INTPの子供の困難さ

INTP

INTPの子供達は、独創性、想像力、そして周りの世界の理解への無限の欲求で知られています。

彼女らは稀で、人口の約3%を占めています。

よって彼女らが、自身を理解したり、同じように物事を処理する他の人を見つけることは稀です。

他の子供が「なぜ」の段階を通過する一方、INTPの生涯は「なぜ」の周りを回っているようです。

 
私達はどうしてここにいるの?

なぜ人々は神を信じるの?

なぜ学校に行かなければならないの?

なぜ私たち自身で学ぶことができないの?

 
何よりも、INTPはその周辺のすべての性質と理論を理解したいと考えています。

この知識への欲求は、多くの場合ユニークで、未知の多数の理論的経路を導く直観によって加速されます。

誤解された好奇心

INTPの子供達は、独創性、想像力、そして彼女らの周りの世界の理解への無限の欲求で知られています。

彼女らは稀で、人口の約3%を占めています。

よって彼女らが、彼女らを理解したり、同じように物事を処理する他の人を見つけることは稀です。

すべての子供が「なぜ」の段階を通過する一方、INTPの生涯は「なぜ」の周りを回っているようです。

 
私達はどうしてここにいるの?

なぜ人々は神を信じるの?

なぜ学校に行かなければならないの?

なぜ私たち自身で学ぶことができないの?

 
何よりも、INTPはその周辺のすべての性質と理論を理解したいと考えています。

この知識への欲求は、多くの場合ユニークで、未知の多数の理論的経路を導く直観によって加速されます。

INTPは飽くことない好奇心を持ち、物事をそのまま受け取りません。

誰かが彼女らにルールを与えた場合、ルールが存在する理由とそのルールが論理に基づいているかどうかを知る必要があります。

彼女らはルールや論理よりも、慣習に基づいているようなものには懐疑的な傾向があります。

親や先生が 「私がそう言ったから」または 「それが今までの方法だから」という理由で彼女らに何かをするように言った場合、彼女らは確かにさらに説得力と論理的な訴えを準備される必要があります。

 
若いINTPの好奇心は、質問に答えることに疲れているか、単に答えを見つけ出すことに興味がない両親によって、しばしば押さえつけられます。

私は、質問をすることが制限されていた多くのINTPから聞いたことがありますが、彼女らは「子供は見て聞いてはいけません」と言われていました。

これは若いINTPにとって多くの不安とストレスとなるかもしれません。

なぜなら、彼女らが本質的に人として何であるかの大部分を抑えなければならないからです。

期待

INTPは、達成するために努力する強力な内部標準を持っています。

彼女らは論理的であり、公正であるように心がけ、自身の独立した関心を追求しています。

彼女らは、成績表に書いてあること、教師が彼女らの能力をどのように考えているかについてはほとんど気にしません。

このため、彼女らは慢性的な成績不足者のように見えるかもしれません。

 
親はしばしば彼女らが賢いと言うかもしれませんが、それは常に良い成績に変換されて表示されません。

INTPは反復と日常的な行いを嫌いますが、残念なことに、小学校時代の多くはその2つのことを中心にしています。

出来事の暗記、事実のリストを暗記することはほとんど面白くないので、多くの若いINTPは他のより魅力的なテーマに迷い込みます。

常識外で思考し、授業を挑戦的なものにする教師は、INTPの子供の好奇心を刺激することができます。これは、彼女らにとって非常に意欲的です。

彼女らは新しくて斬新なアイデアや精神的な課題に惹かれ、適切な動機があればうまくいくことができます。

しかしもし動機付けられなかったら、彼女らが自分以外の人に自分の適性を証明することを特に気にしないでしょう。

 
彼女らが標準化されたテストを受けてから、人々はいかに彼女らが聡明であるかを見ることができます。

MBTIマニュアルによれば彼女らは3番目に高いIQを持っています。

感情(Emotions)

若いINTPは、友人や家族の感情的な世界をナビゲートするのに苦労する傾向があります。

彼女らは感情の世界よりも論理の世界を好み、他者の感情的なニーズや感受性を理解することに苦慮します。

彼女らは意図せずに冷たく、直接的だと評価され、誰かの気持ちを傷つけたり、不快にさせたりしたときに、混乱したり、困惑したりするかもしれません。

INTPは普通の人と同様に人間関係を気にしますが、彼女らはinferiorである外向的感情(Fe)を持っているため、自分の気持ちをどのように言葉に入れるべきか分かりませんし、感情的な手がかりを読むことに苦慮します。

これは、彼女らが成長し、自身の気持ちを内に秘めることを決めたとき、自身にとって不安と混乱の源になる可能性があります。

 
これは、感情表現の欠如を「冷たい」と見なす、感情的で感情主義の親を挫折させる可能性があります。

それらの親は子供をより愛情深く、口頭で表現力豊かにしようとするかもしれません。

この場合、それに慣れていない若いINTPにとって、多くのストレスを引き起こす可能性があります。

多くの若いINTPはむしろ口頭での表現にすぐに反応しなければならないよりも、親の愛の承認を受け取ります。

彼女らは感情的な表示が行われたときに「質問で困らせている」と感じることがありますが、承認を受け取ったときに彼女らは自分の反応を考慮し、心配することなく個人的に感情を楽しむことができます。

制御的な環境

若いINTPは独立性と自律性を欲しており、制御環境に閉じ込められていると感じます。

彼女らはしばしば自転車に乗って町の遠方を探索するのが大好きです。

彼女らは一人で読書したり、音楽を聞いたり、絵を描いたり、創造したり、物事を分けたり、戻したりしています。

 
厳しいルールを持つ親や、過干渉な親は、彼女らに大きなストレスを与えます。

彼女らが自分の能力を証明するだけの時間や自由、あるいはチャンスを与えられなければ、彼女らは落ち込んで圧倒されます。

彼女ら自身の独立した関心を追求するため、毎日一人で時間を与えられ、自身のケアをする上での成熟と能力を証明する責任と機会が与えられることが重要です。

無頓着な親

制御的な親は若いINTPが対処するのに困難な一方、無頓着な両親も単に苦痛の原因になります。

INTPは通常、恐怖、不安、心配を表現することには消極的ですが、彼女らが恐怖等を持っていないわけではありません。

多くの両親は静かで控え目なINTPの性質を見て、問題があれば話すことを前提としています。

彼女らは自分の人生で忙しくなり、子供は背景に溶け込み始めます。

 
彼女らに、より率直な姉妹等がいる場合、若いINTPが感じないような定期的な脚光を浴びます。

両親がそれぞれの子供たちに注意を払うことは非常に重要です。

両親は自分自身を利用できるよう準備することによって、子供とのよりよい関係を促進することができます。

多くのINTPは車に乗ったり、音楽を聴いたり、両親と一緒にストレスなく行動することができます。

彼女らが話すことを決めるとき、両親が熱心で忍耐強く聞くことが重要であり、すぐに多くのアドバイスとおしゃべりを始めてはいけません。

両親が彼女らのために利用可能であることを証明し、理解し、受け入れることができれば、若いINTPは彼女らの懸念を分かち合い助言を求めることができるようになります。

最後に

若いINTPには膨大な能力と才能があります。

彼女らはしばしば知的で革新的で興味深いものです。

良い幼年期を持つことは、彼女らの多くのアイデアや興味を探求する上での強力な基盤となります。

Posted by melancoly