Ne-Siペア vs. Ni-Seペア

Elaine Schallockの先駆けである、より最近のタイプ理論の展開の1つは、「機能のペア」を考えることの重要性を含んでいます。

これは、対の枠組みに従って、すべてを理解するためのElaineの才覚に由来します。(ユングはこの点で同様の傾向を示しました)

彼女は機能は常に、機能スタックの中の補助的又は「反対の」機能と対になることを正しく観察しました。
その対は(Ti-Fe, Te-Fi, Ne-Si, Ni-Se,又はあなたのpreferenceに応じてFe-Ti, Fi-Te, Si-Ne, Se-Ni,となる)4つの機能のペアとなります。

機能のペアを理解することは、少なくとも3つの理由から重要です。

第一に、それらは、補足物のコントラストの光の中で、個々の機能の性質をより良く理解することを可能にします。

機能ペアを調べることは、さまざまなタイプの動機、興味、類似点、および相違点をよりよく理解するのにも役立ちます。

最後に、機能ペアを探索することは、私たちが見るように、タイプを理解するうえで重要なdominant functionとinferior functionのダイナミクス(力学)を理解するのに役立ちます。

そしてそれは我々が以下で分かるように、タイプだけでなくpreference(優先)機能と個人の成長への彼女らのそれぞれの経路を理解することにとってきわめて重要です。
“Ne-Siペア vs. Ni-Seペア” の続きを読む

Ni/Ne as Inferior Functions

私たちのinferior functionとの関係はかなり複雑です。

hogwashのような、類型論を非難する多くの人々は、人々が理論的なレベルで行動することを期待しています。(例えば、直感タイプは直感的なものとして行動すべきである)

このような期待は、現実の行動とは必ずしも一致しません。
(あるいは、人々が質問されたときに必然的に自分自身を記述することを選択する方法さえも!)

彼女らが理解していないことは、inferior functionの力学に根ざしたこの逆説的行動の合理的説明があるということです。

Inferior functionの同じ一般的な特性は、SeおよびSi(またはそのような機能のいずれか)に適用されるのと同じ方法で、inferior functionであるNeおよびNiに当然適用されます。

下位機能のグリップ(掌中)の一般的な特性には、過激主義、完璧主義、未熟や少女の理想化、怒り、強迫観念、高敏感性などが含まれます。

最悪の場合、グリップにある人々は、容易に怒りを買ったり、感情を損ねたりします。

最善の状態では、グリップの動作は、単にinferior functionに関連する活動に過度の関心があるだけで、必ずしも破壊的な行動につながるわけではありません。
“Ni/Ne as Inferior Functions” の続きを読む

内向的機能 vs. 外向的機能 

内向的機能(Ti、Ni、Si、Fi)は、個人の主観と関連付けることができます。

それらは自身の情報を集めるか、あるい外側ではなく内側を見ることによって決定を下します。

内向的機能は個人の内側に集中しているので、より内部集中的であると言えます。

外向的機能は、より広範かつ分散しています。

それらは何か1つのものや人に長い時間集中するのではなく、何か新しいものへ向かうことを好みます。

私たちは内向的機能を濃いインクの滴に、外向的機能をグラスの水に溶けた濃いインクの滴に例えることができます。

あるいは、私たちは内向的な機能を、ビッグバンの直前のような大きな重力効果を伴う物質の凝縮体に比喩するかもしれません。

外向的機能(Te、Ne、Se、Fe)は、実体間に大きなスペースがある拡張性と膨張性のある宇宙と比較されるかもしれません。

内向的機能が激しい収縮を伴うと考えられる場合、外向的機能は一定の拡大状態を伴います。

この記事では、内向的機能と外向的機能を比較して対比し、これらの内向きと外向きの特性がさまざまな機能にどのように適用されるかを調べます。
“内向的機能 vs. 外向的機能 ” の続きを読む

ESTJ型の性格 byPJ

ESTJは16のパーソナリティーの1つです。

一部の見積もりでは、ESTJが一般人口の8%以上を占めていることが示唆されていますが、ある研究と経験によれば、ESTPとISTJの両方よりも一般的ではありません。

ESTJは、忠実で勤勉であり、職務指向です。
「タイプA」の傾向を持つことが多く、予定された計画や時間枠にしたがって展開がしない場合、彼女らはやきもきし、不満を感じることがあります。

ESTJの存在下では、他人は彼女らが慌ただしいか急いでいるように感じることがあり、ESTJは他人に「追いかけて欲しい」と願っています。

ESTJはまた、堅固で、直接的であり、主張的です。
彼女らの言葉遣いは簡潔であり、要領を得ている傾向があります。

時々、他の人はそれらを厳しい、素っ気ない、または無神経とみなすかもしれません。
外側に自信を持って積極的に見えるにもかかわらず、彼女らは全体的に、他のタイプよりも内的に安全でも自信があるのでもありません。

実際には、内部の判断機能(Fi)がinferior functionであるため、内部コントロールが比較的少ないと感じることがあります。
内側のコントロールを見つけ出すことは難しいので、外側のコントロールを達成することで内的な安定と安全をもたらすことを期待して、彼女らは必然的に外向きに焦点を変えます。

もちろん、外界をコントロールすることは、決して小さい事ではなく、簡単ではありません、これは、落ち着かず、過度に用心深いESTJの傾向に寄与します。

ESTJは、すべてのタイプの中で最も「左脳的」で、比較的深刻な人々として典型的に描画されます。

ENTJ(そのauxiliary function Niは、すべての人に楽しみと娯楽を提供する上で長い道のりを歩むことができる)とは異なり、ESTJのSiは明るさやユーモアの面でほとんど役に立たない可能性があります。

ユーモアのより顕著な感覚を持つものは、一般的に、彼女らのtertiary function 外向的直観(Ne)であり、気の利いたまたは巧妙な発言をします。

彼女らの姉妹ISTJと同様、ESTJは過去(Si)を一目で把握する傾向があります。
彼女らは過去の方法、伝統、慣習を保護し、保存することを目的としています。
“ESTJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ESTP型の性格 byPJ

ESTPは、16のパーソナリティタイプの1つです。

一部の推定では、ESTPが一般人口のわずか4%を占めると示唆していますが、ある研究と経験によれば、7%(またはそれ以上)と見積もられます。

ESTPの男性は、2対1の割合で女性を上回ると考えられています。

ESFPにも当てはまるように、ESTPのパーソナリティーには、楽しく、活発で、魅力的なものがあります。

ESTPの思考機能はその方向に内向き(Ti)であるため、多くの場合、外部から気づかれなくなります。

他の人が見ているのは、行動(Se)または他人(Fe)に関わるESTPです。

彼女らのtertiary functionである外向的感情(Fe)は、外見上の豊かさと親しみやすさに貢献します。

ESTPは、通常、従来の、またはオシャレな衣類の外観を表示します。

彼女らのTiは機能性と実用性に関心がありますが、外向的感覚(Se)とFe機能は流行や人気に順応します。

社会的地位はしばしばESTPの最優先事項です。

彼女らのdominant function(Se)は知覚機能であるため、ESTPは当然世界を構造化したり制御したりするよりも、それを経験することにより関心があります。

外向型として、外の世界は刺激の主要な源として役立ちます。

これにより、ESTPはすべてのタイプの中で最も活動指向でタスク(職務)指向になります。

経験するべき仕事や何か目新しいものがなければ、彼女らはすぐに飽きて落ち着かなくなります。

十分な刺激があれば、ESTPは行動して素早く反応し、物事が起こり、物事が成就します。

彼女らは行動の「実行者」です。
“ESTP型の性格 byPJ” の続きを読む

ESFJ型の性格 byPJ

ESFJは16のパーソナリティータイプの1つです。

ESFJは、特に白人女性の間ではあまり一般的ではありません。

少なくともアメリカではESFPタイプの方がはるかに多くなっています。

ESFJは暖かく、魅力的で、思いやりがあり、誠実で、忠実で、勤勉です。

彼女らは仕事倫理、忍耐、献身、不断の堅実さによって賞賛されます。

彼女らは宣誓したことを実践しようと努力し、自身の約束と信念に迅速に従います。

Dominant functionが判断機能であるタイプとして、彼女らは仕事、家族、社会的役割をかなり真剣に受け止めています。

ENFJのように、ESFJは強力な対人関係のスキルを持ち、他者との親密な関係を素早く確立することができます。

彼女らは本質的に人々と自身の感情の読み手であり、人々に素早く関わることができるという特性を持ちます。

彼女らの社会的知性と人々への愛のために、彼女らはしばしば友人、知人、社会的関係の実質的なネットワークを持っています。

彼女らの人間関係のスキルは、営業担当者としての説得力と能力にも貢献します。

外見的に自信を持って積極的に見える一方で、ESFJは、他のタイプよりも、内心自分自身に自信がありません。

確かに、彼女らの内部の判断機能である内向的思考(Ti)がinferior functionであるため、ESFJは自身の内部統制が比較的小さいと感じるかもしれません。

内側のコントロールが見つからないことを知ると、外側のコントロールを達成することによって何らかの形で内部の落ち着きと安全がもたらされることを期待して、彼女らは必然的に外向きに焦点を変えます。
“ESFJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ESFP型の性格 byPJ

ESFPは16のパーソナリティータイプの1つです。

それは、一般的に出会うパーソナリティータイプで、特に女性の中で、一般人口の10%以上を占めるタイプです。

ISFPと同様に、ESFPはしばしば身体的に魅力的であると考えられています。

もちろん、これは部分的には、彼女らの外見上のパーソナリティー、および彼女らの外見を維持するための彼女らの関心に起因するかもしれません。

彼女らは流行や人気に順応し、それに応じて外観を変更しようとしています。

華やかさ、魅力、香水、ジュエリーはすべてESFPのレパートリーの一部です。

ESFPは必然的に自身の外見について上流気取りやナルシシズムであるということではありません。

むしろ、彼女らのdominant function 外向的感覚(Se)のために、彼女らは美しさ、スタイル、および美学に対して生来的な目を持っているようです。

彼女らの家は、しばしば美しくて上品な装飾が施されています。

何はともあれ、ESFPは感覚的、物質的、経験的な新奇性(Se)を追求する傾向があります。
これは、彼女らが現在の傾向(トレンド)や流行に追いつくのを楽しむ理由の一部です。

彼女らのSeは新しい刺激、新しい光景、音、味、そして経験に飢えています。
“ESFP型の性格 byPJ” の続きを読む

ENTJ型の性格 byPJ

ENTJはリーダーに生まれたタイプです。

彼女らは直接的で、主張的であり、そして抑制されていません。

「タイプA」パーソナリティの概念を呼び起こすように、物事が予想される計画や時間枠に従って展開されない場合、彼女らは不満を持ち、辛抱することがあります。

ENTJの存在下で、他の人たちは、彼女らがどこか急いでいると感じるかもしれません、ENTJは彼女らに「追いかけて欲しい」と望んでいます。

ENTJは、ESTJと同様に、頑なで、直接的で、外向きに意見を述べています。

時々、彼女らは、過酷で、そっけなく、または非情と見なされるかもしれません。

外側の自信と存在感があるにもかかわらず、彼女らは全体的に他のタイプよりも内的に安定でも確信があるわけではありません。

実際には、内部の判断機能(Fi)がinferior functionであため、内部コントロールが比較的少ないと感じることがあります。

内部統制が見つからない場合、外部の秩序と制御を達成することで内部の平穏と安全をもたらすことを期待して、彼女らは必然的にその焦点を外向きに変えます。

もちろん、外界をコントロールすることはめったに簡単なことではなく、不安や過覚醒に対するENTJの傾向に寄与します。

ENFJと違って、ENTJは、外向的感情によって与えられた対人的な恩恵への容易なアクセスを享受していません。

代わりに、彼女らは自分のauxiliary function 内向的直観(Ni)によって、ユーモアのセンスに頼って、自分自身を他人に対して夢中にします。

ENTJは素晴らしいショーマンやストーリーテラー(語り手)になることができます。

紛争や論争(彼女らは実際には鋭いか挑発的なものと見なされるのが好きなのですが)に邪魔されずに、可能性の限界を超えることを好みます。

ENTJは、時が来ればかなり面白いかもしれませんが、全体としては、人生へのアプローチにおいてはかなり深刻です。
彼女らのdominant function 外向的思考(Te)は、強い研究指向を与えます。

彼女らはすぐに深く探究するので、世界とその活動に秩序、合理性、効率を課すことを目指します。

したがって、INTJのように、ENTJはしばしば科学に引き込まれ、あるいは少なくとも標準化された方法の価値を認識することができます。
“ENTJ型の性格 byPJ” の続きを読む

ENTP型の性格 byPJ

直観的探求者

ENTPタイプは、16タイプのうちの1つです。

ENTPは多才で、心が広く、落ち着きがありません。

簡単に退屈し、彼女らは常に新しいアイデアや可能性を探し求めています。

新規性に対する彼女らの飽くなき渇望のため、彼女らの関心は無限に見えます。

ENFPにも当てはまるように、ENTPの精神は熱狂的なペースで動き、落ち着きのなさ、不安定さ、不安定な睡眠パターンに寄与します。

彼女らは常に新しい可能性を探っているだけでなく、新しいアイデアやアソシエーション(連想)を生み出しています。

さらに、ENTPは、自分のアイデアを他の人と分かち合い、交換するのを楽しみます。

彼女らの心がさまざまな方向でどのように描かれているかを考えてみると、ENTPは不安定で散在しているように思えますし、正しいか誤りか、ADDやADHDとよく診断されることもあります。

ENTJやdominant functionに判断機能を持つ他のタイプとは異なり、ENTPは(dominant functionが知覚機能であるため)受容する情報を注意深くスクリーニング(ふるい分け)したり、フィルタリングしません。

アイデアを吸収するために、あらゆるタイプの中で最も開かれた心の持ち主です。

しかし、単に新しい情報に対して透過性がある(受け入れやすい)という理由だけでは、それが真実であると迅速に受け入れることはできません。

ENTPは時間の経過とともにアイデアを摂取するので、世界と人間の本質についての独自の理論を、いくらか受動的にしても徐々に発展させます。

これらの理論が従来の考え方と一致していない場合(多くの場合そうでしょう)、彼女らはますます懐疑的になり、過半数の見解を批判するようになります。

ENTPは外向型としての地位にもかかわらず、彼女らの懐疑主義と非観念的思考に関してINTx型に似ています。

彼女らのdominant function 外向的直観(Ne)に夢中になると、ENTPは内部集中的でも議題に主導されるわけでもありません。
(彼女らの唯一の議題は退屈を避けることかもしれません)

したがって、彼女らは意識的に動かされたり、INTPのように真実を打ち砕くことに執着したりすることはありません。
“ENTP型の性格 byPJ” の続きを読む

ISTJ型の性格 byPJ

一般人口の10%以上を占めると考えられているISTJは、INTJを10対1の割合で上回る、パーソナリティータイプの中で最も一般的に遭遇するタイプです。

ISTJは、最も誠実で、忠実で、その種の責任を負います。

彼女らは誠実な友人や仲間を作り、彼女らの献身、不断の堅実さ、そして忍耐に感心しています。

もしESxPタイプが16タイプの中のノウサギであれば、ISTJはカメです。

仕事が終わるまで、彼女らはゆっくりと着実に働き、道に沿ってすべての細部に注意深く携わっています。

ISTJを理解するためには、過去の方法を踏襲することを促す内向的感覚(Si)である彼女らのdominant functionをまず理解しなければなりません。

彼女らのSiの特性は、David Keirseyに彼女らを「保護者」と正しく表現するように導きました。

ISTJは伝統や慣習を守り、保護します。
特に、個人的な経験や親しみを持っている人を、です。(例:子供時代の宗教)

ISFJと同じく、ISTJは日常的で親しみあるものに愛着を感じるよう成長します。

より頻繁に彼女らは特定の方法で何かをするほど、そのパターンから脱するのが困難になります。

これは、彼女らの行動習慣に適用されるだけでなく、彼女らの信念と世界観にも適用されます。
多くのISTJは、彼女らが育てられた同じ信念体系にとどまっているためです。

ISTJは時には頑固なタイプや厄介なタイプと見なされますが、実際には通常認識されているよりも寛容なタイプです。
Siは知覚機能であるため、第1のpreference(好み)は、態度を制御するのではなく受け入ることと考えられます。

残念ながら、これはしばしばSiが方向に内向きであるために気づかれにくくなっています。

これは、ISTJがauxiliary function Teをよりよく呼び出すような仕事環境で特に当てはまります。

しかし、職場から離れると、ほとんどのISTJはゆったりとしたやり方を知っています。
ESTJがより困難であると感じる時間です。

要するに、ISTJは、時には描かれているよりもはるかに厳格とは遠く、制御(特に内向き)されています。

同じdominant functionとinferior functionを共有する点で、ISTJはISFJと共通しています。
しかし、それらのauxiliary functionは大きな違いをもたらします。

ISFJは外向的感情(Fe)をauxiliary functionとして使用し、社会的および感情的知性を多いに与えます。

また、ISTJは社会的品位の程度が不足しているかもしれませんが、彼女らのauxiliary function 外向的思考(Te)は、より強力なロジック(理論)と戦術的知能に寄与します。
“ISTJ型の性格 byPJ” の続きを読む