Jタイプ・Pタイプ:人間関係・相性

恋愛・人間関係

Myers-Briggsのタイプ理論を含む、パーソナリティのタイプをよく理解すれば、健全な人間関係を育成する上で非常に役立ちます。

この記事では、対人関係についての判断(J)と知覚(P)の選好のダイナミクスと意味を調べます。

J-Pの問題に取りかかる前に、私は最初に、タイプ分類が人間関係においてとても有用であることを指摘したいと思います。

それは私たちが相手と異なる方法を理解し、認識し、自身のイメージへ変えようとする誘惑を避けるのに役立ちます。

事実、私たちが常に相手を変えようとしているとき、私たちは相手自身のタイプの自然な状況の中で成長し発達する機会を奪ってしまいます。

例えば、INFPは、ESTPのように生きて機能するように期待されるのではなく、INFPとして発達するとき、より健全で幸せになるでしょう。

 
J-Pの選好は、外向(つまり外向き)の態度と行動の違いを記述します。

つまり、判断(J)タイプは判断を外向化するのが速いのに対して、知覚(P)タイプは判断を外向化するのが遅く、受け入れやすく適応性があるように見えます。

タイプ理論によれば、EJは外向的判断が最も早く、IJ、EP、IPがそれぞれ続きます。

EJの場合、彼女らの外向的判断機能(TeまたはFe)は機能スタック内の1番目にあり、IJの場合は2番目、EPの場合は3番目、IPの場合は4番目です。

実際には、これが意味することは、判断タイプは自身の判断を強く声に出して処理する傾向があるということです。

これは、SJより一般的に口頭の方法に傾いているNJタイプにとって特に当てはまります。

 
対照的に、知覚タイプは、そのFiまたはTiを使用して、自分の判断を内向きに処理することを好みます。

判断のスピードと程度は、人間関係上の課題や誤解につながる可能性があります。

ある時点で、知覚タイプは、判断タイプの相手の判断のスピード、強さ、または頻度に抗議する運命にあります。

知覚タイプにとって、判断タイプは、過度に批評的で、批判的で、独断的で、またはせっかちなように見えます。

たとえば、判断タイプの相手が「思い込みが激し」かったり、車内の「後部座席運転手」として機能しているように見えるときに、知覚タイプは苦労するかもしれません。

判断タイプは、過度に知覚タイプに対して支配的または批判的に見えるかもしれません。

 
知覚タイプがよく気付かないのは、判断タイプと同じくらい迅速に判断できるということです。

判断タイプと同じように内部判断を行うだけです。

Jタイプが外向化することを、Pタイプは内部で行います。

現実には、判断タイプは知覚タイプよりも批判的でも判断的でもありません。

唯一の違いは、判断プロセスが公開されているかどうかです。

 
より明るい話題に変えると、これは、判断タイプがリーダーシップの役割ではしばしば快適である理由です。

なぜなら、判断タイプは、判断を外向化する能力が、外界の指揮と組織化に役立つからです。

知覚タイプ、特にIPタイプは、判断タイプが自信を持って表明し、主張することができることをしばしば羨ましく思います。

判断タイプは知覚タイプよりも迅速に判断を外向化するので、判断の迅速性のために正確さを犠牲にして結論に飛ぶリスクを冒します。

これは特にEJタイプに当てはまります。

彼女らの判断の速度、強さ、および潜在的な不正確さは、他人を守勢に立たせる可能性を秘めています。

判断タイプは、知覚型、および同じ判断機能を共有しない他の判断タイプに対して不快感を感じる可能性が最も高いです。

例えば、ETJとITJは、Teを彼女らの優先的な外向的判断機能として共有しているため、お互いに不快感を与えるようなことはあまりありません。

しかし、TPタイプはTeの判断よりもFeの判断を優先するので、ETJはTPタイプに不快感を感じる可能性があります。

したがって、重要なことは判断のスピードと強さだけでなく、判断の種類(思考や感情)もです。

 
これは魅力と相性においても役割を果たします。

例えば、TJタイプは、FJタイプのより感情的な判断を扱うのに苦労するかもしれませんが、FJタイプはTJの判断の非人格的な性質を嫌うかもしれません。

判断タイプがペアになると、強烈で熱くなる議論の可能性が十分にあります。

いずれの当事者も自分の判断を内に留めておく傾向がないので、ドアは意見の相違、防御に対して開かれており、お互いの感情を傷つけます。

知覚タイプの場合、これは悪夢のように聞こえるかもしれませんが、これは彼女らは可能な限り直接衝突を回避しようとするためです。

しかしオープンに物事を外向化することには明確な利点があります。

判断タイプのペアにとって、成功した関係とは、不一致を回避することを意味するのではなく、敬意を持って非防衛的にコミュニケーションを学ぶことを意味します。

 
知覚タイプは、判断を表現するのが遅いという点で、独自の人間関係上の問題を抱えています。

知覚タイプは、懸念を十分な声に出すことなく、相手に怒りや嫌悪感を抱かせるリスクを冒します。

たとえ無意識であっても、彼女らはすべてがうまくいっているかのように、彼女らは自分のパートナーから内面的に身を守るかもしれません。

彼女ら自身を直接表現するのではなく、受動的積極行動を起こす場合があります。

判断タイプが攻撃的または傲慢になるリスクを負う一方で、知覚タイプは欺瞞性と共依存性が高まるリスクを負います。

 
知覚タイプ同士の人間関係は、非効率的なコミュニケーションのため特に危険です。

IP-EPペアの場合、EPは機能スタックの4番目ではなく3番目に外向的判断機能があるため、判断タイプの役割を引き継ぐことになります。

これは、EPにとって実行可能な良いことであり、彼女らに第三機能を使用して開発させることを促しますが、それは知覚タイプとしての好ましい動作モードを邪魔することもあります。

内向的タイプのJ-Pの関係性のダイナミクスを考えるときには、やや難解です。

これは、内向的タイプのdominant functionの性質が実際には彼女らのJ-Pタイプの反対であるという事実によるものです。

すなわち、IJタイプのdominant function(NiまたはSi)は知覚機能であり、IPタイプのdominant function(FiまたはTi)は判断機能です。

このため、私はIJを「innner P」と、IPを「innner J」と考えています。(これは、IJが自分自身をIP、IPが自分自身をIJと誤って考える理由を説明するためのものです)

これは、関係性にとって何を意味するのかは、IPタイプは、その「innner J」のために、実際にはIJよりも特定のことについて強い意見を持っているかもしれないということです。

次に、IPタイプが自分の意見を外向化するか、単にIJの強力な「outer J」に従うかどうかという重要な質問があります。

 
最終的に、判断タイプと知覚タイプはお互いに良い関係性上の教訓を学ぶことができます。

判断タイプは、過度の恐怖や心配なしに直接的な自己表現のオープンで正直なコミュニケーションの価値を知覚タイプに教えることができます。

知覚タイプは、外向的判断を下す前に、十分な情報を待つことの忍耐力、穏やかさ、効果的な聞き取りの価値を例示することができます。

Posted by melancoly