INFJ型とINFP型の違い byID

表面上、INFPとINFJは非常に似ています。

彼女らは、理想主義、道徳主義、誤解を受けやすく、そして共感的なタイプとして描かれています。

これらの共有された記述のために、INFJがINFPと間違われるのは珍しいことではなく、その逆もあります。

かつて自分がINFJだと思ってた人が、実際にはINFPだった場合などがあります。

INFJやINFPについてもっと学ぶほど、本当のタイプを特定することに自信を持てるようになります。

そこで、INFJとINFPの違いのいくつかを詳しく見てみましょう
“INFJ型とINFP型の違い byID” の続きを読む

INFP型とISFP型の違い byID

INFPとISFPは、個人主義、敏感で、思いやりがあり、そして非常に創造的なタイプです。

彼女らはどちらも内向的感情タイプ(Fi)ですが、彼女らの主な違いは、彼女らのauxiliary(補助機能)です。

INFPは外向的直観(Ne)を補助として使用するため、外部情報の背後にある考えられる意味を理解して解釈することができます。

一方、ISFPは外向的感覚(Se)を使用しているため、直接的な物理環境に非常に注意を払います。

INFPとISFPはどちらも芸術性を好み、強い価値観をもっており、かなり類似しているように見えますが、全く違う方法で世界を見ています。
“INFP型とISFP型の違い byID” の続きを読む

INFJ by基礎

INFJは良心的で価値観に動かされます。

彼女らは自分自身や他者の理解を深めていくために、人間関係や考え、出来事などの意味を求めます。

彼女らの直観的なスキルを使用して、彼女らは明確で自信に満ちたビジョンを描き、他の人の生活を向上させることを目指します。

彼女らに対応するINTJタイプと同様、INFJは問題を創造的な解決策を設計し実装する機会と考えています。

INFJは、個人の動機を複合的に理解しているため、社会的状況に容易に適応すると考えられています。

しかし、彼女らは実際内向型です。
“INFJ by基礎” の続きを読む

INFP by基礎

この記事はMyers-Briggsのパーソナリティタイプについてのものです。

INFP(introversion, intuition, feeling, perception)(内向、直感、感情、知覚型)はMyers-Briggs Type Indicator(MBTI)の著作で、16のパーソナリティーの1つを指す略語です。

MBTIは著名な精神科医ユングの著書「Psychological Types(心理学的類型論)」から展開されました。

ユングは、彼の臨床観察を通じて発達させた認知機能の理論に基づいて、心理学的な類型学を提案しました。

ユングの研究から、他(Myers-Briggs)は心理的な類型学を発展させました。

ユングの研究から発展した パーソナリティー診断は Isabel Briggs MyersとKatharine Cook Briggsによって開発されたMBTIテストと、David Keirseyによって開発されたKeirsey Temperament Sorterが含まれます。
“INFP by基礎” の続きを読む

外向的感情(Harmony)

外向的感情(Harmonyと名付けられた)は、「誰もが自身のニーズを満たしている?」と問いかける私たちの一部分です。

他の人々の気持ちやニーズを考慮に入れて選択すると、Harmonyが使用されます。

明らかに、到達される結論は、非常に小さいものから非常に大きいものまで及ぶ可能性があります。

Examples

「私は今朝トースターワッフルを食べたい…ああ、待って、フレッドはそれらを食べたいと言った。 代わりに卵を食べよう」
“外向的感情(Harmony)” の続きを読む

両向型

あなたは両向型ですか?

内向性または外向性。
いくらかの人はハッキリどちらか一方ではないように感じます。

彼女らは退屈な、又は単純なものであるとは思いません。

内向性と外向性の間に挟まれているこの感覚は、Ambivert Personality(両向型)としても知られています。

たぶん、彼女らは友人と付き合い、話したり、外出したり、ショーを見たり、新しいことを試みたりするのが大好きです。

もし彼女らが家にいて、引きこもったり、本やゲームで自分を失ったり、自分の電話(とFacebookのフィード)を無視して、一人で素晴らしい時間を過ごすことも好きでしょう。
“両向型” の続きを読む

知覚型(P) VS 判断型(J)

感覚型と直感型の後に続く、世界観における2番目の大きな相違は、知覚型と判断型の違いです。

これは人口割合およそ50%:50%であり、おそらくは判断型を支持する人が多少多いでしょう。

しかし、2つのタイプの間は広大です。

知覚型は内面世界を組織して外的世界を自由にし、判断型は内面世界の自由を持つよう外的世界を組織します。

さて、それはどういう意味でしょう?
“知覚型(P) VS 判断型(J)” の続きを読む

感情型(F) VS 思考型(T)

おそらく、すべての2分法の中で最も誤解されていることの1つである感情型と思考型は、しばしば、異なる判断の場からお互いを見ており、問題の2つの側面です。

それは確かにそのとおりです。

それは、私たちが思考と感情を使用して、何かの価値を判断したり決定したりするものです。

全ての思考型には感情があり、全ての感情型は思考します。

あなたがもし思考型であれば感情型より合理的であるということを意味するものではなく、感情型であればhigh E.Q. club.への自動入場を意味するのではありません。
“感情型(F) VS 思考型(T)” の続きを読む

感覚型(S) VS 直観型(N)

4つの2分法(内向・外向、感情・思考、感覚・直観、知覚・判断)のうち、最大の差は感覚と直観の違いにあります。

人口には他の区分の間におよそ50/50の分割がありますが、人口全体の70%が感覚を好むのに対し、直観を好むのは30%です。

この違いを詳しく見ると、感覚型と直観型の違いは次のようになります。

感覚型は情報の信頼性を優先し、直観型は速度と洞察の深さを優先します。

これで、独特の方法がいくつか現れます。
“感覚型(S) VS 直観型(N)” の続きを読む

内向型(I) VS 外向型(E)

内向型と外向型に関する最も一般的な誤解は、人々との関係です。

あなたが恥ずかしがり屋であれば、あなたは内向型だと思われます。

あなたがパーティーをするのが大好きなら、あなたは外向型だと思われます。

これはある程度真実ですが、はるかに正確な答えがあります。

あなたがそれを本質に蒸留するとき、内向型と外向型の間の実際の違いはこれです。

内向型にとって内側の世界が「現実の世界」です。

外向型の場合、外部の世界が「現実の世界」です。
“内向型(I) VS 外向型(E)” の続きを読む