ENTJ型の性格 byPJ

ENTJはリーダーに生まれたタイプです。

彼女らは直接的で、主張的であり、そして抑制されていません。

「タイプA」パーソナリティの概念を呼び起こすように、物事が予想される計画や時間枠に従って展開されない場合、彼女らは不満を持ち、辛抱することがあります。

ENTJの存在下で、他の人たちは、彼女らがどこか急いでいると感じるかもしれません、ENTJは彼女らに「追いかけて欲しい」と望んでいます。

ENTJは、ESTJと同様に、頑なで、直接的で、外向きに意見を述べています。

時々、彼女らは、過酷で、そっけなく、または非情と見なされるかもしれません。

外側の自信と存在感があるにもかかわらず、彼女らは全体的に他のタイプよりも内的に安定でも確信があるわけではありません。

実際には、内部の判断機能(Fi)がinferior functionであため、内部コントロールが比較的少ないと感じることがあります。

内部統制が見つからない場合、外部の秩序と制御を達成することで内部の平穏と安全をもたらすことを期待して、彼女らは必然的にその焦点を外向きに変えます。

もちろん、外界をコントロールすることはめったに簡単なことではなく、不安や過覚醒に対するENTJの傾向に寄与します。

ENFJと違って、ENTJは、外向的感情によって与えられた対人的な恩恵への容易なアクセスを享受していません。

代わりに、彼女らは自分のauxiliary function 内向的直観(Ni)によって、ユーモアのセンスに頼って、自分自身を他人に対して夢中にします。

ENTJは素晴らしいショーマンやストーリーテラー(語り手)になることができます。

紛争や論争(彼女らは実際には鋭いか挑発的なものと見なされるのが好きなのですが)に邪魔されずに、可能性の限界を超えることを好みます。

ENTJは、時が来ればかなり面白いかもしれませんが、全体としては、人生へのアプローチにおいてはかなり深刻です。
彼女らのdominant function 外向的思考(Te)は、強い研究指向を与えます。

彼女らはすぐに深く探究するので、世界とその活動に秩序、合理性、効率を課すことを目指します。

したがって、INTJのように、ENTJはしばしば科学に引き込まれ、あるいは少なくとも標準化された方法の価値を認識することができます。
“ENTJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ENTP型の性格 byPJ

直観的探求者

ENTPタイプは、16タイプのうちの1つです。

ENTPは多才で、心が広く、落ち着きがありません。

簡単に退屈し、彼女らは常に新しいアイデアや可能性を探し求めています。

新規性に対する彼女らの飽くなき渇望のため、彼女らの関心は無限に見えます。

ENFPにも当てはまるように、ENTPの精神は熱狂的なペースで動き、落ち着きのなさ、不安定さ、不安定な睡眠パターンに寄与します。

彼女らは常に新しい可能性を探っているだけでなく、新しいアイデアやアソシエーション(連想)を生み出しています。

さらに、ENTPは、自分のアイデアを他の人と分かち合い、交換するのを楽しみます。

彼女らの心がさまざまな方向でどのように描かれているかを考えてみると、ENTPは不安定で散在しているように思えますし、正しいか誤りか、ADDやADHDとよく診断されることもあります。

ENTJやdominant functionに判断機能を持つ他のタイプとは異なり、ENTPは(dominant functionが知覚機能であるため)受容する情報を注意深くスクリーニング(ふるい分け)したり、フィルタリングしません。

アイデアを吸収するために、あらゆるタイプの中で最も開かれた心の持ち主です。

しかし、単に新しい情報に対して透過性がある(受け入れやすい)という理由だけでは、それが真実であると迅速に受け入れることはできません。

ENTPは時間の経過とともにアイデアを摂取するので、世界と人間の本質についての独自の理論を、いくらか受動的にしても徐々に発展させます。

これらの理論が従来の考え方と一致していない場合(多くの場合そうでしょう)、彼女らはますます懐疑的になり、過半数の見解を批判するようになります。

ENTPは外向型としての地位にもかかわらず、彼女らの懐疑主義と非観念的思考に関してINTx型に似ています。

彼女らのdominant function 外向的直観(Ne)に夢中になると、ENTPは内部集中的でも議題に主導されるわけでもありません。
(彼女らの唯一の議題は退屈を避けることかもしれません)

したがって、彼女らは意識的に動かされたり、INTPのように真実を打ち砕くことに執着したりすることはありません。
“ENTP型の性格 byPJ” の続きを読む

内向的直観・INJタイプ byPJ

すべての内向型と同様に、INFJとINTJの最初の機能(dominant function)は内向的なものです。

彼女らは、アイデア、見通し、理論、ビジョン、物語、シンボル(象徴)、そしてメタファ(隠喩)を使って巧みに楽しみます。
彼女らのdominant functionである内向的直観(Ni)は、この内部の劇場の真の基盤となります。

この記事では、INFJとINTJの内向的直観の内部動作と兆候を探ります。

Niは知覚機能であるため、INxJはしばしばその動作が苦労を要しないように感じられると報告しています。
INxJが「考える」必要性を表現するとき、これは他のタイプのものとは非常に異なるものを意味します。

つまり、INxJの「思考」や認知的処理のシェアは自覚している意識の外に起こります。
彼女らの最高の思考は、少なくとも意識的に考えるのではなく、典型的には考えずに行われます。

INxJにとっては、問題の「決定を翌日にする」というのは、解決策への道のりが確実だということです。

それは無意識のうちに多くの作業を行うので、Niはそれに関してある種の魔法的な品質を持つように見えます。

実際、INxJがある程度の超能力的または預言的能力を持つと見なされることは珍しいことではありません。
魔法のような外観にもかかわらず、Niは合理的に理解することができます。

起こっていると思われることは、多くのINxJが、他のパーソナリティタイプが欠けているような繊細さを含む、外界からの豊富な量の感覚情報を収集する非常に敏感なinferior functionの外向的感覚(Se)です。
“内向的直観・INJタイプ byPJ” の続きを読む

8つの認知機能の概観 byPJ

ユングによると、感覚、直観、思考、感情は内向き(「内向型」)と外向き(「外向型」)に向けられることができます。

内向型の場合、これらの機能の大部分は隠され、他人には観察できません。

外向型の場合、これらの機能は外側から容易に観察できます。

以下が8つの機能のリストです。

Introverted Sensing (Si) 内向的感情
Introverted Intuition (Ni) 内向的直観
Introverted Thinking (Ti) 内向的思考
Introverted Feeling (Fi) 内向的感情

Extraverted Sensing (Se) 外向的感覚
Extraverted Intuition (Ne) 外向的直観
Extraverted Thinking (Te) 外向的思考
Extraverted Feeling (Fe) 外向的感情

内向的機能(Si, Ni, Ti, Fi)&外向的機能(Se, Ne, Te, Fe)

外向型パーソナリティータイプには共通した性質があるのと同様に、外向的機能にも共通した性質があります。
それらの最初で最も明白な共通点は、外向きであるということです。

それらはまた、内向的機能と比較して、その範囲が特徴的に広いです。
(外向型は内向型でよりも、社交的で拡張的であるのと同じように)

対照的に、内向的機能は、範囲が狭いです。
(内向型は外向型よりも狭い、あるいはより集中した興味を持ち、活動を行う傾向があるように)

しかし、内向的な機能がどれほど拡張性に欠けていても、深みを補完します。

外向的機能
・外向き(他人から観察できる)
・範囲が広い;拡張的

内向的機能
・内向き(他人から隠されている)
・範囲が狭い;深く集中的
“8つの認知機能の概観 byPJ” の続きを読む

ISTJ型の性格 byPJ

一般人口の10%以上を占めると考えられているISTJは、INTJを10対1の割合で上回る、パーソナリティータイプの中で最も一般的に遭遇するタイプです。

ISTJは、最も誠実で、忠実で、その種の責任を負います。

彼女らは誠実な友人や仲間を作り、彼女らの献身、不断の堅実さ、そして忍耐に感心しています。

もしESxPタイプが16タイプの中のノウサギであれば、ISTJはカメです。

仕事が終わるまで、彼女らはゆっくりと着実に働き、道に沿ってすべての細部に注意深く携わっています。

ISTJを理解するためには、過去の方法を踏襲することを促す内向的感覚(Si)である彼女らのdominant functionをまず理解しなければなりません。

彼女らのSiの特性は、David Keirseyに彼女らを「保護者」と正しく表現するように導きました。

ISTJは伝統や慣習を守り、保護します。
特に、個人的な経験や親しみを持っている人を、です。(例:子供時代の宗教)

ISFJと同じく、ISTJは日常的で親しみあるものに愛着を感じるよう成長します。

より頻繁に彼女らは特定の方法で何かをするほど、そのパターンから脱するのが困難になります。

これは、彼女らの行動習慣に適用されるだけでなく、彼女らの信念と世界観にも適用されます。
多くのISTJは、彼女らが育てられた同じ信念体系にとどまっているためです。

ISTJは時には頑固なタイプや厄介なタイプと見なされますが、実際には通常認識されているよりも寛容なタイプです。
Siは知覚機能であるため、第1のpreference(好み)は、態度を制御するのではなく受け入ることと考えられます。

残念ながら、これはしばしばSiが方向に内向きであるために気づかれにくくなっています。

これは、ISTJがauxiliary function Teをよりよく呼び出すような仕事環境で特に当てはまります。

しかし、職場から離れると、ほとんどのISTJはゆったりとしたやり方を知っています。
ESTJがより困難であると感じる時間です。

要するに、ISTJは、時には描かれているよりもはるかに厳格とは遠く、制御(特に内向き)されています。

同じdominant functionとinferior functionを共有する点で、ISTJはISFJと共通しています。
しかし、それらのauxiliary functionは大きな違いをもたらします。

ISFJは外向的感情(Fe)をauxiliary functionとして使用し、社会的および感情的知性を多いに与えます。

また、ISTJは社会的品位の程度が不足しているかもしれませんが、彼女らのauxiliary function 外向的思考(Te)は、より強力なロジック(理論)と戦術的知能に寄与します。
“ISTJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ISTP型の性格 byPJ

ISTPは16パーソナリティタイプの1つです。

いくつかの推定では、ISTPが一般人口のわずか5%にすぎないと示唆していますが、ある研究と経験によれば、このタイプはもっと一般的で、おそらく8%と高いことが示唆されています。

男性のISTPは、3対1でISTPの女性を上回ると考えられています。

INTPと同様に、ISTPのdominant functionは、高いレベルの取り組み、自己規律、集中、独立性、思考の強さに関連するIntroverted Thinking(Ti)(内向的思考)です。

ISTPは真剣に人生を取り、その内的ロジックを使用して最適なナビゲート方法を識別します。

彼女らは、例えば、特定のスポーツのパフォーマンスを最大化するために自分の個人的な方法を試すためにTiを使用するかもしれません。

彼女らは実践的な問題を解決するか、機能を最適化するためにTiを使うのが大好きです。

独立性、自己指向性、競争心のために、ISTPは、彼女らが心に留めているほとんどの何でも優れているかもしれません。

ISTPの思考はその方向性が内向き(Ti)であるため、多くの場合、外部から気づかれなくなります。
他の人が見ているのは、ISTPの行動(Se)や人との関わり(Fe)に関するものです。

ISTPの外向的感情(Fe)は、外見上の驚くほどの豊かさと親しみをもたらすことができます。
ISTPは、しばしば誠実で純粋で親しみやすいものとして存在します。

彼女らのFeは、他の人が爽やかに感じるような、ある種の子供のような無邪気さを与えます。

TiもSeも高度な言語機能ではないので、ISTPは口数が少ない人である可能性があります。
彼女らの関係は、広範な会話ではなく、共通の関心や活動の周りに構築されることが多です。

しかし、ステータスと評判がSeとFeにとって重要なので、ISTPは職場や公共の場所では自宅にいるよりも、はるかにおしゃべりかもしれません。

公共の場にいる場合、彼女らは楽しげで、社交的かもしれません。
“ISTP型の性格 byPJ” の続きを読む

ISFP型の性格 byPJ

ISFPのパーソナリティータイプは16タイプのうちの1つです。

ISFPは一般人口の約8〜9%を構成し、より一般的に遭遇するタイプの1つです。

ISFPは、愛する人、養育者、保護者です。

彼女らは時間を費やし、友人や愛する人と一緒に思い出を作ることから大きな喜びを経験します。

彼女らは、INFPと同様に、彼女らのdominant functionである内向的感情(Introverted Feeling(Fi))によって、自分自身を助けることができない人々に惹かれているため、子供や動物に特に好意を持っています。

ISFPは愛する人に対し深い感情的な愛着を形成し、強い忠誠心と献身の感覚に貢献します。

ISFPは一般的に、Fiをより現実的かつ具体的な方法で適用することに比べると、大衆の福利(Feおよび/または直観タイプの関心)に集中していません。

INFPとISFPの両方は、不正と非人間化(人間性の抹殺)に敏感です(Fi)。

認識された不公正がINFPに詩や小説を書くよう(Fi‐Ne)動機づけるかもしれませんが、ISFPは行動と実践的援助(Se)でより反応しやすいです。

たとえば、あるISFPはホームレスに食糧やその他の物資を提供するかもしれません。

ESFPと同様に、ISFPはしばしばファッションや美学に対し高い趣味の良さを示すと同時に高い関心を示します。

彼女らはしばしば身体的に魅力的で、よく手入れされ、流行に通じることを楽しみます。

対照的に、INFPは、しばしば「earthy(洗練されていない)」としてよく記述されており、身体的外見(容貌)を強化し、飾り付け、または深く注意することにはあまり関心がありません。

したがって、ISFPとINFPは、しばしば身体的外見を単に観察することによって、むしろ素早くに区別することができます。

ISTPのように、ISFPは一般的に印象的な運動感覚知能を示します。

彼女らはしばしば運動能力があり、優れた器用さと運動神経を備えています。

高レベルの精神的エネルギーを示すINFPとは対照的に、ISFPはより多くの物理的エネルギーとスタミナを持っています。

INFPはNeを使って新しいアイデアを探求し、製作していますが、ISFPは手や体などの感覚を使って物理世界を探検し、ナビゲートします。

他のIPタイプと同様に、ISFPはとても独立的であり、自発的に動機づけられています。
彼女らの価値観(Fi)によって、パフォーマンス面で優れることの欲求(Se)と同様に、彼女らは熱心に真剣に自分自身に対して動機づけることができます。

しかし、実践的な活動が好まれているため、学界で成果を上げていないものもあります。

他の感覚型にも当てはまるように、あまりに長い間抽象的な事柄を扱わなければならないことは、ISFPにエネルギーを流出させる可能性があります。

ISFPは、多くの場合、より楽観的であり、INFPよりも生活に満足しやすいように見えます。

INFPにはしばしば、うつ状態やうつ病になる傾向があり、彼女らが提供しなければならない「実際的でない」才覚(N)と無関係に思える世界では苦労しています。

対照的に、ISFPは従来のキャリアやライフスタイルにもっと容易に同化するようです。
“ISFP型の性格 byPJ” の続きを読む

INTJ型の性格 byPJ

INTJのパーソナリティタイプの強みは深い認識です。

あるいは「立案者」として知られているINTJは本質的に「全体像」に調和しており、すべてがどのように相互接続されているかを見ずにはいられません。

深いパターンと因果関係を知覚する彼女らの能力は、科学、数学、医学、または他のINTJのキャリアの卓越性を達成する多くの助けとなりました。

INTJは思考型に分類されていますが、そのdominant functionは直観、より具体的には内向的直観(Ni)です。

Niレンズを通して世界を見る際には、典型的な動作モードが印象主義としてよく説明されています。

彼女らの存在は、彼女ら自身を周りの世界の細部と共に気づくというよりは、彼女らの存在はより知的で、夢のようなものです。
これは、彼女ら自身の身体はもちろんのこと、彼女らを物理的な環境から疎遠に感じさせる場合があります。

INTJは他人の感情を比較的認識していないかもしれませんが、彼女らの「世俗性」はしばしば、奇妙な、厄介な、または没頭しがち、というようなラベルを得ることがあります。

他人は、INTJが「自分たちの世界に生きる」ように見えると感じています。

INTJは、自分の心と関心事項に没頭し、社会規範やその他の実用的な側面を忘れる可能性があります。
信じられないほど「学識があるタイプ」とはいえ、社会や「世渡り上手」に関しては、基準を満たしていないかもしれません。

彼女らの人生のいくつかの時点で、自身の人生が、他人の人生とどのように特徴的に異なるかに気付き始めます。

彼女らは、興味を持った社会性のないことや難解なことの性質について冗談を言っているかもしれません。

幸運なことに、インターネットでビデオゲームをするなど、他の人が非社会的活動と考えていることによって友情が大きく維持されるということでも、彼女らは通常、興味が重なる少数の友人を見つけます。

INTJの社会生活をさらに複雑にするのは、Extraverted Thinking(Te)を使うことです。
“INTJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ENFJ型の性格 byPJ

INFJのように、ENFJは人口の約2〜3%しか占めない16のタイプの中で最も希なものです。

ENFJは暖かく、魅力的で、カリスマ的で、説得力があり、話好きです。

これらのパーソナリティー特性は、社会的領域の王と女王の地位に寄与します。

ENFJは他の人との関係を素早く読んだり確立することができます。

ENFJは、人と社会的知性を愛することから、幅広い友人、知人、社会的ネットワークを構築しています。

彼女らはネットワークに関してとても優秀です。
ESxPタイプが幅広い感覚体験(Se)を求めるのと同様に、ENFJは人との関係や交流(Fe)を求めます。

INFJと同様に、ENFJは人の心を読むことに関しては優れており、感情、表現、ボディーランゲージを素早く評価し、反映しています。

これにより、ENFJは教育、カウンセリング、セールス、広報、その他のENFJのキャリアにおける効果、人々に対する洞察に貢献します。

ENFJは人生の早い段階で人々のスキルを発見します。

確かに、彼女らの自尊心と自己イメージは、大部分が彼女らの社会的能力のまわりで発達しています。

彼女らが遭遇してつながる新しい人が1人いる度、彼女らの自己概念と自己価値が強化されます。

時間が経つと、ENFJは徐々に他人に影響力を及ぼし説得する力を認識します。

ある時点で、彼女らは自身が望むものほぼ何でも得るために説得の力を使うことができることを理解しています。

その時点から、彼女らは自身の目標を達成するために彼女らの魅力とカリスマを使いたいと思う程度と闘わなければなりません。

彼女らは、「目的の達成は手段を正当化する」というアプローチを取って、トップへの道を操舵し、政治活動をすることができます。

あるいは、彼女らは素早い成功の誘惑を免れ、完全性を保つことができます。

「群衆を働かせる」、あるいは聴衆を魅了することは間違いなくENFJのために活気を与えていますが、人々と関わりたいという彼女らの願望は単なる表面上のものを超えています。

彼女らのauxiliary functionであるIntroverted Intuition(Ni)は、ESFJのカウンターパート(INFJ)ではあまり明らかでない程度の深さを追加します。
“ENFJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ISFJ型の性格 byPJ

INFJとは対照的に、ISFJはより一般的に遭遇するパーソナリティタイプであり、一般人口の8%以上を占めると考えられています。

ISFJを理解するためには、過去のやり方を保って守ることを強いる、彼女らのdominant functionであるIntroverted Sensing(Si)をまず考慮する必要があります。

他のSJタイプと同様に、彼女らは慣例を大事にし、親しみがあり、期待されます。

これがDavid Keirseyが彼女らを「保護者」と呼んだ理由です。

特定の方法(例えば、昼食のために特定の種類の食事をする)で何かをする頻度が高いほど、そのパターンから脱出するのが難しくなります。

彼女らの信念と世界観についても同じことが言えます。

大人として、ISFJはしばしば子供の頃の信念と世界観にとどまっています。
要するに、過去の先例に、行動的にも観念的にも大きく依存していることが分かります。

ISFJは、時には頑固な、あるいは神経質と見なされることもありますが、実際の評判よりも、実際にはもっと寛大です。

彼女らのdominant function(Si)は知覚機能であるため、制御的役割ではなく受容的役割を果たしているのは当然です。

残念なことに、これはしばしば、Siは内向きであるため、見知らぬ傍観者によって気づかれなくなります。

特に自由な時間には、ISFJはゆっくりと過ごす方法(ESFJにとっては辛い時間)を知っています。

同一の心理的機能の共有において、ISFJはESFJに似ています。

1つの違いは、ESFJはより暖かく魅力的な傾向がありますが、ISFJはもう少し控えめで、ウォーミングアップに時間がかかります。

これらの2つのタイプは、inferior functionの問題に関しても異なります。

ISFJのNeとESFJのTiが相対しています。
“ISFJ型の性格 byPJ” の続きを読む