NPタイプ:人間関係・相性

すべてのNPタイプは、機能スタックの一部として、外向的直観(Ne)および内向的感覚(Si)を使用します。

その結果、ENTP、ENFP、INTP、およびINFPタイプは、ある程度の類似性と親和性を享受する可能性が高くなります。

このような親和性は、コミュニケーションとライフスタイルの両方の好みに拡大する可能性があります。
“NPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

ENTP:人間関係・恋愛

ENTPのあらゆるタイプの中で最も多様性が高く、オープンで適応性があり、幅広い関心と活動を示しています。

彼女らの公開性と多様性のために、多くの異なるパーソナリティタイプとの愛と相性を見つけることができます。

この記事では、ENTPの人間関係のさまざまな側面について検討します。

ENTPが機能スタックに基づいて関係性に対して求めるものの分析から始めます。

これに続いて、様々なパーソナリティタイプとの将来的な相性についての議論と、ENTPの人間関係の一般的な課題のいくつかを見ていきます。
“ENTP:人間関係・恋愛” の続きを読む

ENTPの外向的直観

私は探検し、動きを創造し、より早く、より速く進み、純粋な存在である心の中で何らかの平和を見つけようとする衝動がある

-マーティン・スコセッシ ENTP

マーティン・スコセッシの名言

 
ENTPは私たちの時代の最も先見性のある理知的な人々の一部です。

彼女らは人生を通じてアイデアや可能性を生み出し、他者に感動を与え、新しい路を革新します。

彼女らは常に自身の周りの世界の潜在的可能性を探しています。
“ENTPの外向的直観” の続きを読む

NTタイプ:心の病②

INTP:心の病

アルバート・アインシュタインからマリー・キュリーまで、INTPは進歩と深い知的思想の革新者であり、世界で最も誤解されている天才のひとつです。

彼女らは、そのタイプが非常にまれで誤解されているだけであり、しばしば誤診され、さまざまな精神障害に分類されます。

彼女らは信じられないほど知的で洞察力がありますが、INTPは伝統的な学習環境で精神的な強みが認識されないことがよくあります。

アインシュタイン自身は、しばしば学校で誤解され、「教育は学校で学んだものを忘れてしまった後に残るもの」と言いました。

多くのINTPは、誤解され、認知機能が鈍化し、彼女らの学習の強みやスタイルを称賛しない文化で暮らしているという高いリスクがあります。
“NTタイプ:心の病②” の続きを読む

ENTPの適職とキャリア

ENTPのパーソナリティタイプは幅広い興味を持ち、多才で聡明です。

幾つものキャリアや専攻分野における優れた能力を備えていますが、しばしば正しい職業に照準を合わせるのに困難することがあります。

ENFPのように、彼女らは個人的な達成をもたらし、より大きな良い事に貢献する方法で創造的な才能と能力を使用しようとします。

残念なことに、多くの雇用者は一貫して彼女らにインスピレーションを与えず、不穏や不満を感じさせます。

大学の学位を持つ者でさえも、永続的なキャリアの満足を見つけるのに苦労する可能性があります。

INTPの求職者と同様に、ENTPはキャリアの関心を狭めるために多くの時間と試行を必要とすることがあります。
“ENTPの適職とキャリア” の続きを読む

ENTP型の性格 byPJ

直観的探求者

ENTPタイプは、16タイプのうちの1つです。

ENTPは多才で、心が広く、落ち着きがありません。

簡単に退屈し、彼女らは常に新しいアイデアや可能性を探し求めています。

新規性に対する彼女らの飽くなき渇望のため、彼女らの関心は無限に見えます。

ENFPにも当てはまるように、ENTPの精神は熱狂的なペースで動き、落ち着きのなさ、不安定さ、不安定な睡眠パターンに寄与します。

彼女らは常に新しい可能性を探っているだけでなく、新しいアイデアやアソシエーション(連想)を生み出しています。

さらに、ENTPは、自分のアイデアを他の人と分かち合い、交換するのを楽しみます。

彼女らの心がさまざまな方向でどのように描かれているかを考えてみると、ENTPは不安定で散在しているように思えますし、正しいか誤りか、ADDやADHDとよく診断されることもあります。

ENTJやdominant functionに判断機能を持つ他のタイプとは異なり、ENTPは(dominant functionが知覚機能であるため)受容する情報を注意深くスクリーニング(ふるい分け)したり、フィルタリングしません。

アイデアを吸収するために、あらゆるタイプの中で最も開かれた心の持ち主です。

しかし、単に新しい情報に対して透過性がある(受け入れやすい)という理由だけでは、それが真実であると迅速に受け入れることはできません。

ENTPは時間の経過とともにアイデアを摂取するので、世界と人間の本質についての独自の理論を、いくらか受動的にしても徐々に発展させます。

これらの理論が従来の考え方と一致していない場合(多くの場合そうでしょう)、彼女らはますます懐疑的になり、過半数の見解を批判するようになります。

ENTPは外向型としての地位にもかかわらず、彼女らの懐疑主義と非観念的思考に関してINTx型に似ています。

彼女らのdominant function 外向的直観(Ne)に夢中になると、ENTPは内部集中的でも議題に主導されるわけでもありません。
(彼女らの唯一の議題は退屈を避けることかもしれません)

したがって、彼女らは意識的に動かされたり、INTPのように真実を打ち砕くことに執着したりすることはありません。
“ENTP型の性格 byPJ” の続きを読む