適な経路は、auxiliary function 外向的直観(Ne)を介して実行されます。

これらのtertiary functionである内向的感覚(Si)に関連して、NeはINPのTおよびF機能を橋渡しするのに役立ちます。

主に、探求と創造(Ne)を通して、INPは彼女らが求めている統合の感覚を体験することができます。

動機は何?

しかし、モチベーションはどうでしょう?

INTPはどこで探求と創造のモチベーションを見つけることができますか?

結局のところ、それ自身のための創造はINTPに無意味なように見えるに違いありません。

探求と創造のためのいくつかの最も重要な理由や目的が存在する必要はないでしょうか?

INTPが人生がばかげていると判断した場合、何かをするどんな理由も否定しないのでしょうか?

これは、実在主義の思想家(カミュ、ニーチェ、サルトルなど)など(それらの多くが無神論者、不可知論者、不条理主義者)が解き明かそうとする問題です。

彼らは、与えられた意味の欠如として見た世界で敢然と意味を育もうとしました。

 
実存主義者にとって、意味は客観的に発見されるものではなく、個人によって主観的に育成されなければならないものです。
これにより、もう1つの一般的なINTPの問題が発生します。

INTPは、真実(T)と意味(F)を結びつける強い必要性を持っていますが、意味に対する主観的アプローチを採用する場合、真実に関して同じことをしなければならないでしょうか?

外部の現実から完全に離れる何らかの種類の主観的なファンタジー世界の創造を通して、彼女らの問題が解決できると信じることは現実的なのでしょうか?

INTPはこれを不十分な解決策と一般的に考えており、客観的確実性のために努力することは、INTPは本質的に現実の公平/客観的な見方を達成できる人間の心の能力を疑っているので、本当に主張できるように見えません。

したがって、INTPの鍵は、主観的及び客観的な真理へのアプローチの間に「スウィートスポット(最適な位置)」を見つけることを伴うように思われます。

類型学的には、Ti(Fiのように主観的機能である)とFe(Teのように客観的関数である)との間の適切なバランスを見つけることを意味します。

これをどのように達成できるかについては既に触れています。

すなわち、INTPは、TiとFeの間にブリッジ(すなわちTi-Ne-Si-Fe)を形成するためにNeとSiを使用しなければなりません。

INTPが回想/再起(Si)と探索/創造(Ne)を組み合わせる最適な手段と環境を見つけることができれば、TiとFeは少なくとも理論的にはより良く統合されます。

しかし、これらの橋渡し機能が適切に組み込まれていないと、TiとFeは分かれたままであり、互いに調和しません。

このアプローチは、INTPのキャリアと関係性に適用することができます。

キャリアに賢明であるために、INTPは、それらに多量の自律性(Ti)自由な探索/創造(Ne)を意味のある方法(Fe)で提供する仕事を見つけなければなりません。

同様に、INTPは定期的に自分のアイデア(Ne)を探索して議論することができ、それによって彼女らの内なる世界(Ti)と愛とつながり(Fe)の必要性との間のギャップを橋渡しするパートナーシップによって最も最適になります。

Posted by melancoly