感覚・直観・感情・思考 byCT

Judgment(判断)とPerception(知覚)

私たちの意識は、反対のプロセス間のこの決して解決しない緊張のために、静的ではなく、継続的です。

この緊張が解消すると、意識のアルゴリズムは中止されますが、解決されないままになると、精神はデータのabsorption(吸収)と processing(処理)の間の継続的な課題になります。

精神は、各コンポーネント(構成部分)を分類することによってすべての受信情報を解決することを目指していますが、精神に入るデータが無限に流入するため、これを達成できません。

しかし、同じようにこれは動作するためにデータの導入に依存しています。

それは識別するための情報なしには目的を持たないからです。

精神は、もはやそれがプロセスを中止できるとして、知覚を止めることはできません。
たとえ動作が意識的な意識の外で行われているとしてもです。
“感覚・直観・感情・思考 byCT” の続きを読む

創造的人生:NPタイプの洞察力

MBTIマニュアルによれば、創造性は直観(N)との関連性が最も強く、程度は多少低くなりますが知覚(P)とも強く相関します。

これは、NP(すなわち、INTP、INFP、ENTP、およびENFP)が平均してすべてのタイプの中で最も創造的であることを示唆しています。

これは、NPがdominant functionまたはauxiliary functionとして外向的直観(Ne)を使用することを考えれば、驚くべきことではありません。

Neは「ブレーンストーミング」機能であり、Wikipediaが「可能な限り多くのソリューションを検討して創造的なアイデアを生み出すための思考プロセスや方法」として定義されている発散的思考と同義語と見なすことができます。

それにもかかわらず、一部のNPは、特に生涯の早い段階で、創造的な可能性を認識することに失敗する場合があります。

これは、伝統的な創造的芸術形式ではなく、哲学的または技術的に創造性を表現することを好むかもしれないNTPにとって特に当てはまるかもしれません。

NPは、彼女らの生得的な創造性だけでなく、創造性の必要性を認識できないかもしれません。
“創造的人生:NPタイプの洞察力” の続きを読む

ENFPの適職とキャリア

ENFPは、自分が情熱を注ぐキャリアを見つけたいと考えています。

平凡な職業選択に決定することは、このパーソナリティタイプにとって容認できないようです。

INFPの求職者と同じように、金銭はENFPにとっての強い動機にはなりません。

ENFPは一般的に物的快適性や財産にほとんど関心がありません。

彼女らはむしろ、豊かで不満足な仕事をするよりも、好きなことをして粗末な家に住みます。

ENFPの大学生は、幅広い関心と能力を満たすことができる大学の専攻を特定するのに苦労するかもしれません。

ENTPの求職者と同様に、ENFPの関心の幅広く広範な性質は、彼女らのdominant function 外向的直観(Ne)から生じます。

内向的直観(Ni)は、与えられた対象にもっと深く入りたいという欲求に関連している可能性がありますが、Neはより広がりを見せる傾向があります。
“ENFPの適職とキャリア” の続きを読む

INTJの適職とキャリア

INTJのパーソナリティタイプは、自身の独特な才覚と能力を利用できるキャリアを求めています。

平凡で普通な仕事に就くことは、このタイプの選択肢にはありません。

幸いにも、INTJの求職者には、多くの優れたキャリア選択肢が用意されています。

彼女らは、科学者、エンジニア、学者、コンピュータシステムのアナリスト、弁護士、建築家などとして働くかもしれません。

INTJは変化の主体者または改革者の役割として優れている傾向があります。

彼女らの内向的直観(Ni)は、壮大なビジョンを定式化するのに熟練していますが、彼女らの外向的思考(Te)は実施計画を立てています。

変化と改革のための彼女らの駆動は、政治からビジネス、教育などあらゆる分野のoutlet(出口)を見つけるかもしれません。
“INTJの適職とキャリア” の続きを読む

INTPの適職とキャリア

ENTPの求職者にとってしばしば当てはまるように、INTPにとって満足のいくキャリアへの道は、困難で険しいものになる可能性があります。

INTPは、キャリアに定着する前に、自分自身と世界での彼女らの場所を理解しなければならないと感じています。

これには、自分の強みだけでなく、個人的な興味や価値観の認識も含まれます。

彼女らがしたいことを正確に見極めることは、INTPにとってイライラさせる出来事であり、多大な時間と実証を必要とします。

そのニッチが完全に明瞭に現れるには、何十年も、何十年もかかることがあります。

このため、高等学校から「理想的」な大学を選択することは、おそらく多くのINTPにとって非現実的です。

彼女らの堅固な個人主義のために、INTPは伝統的なキャリアの選択肢に満足を見つけるのに苦労するかもしれません。
“INTPの適職とキャリア” の続きを読む

内向型にとっての創造的な仕事

内向型はただの仕事やキャリアを望んでいません。

彼女らは、愛している何かをしたい、情熱的に思う何かをしたいと思っています。

彼女らは、「すべく生まれた」ことをして、創造的な才能や能力によって個人的な達成をもたらすことや、それらを公共の利益に貢献する方法で使用したいと考えています。

特に、人生の前半では、内向型は、世界に提供すべきものを正確に発見することに最も関心をよせています。

彼女らは真正な行動の前提条件として自己認識を見ています。

十分な自分自身の地図がなければ、彼女らは喪失したり無意味だと感じます。

彼女らにとって、外部の状況は、自己理解と自己指向よりもはるかに重要ではありません。

彼女らは、自分が何者で、何をすべきかという感覚を持っていれば、どこでも幸せになれると感じています。

あなたがすでに知っているように、内向型はより特定のパーソナリティタイプに分類することができます。
“内向型にとっての創造的な仕事” の続きを読む

内向型 vs. 外向型 適職とキャリア

内向型(introvert)は内向きで知られています。

ユングは彼女らを、内向に(「intro」)彼女らの注意を向ける(vert)傾向があると特徴づけました。

ユングによると、この内向きの焦点は、自己の性質を内省する内部集中的な興味の発展につながります。

対照的に、外向型(evxtrovert)は、彼女らの周りの世界を内省し、それと結びつける関係性を発展させ、彼女らの注意とエネルギーを外向きに向けることを好みます。

内向型は、自己知識の探求者として特徴付けられ、外向型は外的知識の探求者として特徴づけられます。

ユング自身が素早く指摘したように、これは鉄則ではありませんが、一般的なパーソナリティのパターンや傾向を語ります。

結局のところ、内気な内的者でさえも他の人たちとやりとりしなければならない時や、群居する外向型が自分の人生を内省するために休止しなければならない時があります。

ユングは内向型が何らかの形で外向型に変わる(あるいはその逆)という考えを拒否したようですが、彼は時間と成長がパーソナリティのバランスを生み出すと信じていました。
“内向型 vs. 外向型 適職とキャリア” の続きを読む

INFJの適職とキャリア

INFJは人々に習熟しており、他の人がその問題を解決するのを助けます。

INFJは、多くの場合、教師、聖職者、カウンセリング、他の人を指導し、支援するためのキャリア選択に取り組んでいます。

INTJの求職者のように、INFJは必ずしもリーダーシップの立場を取ることに反対していません。

彼女らの主な規定は、理想に合致する目的に向かって努力しているということです。

このため、非営利の仕事に引き寄せられ、しばしばリーダーシップのポジションに上がり、ビジョンの遂行、助成金申請書の作成、マーケティング、雇用など、あらゆることを少しでも行います。
“INFJの適職とキャリア” の続きを読む

INFPの適職とキャリア

INFPは単なる仕事やキャリアを望んでいません。

INFPは彼女らが愛している何かをしたいと思っています。

彼女らは、個人的な達成をもたらし、より大きな利益に貢献する方法で創造的な才能と能力を使用したいと考えています。

適切なキャリア選択のための探求は、INFPのアイデンティティの探求から離れることはできません。

キャリアパスに入る前に、INFPは自分が何者であるか、そして彼女らが働く世界の構造のどこに合っているかを知りたい。

彼女らは、自身の独特な能力を活用し、その価値観と合致し、彼女らの駆動と情熱を発させるキャリアを求めています。

ほとんどの雇用者が一貫して彼女らに(そのような)影響を与えないので、INFPはしばしば不穏さと不満を感じることになります。

大学の学位を持っている人でも、長期的なキャリアの満足を見つけるのに苦労するかもしれません。

INFPの価値は個人的で個別的なものです。
“INFPの適職とキャリア” の続きを読む

ホランドコード(RIASEC)職業興味&MBTI

ホランドのコード/図は、利用可能な最も有用なキャリア・テスト/ツールの1つです。

これには、John HollandとStrong Interest Inventoryによって記述された6つのテーマが含まれます。

これらは、現実的(R)、研究的(I)、芸術的(A)、社会的(S)、企業的(E)、慣習的(C)、または「RIASEC」に要約される領域を伴います。

あなたの好みの興味領域を特定した後、これらの文字をMyers-Briggsパーソナリティタイプと同様に組み合わせて、複数の文字「ホランドコード」(AIS、SIA、IRAなど)を作成できます。

これは個人が自身の最高のキャリアマッチを認識するのを助けることができます。
“ホランドコード(RIASEC)職業興味&MBTI” の続きを読む