INFPの適職とキャリア

適職とキャリア > INFPの適職

 
INFPは単なる仕事やキャリアを望んでいません。

INFPは彼女らが愛している何かをしたいと思っています。

彼女らは、個人的な達成をもたらし、より大きな利益に貢献する方法で創造的な才能と能力を使用したいと考えています。

適切なキャリア選択のための探求は、INFPのアイデンティティの探求から離れることはできません。

キャリアパスに入る前に、INFPは自分が何者であるか、そして彼女らが働く世界の構造のどこに合っているかを知りたい。

彼女らは、自身の独特な能力を活用し、その価値観と合致し、彼女らの駆動と情熱を発させるキャリアを求めています。

ほとんどの雇用者が一貫して彼女らに(そのような)影響を与えないので、INFPはしばしば不穏さと不満を感じることになります。

大学の学位を持っている人でも、長期的なキャリアの満足を見つけるのに苦労するかもしれません。

INFPの価値は個人的で個別的なものです。

ISFPと同様に、彼女らの内向的感情(Fi)への依存は、自分たちの価値観が著しく異なる組織で働くことを困難にする可能性があります。

INFPは伝統的なキャリアパスの中で満足を得ることにおいてINTPのキャリア探求者に若干の優位性があるかもしれませんが、どちらのタイプも自分の興味を追求することに関心があります。

彼女らの興味が既存のキャリアパスの特徴と予期せず一致した場合、INFPは自分自身を幸運に思うべきです。

もしそうでなければ、彼女らは主に独立した立場で興味を追求するという大きな課題に直面しています。

これは一部のINFPを、「飢えたアーティスト」または起業家の役割を引き受けるよう導く可能性があります。

INFPの大学生は、自分の技能、興味、能力に合った専攻を特定する上で、同様の困難を経験するかもしれません。

これの一部は、INFPの変化する興味の性質に起因しています。

ENFPの求職者と同様に、同じ仕事をしたり、同じ科目を幅広く勉強したりするとき、不穏で不安定に成長することがあります。

幸いなことに、内向的タイプとして、INFPは彼女らがすべての選択肢を十分に調査したと感じたら、徐々に彼女らの興味を絞り込むことができます。

問題は、十分な明快さで彼女らのニッチな関心が浮かび上がるためには、かなりの年月‐場合によっては30年でさえも‐がかかることです。

したがって、高等学校からの「正しい」大卒の権利を選択することは、INFPのための疑わしい道となり得ます。

INFPはいくつかの認識された障壁によって妨げられていると感じるかもしれません。

INFJの求職者のように、彼女らはリスクを恐れているかもしれません。

あるいは、彼らは自分自身や自分のスキルや興味を十分に知らないと感じるかもしれません。

未完成のプロジェクトの実績を見て、探しているものが見つかるかどうか疑問に思う人もいます。

INFPはこれがすべて非常に正常であることを認識することが重要です。

実際には、自分自身を見つけるために人生を試み、体験する必要があるということです。

彼女らの経験と学んだ教訓はすべて、キャリア開発の一環として内在化され統合されます。

INFPのホランドコード/興味

INFPの職業興味の議論を方向づけるために、John HollandとStrong Interest Inventoryによって記述された6つのテーマについて説明します。

現実的(R)、研究的(I)、芸術的(A)、社会的(S)、企業的(E)、および慣習的(C)の各分野、または略して「RIASEC」というテーマがあります。

好みの興味領域を特定した後、これらの文字をパーソナリティタイプに類似した方法で組み合わせて、複数の文字「ホーランドキャリアコード」(IAS、RAIなど)を形成することができます。

これは個人が彼女らの最高のキャリアマッチを特定するのを助けることができます。

これは、個人が自分の最良のキャリア選択肢を特定するのに役立ちます。

現実的領域(R)に興味を持っている人は、身体的で実践的な仕事を楽しんでいます。

彼女らはしばしば、視覚または運動感覚の学習者であり、人々よりも「もの」を扱うことを好むかもしれません。

研究は、感覚(S)、思考(T)、および知覚(P)タイプが、直観(N)、感情(F)、および判断(J)タイプよりも現実的な作業にある程度惹かれることを示唆しています。

知覚(P)タイプとして、INFPはINFJより現実的な仕事に傾いています。

INFPは屋外での生活や自然に没頭するのが大好きです。

INFPはまた、現実的要素を含む芸術的および/または研究的研究を取り上げるかもしれません。

彼女らは、例えば、林業、環境科学、獣医学、または景観設計でのキャリアを追求するかもしれません。

研究的領域(I)には、分析的、科学的、学術的な興味が含まれます。

研究的タイプは、アイデア、理論、事実、またはデータを使って作業することを楽しみます。

現実的領域と同様に、研究的領域に関して思考タイプ(T)は感情タイプ(F)の数を上回ります。

「物事」を研究するのに興味がある人は、一般的にホランドのIR(Investigative-Realistic)コードを持っています。

数学、物理学、工学、コンピュータサイエンスなどを学ぶことができます。

我々がすぐに議論するように、INFPは、inferior functionが外向的思考(Te)であるため、これらの思考指向のキャリアに引き寄せられるかもしれません。

研究的(I)・社会的(S)関心を持つINFPは、社会科学(歴史、経済、心理学、社会学、地理学、人類学、考古学、政治学など)を研究することが多いでしょう。

研究的(I)・芸術的(A)関心を持つINFPはまた、心理的または社会文化的な問題に興味を持ち、学芸、神学、法律を研究したり、ノンフィクションの作家を選択するかもしれません。

芸術的領域(A)は、感情(F)と知覚(P)にも多少相関しますが、直観(N)の選好と強く相関します。

それは、俳優、画家、ダンサー、詩人、彫刻家、作家、デザイナーなどを含む、非慣例的かつ創造的な興味を持つ人々を捉えています。

当然のことながら、芸術と人文科学を学ぶ学生の間では、芸術的タイプとして高く評価されています。

図書館学に興味がある人は、この興味分野でも高い評価を受けています。

研究は、INFPが、芸術的職業、創造的かつ意味のある方法で彼女らのFi-Neの組み合わせを直接利用できるようにするキャリアを最も好むと感じることを示唆しています。

芸術に興味のある人は、音楽、演劇/ドラマ、視覚芸術、癒し芸術、グラフィックデザイン、インテリアデザインなどに引き寄せられます。

他の人は、おそらく大学院レベルでさえ、創作、詩、または文学を勉強することを選ぶかもしれません。 INFPは優秀な詩人や創作者になることができます。

社会的領域(S)タイプ、人々と働くことを楽しみます。

社会的興味は教師、医療関係者、聖職者、トレーナー、ケアワーカーの間で共通しています。

社会的領域は外向(E)と感情(F)の選好に関連します。

社会的タイプは、しばしば、医療、官公庁、カウンセリング、または心理学に惹かれます。

彼女らは指示的よりも知覚的である傾向があるため、INFPは一般的に大規模なグループを教えるよりも1対1の対話を持つ家庭が多いです。

彼女らが教えることを選ぶならば、通常、レクチャーのファシリテーターの役割を好みます。

教えるためには外向的判断機能が必要であるため、INFPはそれを疲れさせるものと感じることがあります。

社会的および現実的領域に興味を有するINFPは、看護(SRI)、身体的(SIR)または職業的(SIR)療法、またはマッサージ(RAS)、ヨガ(RAS)、鍼灸(RAS)などの総合的なヘルスケアを仕事として選ぶでしょう。

これらはすべて(社会的に)きちんとしたキャリアマッチであるかもしれませんが、社会的タイプのINFPは、彼女らが希望する抽象的で創造的な要素が欠如しているため、それらをあまりにも具体的または実用的(すなわち、あまりにも「現実的(R)」) と考えるかもしれません。

このような個人は、心理学(SIA)、カウンセリング(SAI)、精神医学(IASR)などのメンタルヘルスキャリアに適しています。

社会的INFPは、ENFPのように、さまざまな種類の人道的または非営利活動に引き寄せられることもあります。

彼女らはしばしば、平和部隊のような場所を楽しんでいます。

平和部隊は、旅行し、気にする原因に向かって働く機会を与えます。

彼女らはその過程で「自分自身」を見つけるかもしれません。

INFPはまた、社会正義、環境保護、動物権などに焦点を当てた組織にも惹かれます。

企業的領域(E)は、製品、アイデア、またはサービスの宣伝を伴います。

そのような個人は説得力があり、主張的であり、競争的環境を楽しむ傾向があります。

典型的な企業的タイプのキャリアには、営業とマーケティング、ビジネスと経営、法律、政治、ジャーナリズム、保険、株式取引が含まれます。

企業的タイプはしばしば外向(E)を好みます。

INFPはこれらのキャリアの多くを避けることが多いが、ある程度の 「企業的」な関心を呈するものもあります。

十分な野心とフォロースルーがあれば、これらのタイプは起業家の努力でうまくいくでしょう。

企業家精神は彼女らに対し彼女らが必死に希望する自律性と自由、束縛から解かれること許諾します。

自分のビジネスを開始するINFPの場合、多くの人が非営利のルートを選択します。

他の人々は、芸術作品のマーケティングの手段として起業家精神を使用します。

慣習的領域(C)に興味を持つ個人は行政業務を楽しむことができます。(もちろん、管理的タスクを楽しむ人もいます)
彼女らはデータを操作するのに優れ、組織化され、細部を重視しています。

この領域の人は、感覚(S)、思考(T)、および/または判断(J)をしばしば選好します。

INFPは、SiとTeを使用して慣習的仕事を優位に実行することができますが、しばしば満たされていないと感じ、こういったキャリアを避けようとします。

決して包括的なキャリアリストではありませんが、INFPは、探求する価値のある次の仕事/キャリアの選択肢や専攻を見つけることができます。

現実的(R)キャリア

造園

獣医

園芸

林業、公園・保養地管理者

環境科学者、地質学者

研究的(I)キャリア

社会科学(社会学、心理学、人類学、政治学、地理学、歴史)

図書館員、図書館学

調査ジャーナリスト、記者、編集者

医師:精神医学

哲学者、神学者、言語学者

人文科学/学芸

芸術的(A)キャリア

ダンサー

俳優

ミュージシャン

グラフィック/ウェブサイトデザイン

画家、彫刻家

写真、写真家

詩人、創作作家、小説家

著者、自己/インディーズ出版、ブロガー

劇作家、演劇家、スクリーンライター

社会的(S)キャリア

大学教授

翻訳者/言語

物理療法士または作業療法士

ヨガインストラクター、ホメオパシー(同毒療法)、自然療法、音楽療法

看護婦、登録看護婦

調停者、平和研究

心理学者、臨床またはカウンセリング

カウンセラー、ソーシャルワーカー

音声言語病理学者

企業的(E)キャリア (典型的にINFPに避けられる)

起業家

INFPのキャリアの中でのinferior functionの役割

他のタイプにも当てはまるように、INFPのキャリア探求では、inferior functionの役割が見落とされることがよくあります。

INFPが感情(F)指向の職業(人や芸術、非営利の仕事など)を模索していると考えるかもしれないが、多くのINFPはinferior functionである外向的思考(Te)によって 理科、数学、コンピュータ、法律、工学、経済などの思考(T)指向のキャリアに引き寄せられます。

INFPのキャリア探求者は、しばしば意識的な機能と意識の低い機能との間の内的な闘いを経験します。

彼女らの上位2つの機能、FiとNeは明確に「右脳」的(共感、芸術と人文科学などに関係する)ですが、意識の低い機能(TeとSi)は彼女らを、「左脳」的な事実、データ、合理的システム、生産などを伴うキャリアを追求するよう誘います。

INFPにはどの経路を取るべきでしょう?

彼女らの強み(Fi-Ne)に従う方が良いか、弱い機能(Si-Te)を探索して発展させる道を追求すべきでしょうか?

前者を選択することは明白な選択であるかもしれませんが、そのinferior function 思考機能の神秘と魅力は無視するのが難しいでしょう。

TeはINFPの強力な動機づけになることができます。

たとえそれが最大の強みではないとしても、最大の関心を占めているかもしれません。

Tのキャリアを追求するINFPは、しばしばいくつかの困難に遭遇します。

第一に、Tのキャリアは、彼女らのinferior functionに対して大きな要求をするでしょう。

そのような要求は少量なら歓迎されるかもしれませんが、あまりにも多くの要求が過度にストレスを感じさせ、最終的にINFPにとって疲れるものであることを証明する場合があります。

第二に、INFPは特定のTキャリアで内向的感情(Fi)または外向的直観(Ne)要素を見逃していることがあります。

彼女らは、例えば、人々がより直接的に(Fi)、より創造的な自由(Fi-Ne)を楽しむことができる場所での仕事に憧れているかもしれません。

したがって、最終的にINFPに求められるのは、F、N、およびT機能の最適なバランスです。

多くのINFPは芸術においてこのバランスを見いだしています。

例えば、音楽や曲の製作/制作は、Fiのフィーリング、Neの創造性、そしてTeの技術的知識を効果的に統合することができます。

フィクションやノンフィクションを執筆することは、この統合を達成するためのもう一つの効果的な方法です。

職業療法などの教育や医療キャリアもかなり統合的ですが、INFPの創造的自主性を余りに超えたり制限したりする必要があります。

auxiliary function 外向的直観(Ne)をまだ開発していないINFPは、INFPがマネージャーとして仕事を引き受ける場合のように、FiとTeのバランスをとることに集中することができます。

同じことが、自身の人助けへの関心(Fi)とT知識への興味を結び付ける、医学研究を選択したINFPにも当てはまります。

残念なことに、主流の医療は、多大な時間要求と非全体論的なアプローチのために、多くの場合、INFPにとって不満足なものです。

 
最後に

他のNPタイプにも当てはまるように、INPの中には、既存の理想的なキャリアパスや専攻が存在しない可能性を受け入れる必要がある場合があります。

彼女らの関心はあまりにも特異であり、あらかじめ定義された金型に正当に適合することはできません。

この実現は、一部のINFPが「day job(9時から17時まで)」の仕事に取り組む一方、同時に真の情熱を追求する可能性があります。

彼女らは、時間の経過とともに、彼女らの情熱が十分に利益を上げ、フルタイムでそれを追求することをが可能となることを願っています。

十分に鋭敏で野心的なINFPは、起業家精神が実行可能なキャリアオプションを見つけるかもしれません。

起業家のINFPは、グラフィックやウェブデザイン、フリーランスの執筆やジャーナリズム、写真、ブログ、音楽、自己出版など、様々な芸術形式やビジネスアイデアでスキルを試すことができます。

確かに、INFPのブログの貢献者のいくつかは、ウェブベースのアーティストやフリーランサーとして、成功とキャリアの満足度を報告しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です