無条件の愛

2018年6月10日

愛は価値判断です。

例えば、「私はストロベリーアイスクリームが好き」という表現は、特定の食べ物に対する強い好みを示します。

同様に、嫌いなどの愛情の反対語は負の評価を表します。

価値判断は、特定の条件または基準に基づいています。

しかし、私たちは常にこれらの条件の性質に関与しているわけではありません。

多くの場合、私たちは付随基準の完全な理解なしに判断を下します。

 
ストロベリーアイスクリームが好きということの発見は私たちにとって一つの好みですが、この結論に至った理由やを正確に判断するのは難しいです。

もし愛が価値判断であり、価値判断が特定の条件に基づいているならば、「無条件の愛」という概念はほぼ矛盾の複合語のようにみえます。

 
別の言い方をすれば、条件なしの愛は愛として正しく記述できる?

おそらく無条件の愛はまったく別のものです。

つまり、無条件の愛は、価値の評価よりも原理や主観的なレンズのようなものです。

それは、特定のタイプの態度または考え方を持った別の人にアプローチするという意識的な決定を伴います。

多くの点で、この態度は、愛する人にとって起こり得るあらゆる否定的な感情を無効にしたり、和らげたりする働きをします。

意識にあるのは、主に肯定的なもの、つまり、仲間への愛と感謝です。

さらに、無条件の愛は意識的な選択であるため、ほぼあらゆる状況下で維持可能と考えられています。

無条件の愛の潜在的利益

無条件の愛の潜在的な利点の1つはその堅実さです。

愛を与えたり、受けたりするのが良い気持ちであれば、なぜそれをいつも体験しないの?

無条件の愛の信頼性はまた、情熱や心酔が衰えている時を含め、困難な時期にカップルが一緒にいられるようにする可能性があります。

確かに、無条件の愛は、時の試練に耐える能力のために、より高いまたはより成熟した愛の形として歓迎されることがよくあります。

無条件の愛は、感情や情動よりもむしろ原理によって導かれることを好む人にとって特に魅力的であるかもしれません。

そのようなタイプ(しばしば思考(T)タイプ)は、自分の感情へのアクセスが制限されている可能性があり、したがって、彼女らの態度や行動に影響力を与えるための認知戦略を探します。

 
知覚(P)タイプは、判断(J)タイプよりも無条件の愛のために、より本質的に配線されているように見えます。

Jタイプのように外部の状況(またはパートナー)を変えようとするのではなく、Pタイプの本質的な傾向は自己適用です。

これには、困難な状況を調和させ、自己との適合性を高める、困難な状況を再考する方法の発見が含まれます。

同様に、無条件の愛は、状況にかかわらず、自分のパートナーに対して愛情のある態度を維持するために必要な自己調整が行われるという自己適応の一形態と見ることができます。

Pタイプと無条件愛への支持者の双方は、パートナーや外部の状況を変えようとする前に、内面的な態度を変える方法を模索する傾向があります。

無条件の愛の潜在的な弱点

先に示唆したように、無条件の愛は価値判断ではなく、むしろ判断を避ける手段(特に否定的なもの)であるため、自己矛盾した概念であると主張することができます。

これと他の理由から、特定の感情(F)タイプと判断(J)タイプは、他のタイプの愛とその崇拝に対して反対するかもしれません。

Fタイプ(特にF-dominant、例えばINFP)は、感情が最も重要かつ有効な判断の形態です。

したがって、Fタイプは、無条件の愛が、(他者の)主な決定または原理となっている場合、それが本当の愛かどうかを疑問に思うかもしれません。

 
彼女らはまた、もし原理的な愛が情熱的な愛につながるかどうか、どのようにつながるか疑問に思うかもしれません。

愛が強い感情に根ざしていない場合、情熱と恋愛がどのように存在するのでしょう?

さらに、Fタイプは、心の底では、無条件の愛は非人間的で無差別だと心配するかもしれません。

それは実際に無条件の愛であれば、パートナーの目にとって特別なものを区別するもの(基準)は何でしょう?

パートナーが他の人たちと同じように愛するのを止めさせるものは何でしょう?

このような観点から無条件の愛は、実際にはFタイプが、情熱的な愛よりも、真価を認めたり、信頼できるものでもないかもしれません。

 
自己適応のP(知覚タイプの)戦略を採用する代わりに、Jタイプは再調整の努力を外向きに向けます。

彼女らは自分自身を変えるよりも、外部的にも対人的にも起こることを変えようと努力しています。

Jタイプが何かに不満があるなら、あなたに知らせるでしょう。

Jタイプは、無条件の愛の自己適応的なアプローチを、人間関係上の問題に対する真の解決策よりも、対抗手段であると見なす傾向があります。

確かに、それはおそらく、概念を確立し、共依存への批判を伴うJタイプです。

 
共依存の個人は、人間関係上の問題に直接対処する代わりに、機能不全を受け入れるか、または容認する方法を継続的に見つける者です。

同様の方法で、無条件の愛は、関係上の問題を無視または回避する試みと見なすことができます。

Jタイプの観点からは、よりよい方法は、共同解決策に向けた努力の一環として、不満の表明を必要とするかもしれません。

したがって、特に外向的感情(Fe)タイプ(すなわち、FJタイプ)にとって最適な方法は、精神的事柄ではなく対人関係であると考えられます。

無条件の愛は人間関係の成長と発展を促進することはほとんどないと主張するかもしれません。

 
結局のところ、双方のパートナーが単に適応ベースの戦略を採用している(例えば、お互いを「より良く許容する」ことを学ぶなど)場合、実際には関係はどのように深まるでしょう?

Pタイプは、無条件の愛が寛容だけでなく、パートナーへの愛と称賛を高めることを示唆することによって、これに反論するかもしれません。

彼女はまた、無条件の愛を学ぶことが、より良い人となり、より良いパートナーになるということを支持するかもしれません。

したがって、対人関係のフォーラムで不満が常に解消されていなくても、パートナーは個人として成長し、より多くの幸せを関係性にもたらすことができます。

 
最後に、情熱の問題はTタイプとFタイプ、双方の関心事です。

他記事で説明したようにTタイプは情熱を体験できないのではありません。

実際、多くのTタイプは、Fタイプのように心情感情に対して強い影響を受けやすいのです。

しかし、彼女らは、長期的な恋愛関係で情熱的な気持ちを維持するのに苦労しているようです。

 
この場合3つの主要な選択肢があります

(1)関りを避ける

(2)関係における情熱の重要性を軽視する

(3)情熱を培う方法を模索する

 
これらのうち、選択肢(3)は明らかに最も困難であり、まれなTタイプだけが真剣にそれを長く追求します。

選択肢(1)は、明らかに多くの様々な形式で定期的に採用されています。

最後に、選択肢(2)を選択する人々はそれらの関係に、より原理的なアプローチ(例えば、「愛は決心」)を一般的に採用し、無条件の愛の実践を受け入れることを含むかもしれません。

最後に

以上を踏まえて私たちは、無条件の愛は、特に特定のタイプにとって万能薬ではない可能性があると結論づけるかもしれません。

無関心で無情に見える無条件の愛の要素がありますが、それはFタイプにとって不安定なことかもしれません。

より強烈な、斬新で興味深いロマンスを求めているTタイプでさえ、表向きは公平な無条件の愛の本質に苦慮するかもしれません。

 
とはいうものの、人生は「どちらか、あるいは」ではなく全体的であることを覚えておく必要があります。

このように、「生きている解決策」とは、条件的なものと無条件のものとの間を含む可能性が高いのです。

最高の愛は恩恵と寛大さを含んでいますが、期待や責任は伴いません。

さらに、人間関係上の困難となると、いくつかの問題は個人によってうまく解決されるかもしれませんが、他の問題は対人関係で最もうまく処理される可能性があります。

 
多くのことがそうであるように、思考(T)が感情(F)と結びついて判断する場所である微妙な中間は、本当の愛が最も繁栄しやすいところです。