エニアグラムタイプ4:INタイプ

エニアグラム

エニアグラムのパーソナリティタクソノミー(分類学)は、9つの基本タイプで構成されています。

「Personality Type」の著者、Don Risoはエニアグラムタイプ4を「個人主義者」と呼んでいます。

INFJとINFPは、Myers-Briggsタイプのうち、エニアグラムタイプ4として診断される可能性が高いです。

INTPおよびINTJはエニアグラムタイプ5としてより頻繁に診断されますが、彼女らは一般にウィング4(例えば5w4)を有し、これは彼女らが有意なタイプ4の傾向を有することを示唆します。

Risoによるとタイプ4の特徴の1つは、自己に対する絶え間ない探求です。

自己とアイデンティティを求めている人たちは、「彼女らが誰であり、自分自身が何であるかを知る」ことを望んでいます。

アイデンティティ探求者にとって、自分自身の本質を調べることよりも興味をそそられることはありません。

彼女らが誰であるかの根源に到達しようとする以上に、魅了するものはありません。

 
彼女らは常に…自分自身でチェックインしている…彼女らの経験を解釈し、現在の自己理解に関連付けています。

INタイプ(INFJ、INFP、INTJ、INTP)の永続的なアイデンティティを求めることの根底にあるのは、彼女らが他者と比べて「重要な」意味で「特別な」または「異なる」という信念です。

これは、少なくとも部分的に、権威と従来の知恵への不信から生じます。

彼女らはしばしば、外向的感覚(Se)によって浸透され、導かれた文化の価値観、関心事、ライフスタイルとの相違の状況にあります。

INタイプが自分の視点を開発して洗練するにつれて、彼女らの文化はますます奇妙で馬鹿げているように見えるかもしれません。

彼女らがどこに向かうにしても、退屈な社会の脚本を従順に生きる「吟味されざる生」を生きる人々を見ています。

1世紀以上前、INPの哲学者ソレン・キルケゴール(Soren Kierkegaard)は、ESタイプとINタイプに見られる、効果的に具現化する2つの視点を区別しました。

 
群衆がいるところに、そこに真実がある、という人生観がある。(すなわちESタイプの人生観)

群衆がどこにいても、そこに真実はない、という他の人生観がある。(すなわちINタイプの人生観)

 
彼女らが大衆とどのように、なぜ違うのかを、より良く理解するために、タイプ4は自己発見の探求に着手します。

彼女ら他の人と違った見方をしている理由の真相に到達しようと努力しています。

彼女らは、独特で非慣例的な視点を生み出す自己の本質的な性質を把握したいと思っています。

自己理解に対するこの渇望は、アイデンティティ探求者を動かすものであり、意味と目的によって彼女らの人生を刺激します。

もう一度、キルケゴールは有益です。

 
本当に必要なのは、私が何をすべきかを明確にすることです…

重要なことは、私が行うべき神の意志が本当に何であるかを理解し、目的を見つけることです。

私にとって真実である真実を見つけ、私が一喜一憂するアイデアを見つけることが重要です。

 
ここでキルケゴールはタイプ4にさらに重要な洞察を提供します。

1つは、個人的な真実の必要性です。

アイデンティティを探求者にとって真実は、個人的に意味のあるまたは重大なものとして経験するものだけです。

真実はまた意味に溢れていなければなりません。

キルケゴールは自身の記事「Concluding Unscientific Postscript」でこれを主観的真理と呼んでいます。

主観的真理は、彼の考えでは、本当に重要な唯一の真理です。

現代の言い回しでは、私たちはしばしば、情熱という言葉を使って、私たちと最も深くそして強く共鳴するものを記述します。

キルケゴールが論及していたのは、この情熱と共鳴感です。

 
キルケゴールはまた、「自分が何をしなければならないかを明確にする」ために、タイプ4目的を明確にする必要性を強調しています。

言い換えれば、自己に対する自己の探求は、自己表現のための信頼できる手段として役立つことができる才能(vocation)の探求でもあります。

確かに、彼女らのアイデア、感情、または洞察を表現するための適切な手段がなければ、タイプ4は不満を感じ、不完全で、自分が本当に誰であるかを誰も理解したりしないと思う傾向があります。

ある人は誰にも理解されずに死ぬことを恐れるかもしれず、よって緊急の感覚で彼女らの探求を呼び起こします。

このように、タイプ4の使命は、自己理解と自己表現という2つの主な目標によって特徴づけられています。

前者は大部分が内向タイプ(I)の目的であり、後者は内的世界の外向的(E)形式への変換を伴います。

タイプ4が心理的に全体性を感じて満足するためには、両方の要素が必要です。

エニアグラムタイプ4:4w3 vs. 4w5

内向的タイプとして、タイプ4は内向的な要素(すなわち自己認識)が自己表現に先行しなければならないと信じる傾向があり、真正な行動が可能になる前に追加の自己洞察が必要です。

しかし、Risoによれば、自己知識と自己表現は、独立したプロセスと見なされるべきではなく、共生的なものであるべきです。

 
創造的な瞬間、タイプ4は…美しいものを生み出すだけでなく、彼女らが誰であるかを発見します。

 
つまり、自己発見と創造的な仕事の両立です。

その結果、多くのタイプ4は、創造的なキャリアや職業を特定することは、自分のための探求の重要な部分であると感じています。

これは、ウィング3(4w3)を持つ人にとって特に当てはまります。

ウィング3(4w3)は、特に創造的職業に関心があります。

Risoはウィング5(4w5s)を持つ人は、「自分自身でより創造する」傾向があると主張しています。

4w3と比較して、彼女らはEの要素(例えば、生産性、成功、賞賛など)に焦点を当てることは少ないでしょう。

 
しかし、これを見る別の方法があります。

4w3は、創造的な生産物を、愛することを仕事にして生きるために必要な道具と見なすことができ、真に機能させるためにより多くの時間をそれらに与えることができます。

タイプについて言うと、彼女らはより大きな内向的な自由への手段として、外向的な成功を見ています。

4w5は、確かに強制的なまたは非真正な仕事(例えば、「day work(9:00~17:00の仕事)」)を享受しませんが、彼女らの内向的なプロセスに関して、4w3よりも、より我慢強く、しばしばより完璧です。

彼女らは質の低い、または独創性のない10曲を作るよりも画期的なアルバムを1つ作るでしょう。

要するに、これら2つのサブタイプは、進んで行う譲歩の種類が異なります。

 
4w3は、創造的な仕事の中で妥協をし、それを大衆により受け入れられることを望んでおり、一方、4w5は、彼女らの内向的な探求の純度を維持するために、より多くの時間を仕事の時間に犠牲にするかもしれません。

彼女らの特定のサブタイプにかかわらず、タイプ4は意味のある自己内省と創造的な表現の人生を求めています。

彼女らは、自分が誰で、誰が何をするために生まれたのかを把握し、その理解に従って行動することを目指しています。

彼女らは、自身のガイダンスと方向性が真実で意味のあるものであることを確実にするために、ガイダンスと指導が内から来ることを望んでいます。

これらの良い意図にもかかわらず、タイプ4は最終的に、彼女らが望むものを得るためには、ある程度の妥協が必要であるという事実を条件にしなければなりません。

彼女らがそうしたい限り、彼女らは自己内省だけで自分自身をサポートすることはできません。

料理は、準備が整っているかにかかわらず、何かをしない限り食卓には並べられないでしょう。

決定は完璧な自己認識とは別に制定されなければなりません。

そのようにすると、最初は真正性が欠けるかもしれませんが、場合によっては、後に良い結果になるかもしれません。

Risoが、タイプ4が創造的な仕事を通じて自分自身を発見すると示唆しているように、そのプロセスを開始するための多少の外圧が必ずしも悪いことではないかもしれません。

最後に

精神分析家Allen Wheelisによれば、確固としたアイデンティティの感覚に到達することは、かつてないほど困難になっています。

絶えず拡大する人生の役割と道と闘う必要があるだけでなく、世界は絶えず驚くべき速さで変化しています。

そして、世界が急速に変化していることから、Wheelisは、自己の流動的な感覚を維持することは、適応的な利点を持つかもしれないことを示唆しています。

時代とともに変わることができない人は、とりわけ、仕事を失ってしまうかもしれません。

流動的なアイデンティティーの見通しは、外向的タイプの間で受け入れられたり、興奮したりする傾向がありますが、自己意識と才能を固めようとする内向的タイプを悩ます可能性があります。

いずれにしても、Wheelisの洞察は、内向的な自己認識プロジェクトの本質的な難しさを明らかにするかもしれません。

 
タイプ4が潜在的に無意識のうちに自分のアイデンティティを定着させることは、彼女らを時代遅れにする危険にさらす可能性があり、安全なことしかしない探求者として継続的に機能させる可能性があります。

急速な社会変化に対処するためのもう1つのアプローチは、自己認識に集中することではなく、「客観的」または科学的知識を得ることです。

Risoによると、これはエニアグラム5の好ましいアプローチ、特にウィング6(5w6)のものです。

残念なことに、タイプ4はこれを永続的な解決策と見なすことはまずありません。

自己とその関心を、意味と価値観の主要な源泉とみなしています。

 
結局のところ、タイプ4はほとんど選択肢を持たず、しかし、困難や課題への解決方法を見つけることを伴う、アーティストの道があります。

タイプ4の人生は、アイデンティティを求めて、創造的な自己表現を継続的かつ相互に豊かにするダイアローグです。

彼女らの自己意識が高まるにつれて、創造的な仕事はより強力で洗練されたものになります。

同様に、創造者として発展するにつれて、彼女らはより適応し、本質的な自己に結びついているように感じます。

タイプ4は自分の自己理解に絶対的な確実性に「到達」する、あるいは絶対的な確信を得ることを決して期待すべきではありませんが、自分の人生と仕事においてより明快で信頼できるものに向けて、彼女らはたとえ小さなステップでも各ステップを祝うことができます。

Posted by melancoly