Ne-Siペア vs. Ni-Seペア  byCT

探索プロセス(外向的知覚機能)が順行性(外向性)の抽象化(Ne)であり、世界観プロセス(内向的知覚機能)が反応的かつ具体化(Si)であるとき、情報合成に対する心理学的アプローチは多岐にわたります。

逆に、Se-Ni二元性は、直線性に向かう心理的アプローチを有します。

これらのプロセスを比率で比較すると、Ne-Siペアはより多くの接続を生成し、それぞれがより短い範囲を持ちますが、Se-Niはより少ない接続を生成し、より大きな範囲を保持します。

外向的知覚において、この複数の現象は、相互関連化の過程である抽象化が外側に向けられているときに必然的に生じます。

探索プロセスの動作を考慮すると、探索プロセスも抽象化プロセスであると(外向的知覚機能が直観であると)、より多くの接続がより迅速に連続して、短い範囲で形成される理由がわかります。

探索プロセスはリアルタイムであり、私たちに現実感を絶え間なく壊さずに、微小間隔で現実を吸収させ、常に新しい観察へ視線を移させるからです。
“Ne-Siペア vs. Ni-Seペア  byCT” の続きを読む

Inferior function(第4機能)

Inferior functionは、あまり知られておらず、あまり強調されていないパーソナリティタイプの題目です。

これは理解することが非常に難しいからではなく、機能と機能スタックの背景知識を必要とするためです。

ある程度、各機能(すなわち、dominant、auxiliary、tertiary、inferior function)は、それ自身の要求、欲求、および議題を有します。

それぞれは、全体的な精神的組織の中での主張があります。

民主的な政府が構成員の多様な声を統合しようとするのと同様に、それぞれのパーソナリティタイプは4つの機能の要求と要望を統合する方法を見つけなければなりません。

失われた機能、行方不明の機能、または抑圧された機能と呼ばれることがあるinferior functionは、4つの機能の中で最も無意識なので、アクセスして統合するのが最も困難です。

これは、深い地下、海底、または暗い森林に埋もれているものとして、「夢の中」と一般的に象徴される理由です。

その相対的無意識にもかかわらず、inferior functionを単に無視したりしりぞけたりすることは不可能です。
“Inferior function(第4機能)” の続きを読む

なぜタイプについて学ぶの?

パーソナリティの類型学はパーソナリティタイプの研究です。

さまざまな気質や性格のコンセプトは、ガレノスとプラトンの古代の書物と同じくらい早く、何千年も前から存在しています。

パーソナリティの16種類のタイプは、後にIsabel MyersとKatharine Briggs(すなわち、「Myers-Briggs」)によって開発され普及したユングの重要な作品に基づいています。

なぜタイプについて学ぶの?

新しいことを学ぶために時間を割く前に、それを行うメリットを考えるのは当然です。

ここでは、類型学を学ぶことの多くのメリットのいくつかがあります。
“なぜタイプについて学ぶの?” の続きを読む

機能スタック(Functional Stack)

タイプを構成する基本的な「成分」である選好(preference)と機能(functions)を導入しました。

私たちは自分自身をこれらの構成要素に習熟させて機能が結合し相互作用する「レシピ」を探求して、パーソナリティタイプの最終製品を提供することができます。

これを「機能スタック」と呼びます。

16タイプのユニークなパーソナリティタイプを提供するために組み合わせる2つの要素があります。

1)各タイプの機能スタックを構成する機能

2)それらの機能の階層配置

各タイプの機能スタックでの機能を決定する方法を検討する前に、まず機能スタックの階層的な順序付けを検討する必要があります。
“機能スタック(Functional Stack)” の続きを読む

知覚(P)と判断(J) in IP & IJ

彼女ら自身がINFJであると思うINFPや、自身がINTJであると思うINTPには不足しません。

一見すると、これらのタイプは非常に似ており、4つのpreference(優先)のうちの3つを共有していますが、実際には同じ機能を全く共有しません。

あなた自身を見てみましょう

INFP (Fi-Ne-Si-Te) vs. INFJ (Ni-Fe-Ti-Se)

INTP (Ti-Ne-Si-Fe) vs. INTJ (Ni-Te-Fi-Se)

INFPとINFJ、そしてINTPとINTJが共通の機能を持たないということは、程度が異なるだけではなく(例えば、「彼女は私よりももう少しJ」です)、タイプが違うことを意味します。

よって、INFPとINFJは「理想主義者」や、INTPやINTJを「合理主義者」としてある程度の類似性を示していますが、それらタイプはDavid Keirseyが認めようとしている人たちとはまったく異なっています。

私たちが見るように、IPタイプは多くの点で判断タイプ(J)に似ており、IJタイプは知覚タイプ(P)によく似ています。
IPの内面世界は、EJが外向きにどのように現れているかを映し出し、IJの内面はEPの外観に似ています。
“知覚(P)と判断(J) in IP & IJ” の続きを読む

INタイプが行動に困難する理由

内向+直観タイプ(IN)は一般に思慮深い(黙想的な)タイプに分類されますが、外向的感覚(Se)タイプは行動的タイプとして解釈されます。

INの行動への抵抗感は、キャリアや関係性などの問題に寄与する場合があります。

行動の一般的な困難さにもかかわらず、抵抗感の具体的・根本的な理由は、INFP/INTP、INFJ/INTJの間で多少異なります。
この記事の目的は、これらの違いを明らかにすることです。

具体的には、INJの困難さは、理想主義と完璧主義に大きく由来しているのに対して、INPの困難さは、優柔不断さに関連していることを示唆します。

ウィリアム・ジェイムズによれば、「信念は、要するに、行動のルール」です。

否定的な意味では、あなたが信じていることや奉ずることが分からないと、行動する能力が損なわれる可能性があることを示唆しているかもしれません。

信念や理想は、私たちを特定の方向に向けます。

それらには、代替手段の否定、他の方法に対する一方の方法への優先が含まれます。
“INタイプが行動に困難する理由” の続きを読む

Te-Fiペア vs. Ti-Feペア

Elaine Schallockの先駆けである、より最近のタイプ理論の発展の1つは、「機能のペア」を考えることの重要性を伴います。

これは、対の枠組みに基づいて、すべてを理解するためのElaineの才覚に由来します。(ユングはこの点で同様の傾向を示しています)

彼女は、機能は常に機能スタックの中の補助的又は「反対の」機能と対になることを正しく観察しました。

その対は(Ti-Fe, Te-Fi, Ne-Si, Ni-Se,又はあなたのpreferenceに応じてFe-Ti, Fi-Te, Si-Ne, Se-Ni,となる)4つの機能のペアとなります。

機能ペアを理解することは、少なくとも3つの理由から重要です。

第一に、それらは、補足物のコントラストの光の中で、各々の機能の性質をより詳しく理解することを可能とします。

機能ペアを調べることは、さまざまなタイプの動機、興味、類似点、および相違点をよりよく理解することにも役立ちます。

最後に、機能ペアを探索することは、私たちが見るように、タイプを理解するうえで重要なdominant functionとinferior functionのダイナミクス(力学)を理解するのに役立ちます。

そしてそれは私たちが以下で分かるように、タイプだけでなくpreference(優先)機能と個人の健全な成長への彼女らのそれぞれの軌跡を理解することにとって大変重要です。
“Te-Fiペア vs. Ti-Feペア” の続きを読む

Ne-Siペア vs. Ni-Seペア

Elaine Schallockの先駆けである、より最近のタイプ理論の展開の1つは、「機能のペア」を考えることの重要性を含んでいます。

これは、対の枠組みに従って、すべてを理解するためのElaineの才覚に由来します。(ユングはこの点で同様の傾向を示しました)

彼女は機能は常に、機能スタックの中の補助的又は「反対の」機能と対になることを正しく観察しました。
その対は(Ti-Fe, Te-Fi, Ne-Si, Ni-Se,又はあなたのpreferenceに応じてFe-Ti, Fi-Te, Si-Ne, Se-Ni,となる)4つの機能のペアとなります。

機能のペアを理解することは、少なくとも3つの理由から重要です。

第一に、それらは、補足物のコントラストの光の中で、個々の機能の性質をより良く理解することを可能にします。

機能ペアを調べることは、さまざまなタイプの動機、興味、類似点、および相違点をよりよく理解するのにも役立ちます。

最後に、機能ペアを探索することは、私たちが見るように、タイプを理解するうえで重要なdominant functionとinferior functionのダイナミクス(力学)を理解するのに役立ちます。

そしてそれは我々が以下で分かるように、タイプだけでなくpreference(優先)機能と個人の成長への彼女らのそれぞれの経路を理解することにとってきわめて重要です。
“Ne-Siペア vs. Ni-Seペア” の続きを読む

Ni/Ne as Inferior Functions

私たちのinferior functionとの関係はかなり複雑です。

Hogwashのような、類型論を非難する多くの人々は、人々が理論的なレベルで行動することを期待しています。(例えば、直観タイプは直観的なものとして行動すべきである)

このような期待は、現実の行動とは必ずしも一致しません。
(あるいは、人々が質問されたときに必然的に自分自身を記述することを選択する方法さえも!)

彼女らが理解していないことは、inferior functionの力学に根ざしたこの逆説的行動の合理的説明があるということです。

Inferior functionの同じ一般的な特性は、SeおよびSi(またはそのような機能のいずれか)に適用されるのと同じ方法で、inferior functionであるNeおよびNiに当然適用されます。

Inferiorのグリップ(掌中)の一般的な特性には、過激主義、完璧主義、未熟や少女の理想化、怒り、強迫観念、高敏感性などが含まれます。

最悪の場合、グリップにある人々は、容易に他者の怒りを買ったり、感情を損ねたりします。

最善の状態では、グリップの動作は、単にinferior functionに関連する活動に過度の関心があるだけで、必ずしも破壊的な行動につながるわけではありません。
“Ni/Ne as Inferior Functions” の続きを読む

内向的機能 vs. 外向的機能 

内向的機能(Ti、Ni、Si、Fi)は、個人の主観と関連付けることができます。

それらは自身の情報を集めるか、あるい外側ではなく内側を見ることによって決定を下します。

内向的機能は個人の内側に集中しているので、より内部集中的であると言えます。

外向的機能は、より広範かつ分散しています。

それらは何か1つのものや人に長い時間集中するのではなく、何か新しいものへ向かうことを好みます。

私たちは内向的機能を濃いインクの滴に、外向的機能をグラスの水に溶けた濃いインクの滴に例えることができます。

あるいは、私たちは内向的な機能を、ビッグバンの直前のような大きな重力効果を伴う物質の凝縮体に比喩するかもしれません。

外向的機能(Te、Ne、Se、Fe)は、実体間に大きなスペースがある拡張性と膨張性のある宇宙と比較されるかもしれません。

内向的機能が激しい収縮を伴うと考えられる場合、外向的機能は一定の拡大状態を伴います。

この記事では、内向的機能と外向的機能を比較して対比し、これらの内向きと外向きの特性がさまざまな機能にどのように適用されるかを調べます。
“内向的機能 vs. 外向的機能 ” の続きを読む