IPタイプ:人間関係・相性

IPタイプは外部の平和を保つことに関して優れています。

彼女らは外側への適応のマスターであり、容易に他の人と調和し合うことができます。

外部の調和を維持するための彼女らの技巧にもかかわらず、多くは無意識のうちに、彼女らの人間関係における親密で効果的なコミュニケーションを発達させることができません。
“IPタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

ISTPの内向的思考

探求の理論を深く掘り下げずに、最終結果だけを見れば、探求している芸術を理解することはできない。

-宮本武蔵 ISTP

 
ISTPは、あなたが今までに会った中で最も興味深く鋭い知覚を持った個人の一部です。

あなたが彼女らの前に立っているときには、彼女らはすべてに気づき、すべてを感じており、しかし僅かしか話さないと思わざるを得ません。

彼女らは信じられないほどの分析能力を持ち、起こっていることすべてを非常に認識しています。
“ISTPの内向的思考” の続きを読む

SPタイプ:心の病②

ISFP:心の病

ISFPはMBTI世界の「作曲家」とみなされています。

彼女らは色、音、美しさを非常に認識しており、自分の感情や気持ちに深く触れています。

他のSPタイプと同様に、ISFPは「今この瞬間」を生きており、常に新たな冒険や創造的な機会を求めています。

ISFPと精神疾患については、ISFPと精神障害や人格障害との関連はほとんどありません。

SPタイプは、通常は本質的に適応性があり、楽観的です(例外はありますが)、そしてその状況を最大限に活用しようとします。

しかし、このような傾向があっても、ISFPは最も高いストレスを受けるタイプです。
“SPタイプ:心の病②” の続きを読む

ISFP/ESFPの適職とキャリア

他のタイプと同様に、ESFPとISFPは、自分のキャリア、職業、および専攻に関する決定に困難する可能性があります。

幸いにも、彼女らのパーソナリティタイプの性質と強みを理解することは、これらのタイプの両方にとって有益であることがわかります。

パーソナリティタイプを理解するための鍵の1つは、その4つの機能を知り、理解することです。

ISFPとESFPはわずかに異なる順序で同じ4つの機能(Se、Fi、Te、Ni)を使用します。

これは、これらのタイプによって享受され、追求される仕事の種類の十分な重複に寄与します。

キャリア関連の決定を行う際には、特定のキャリア、職業、または大学の専攻が、タイプの上位2つの機能(すなわち、dominantおよびauxiliary function)と互換性があるかどうかを検討することが賢明です。
“ISFP/ESFPの適職とキャリア” の続きを読む

INFP/ISFP:共感とミラーリング

多くの記事でFeユーザー(FJタイプ)と、彼女らは共感をどのように使うかについて話していますが、Fi-dominantタイプ(IxFP)の共感について話している記事は多くはありません。

IFPタイプは彼女らの共感と思いやりのために知られていますが、それはFJタイプが共感を示す方法とは少し違う形で現れる傾向があります。

IFPは、その機能スタックにおいてdominantな内向的感情(Fi)を有します。

Fiの主な役割は、個人の価値観、感情、嗜好を探求し、洗練することです。

Fiユーザーは個性と独自性の強い感覚を持っています。

彼女らは内的な感情的秩序を維持しようと努力し、感情的に人、動物、または興味ある特定のグループに費やします。

Feとは異なり、Fiはその焦点において内向的で集中的です。
“INFP/ISFP:共感とミラーリング” の続きを読む

ISFP型の性格 byPJ

ISFPのパーソナリティータイプは16タイプのうちの1つです。

ISFPは一般人口の約8〜9%を構成し、より一般的に遭遇するタイプの1つです。

ISFPは、愛する人、養育者、保護者です。

彼女らは時間を費やし、友人や愛する人と一緒に思い出を作ることから大きな喜びを経験します。

彼女らは、INFPと同様に、彼女らのdominant functionである内向的感情(Introverted Feeling(Fi))によって、自分自身を助けることができない人々に惹かれているため、子供や動物に特に好意を持っています。

ISFPは愛する人に対し深い感情的な愛着を形成し、強い忠誠心と献身の感覚に貢献します。

ISFPは一般的に、Fiをより現実的かつ具体的な方法で適用することに比べると、大衆の福利(Feおよび/または直観タイプの関心)に集中していません。

INFPとISFPの両方は、不正と非人間化(人間性の抹殺)に敏感です(Fi)。

認識された不公正がINFPに詩や小説を書くよう(Fi‐Ne)動機づけるかもしれませんが、ISFPは行動と実践的援助(Se)でより反応しやすいです。

たとえば、あるISFPはホームレスに食糧やその他の物資を提供するかもしれません。

ESFPと同様に、ISFPはしばしばファッションや美学に対し高い趣味の良さを示すと同時に高い関心を示します。

彼女らはしばしば身体的に魅力的で、よく手入れされ、流行に通じることを楽しみます。

対照的に、INFPは、しばしば「earthy(洗練されていない)」としてよく記述されており、身体的外見(容貌)を強化し、飾り付け、または深く注意することにはあまり関心がありません。

したがって、ISFPとINFPは、しばしば身体的外見を単に観察することによって、むしろ素早くに区別することができます。

ISTPのように、ISFPは一般的に印象的な運動感覚知能を示します。

彼女らはしばしば運動能力があり、優れた器用さと運動神経を備えています。

高レベルの精神的エネルギーを示すINFPとは対照的に、ISFPはより多くの物理的エネルギーとスタミナを持っています。

INFPはNeを使って新しいアイデアを探求し、製作していますが、ISFPは手や体などの感覚を使って物理世界を探検し、ナビゲートします。

他のIPタイプと同様に、ISFPはとても独立的であり、自発的に動機づけられています。
彼女らの価値観(Fi)によって、パフォーマンス面で優れることの欲求(Se)と同様に、彼女らは熱心に真剣に自分自身に対して動機づけることができます。

しかし、実践的な活動が好まれているため、学界で成果を上げていないものもあります。

他の感覚型にも当てはまるように、あまりに長い間抽象的な事柄を扱わなければならないことは、ISFPにエネルギーを流出させる可能性があります。

ISFPは、多くの場合、より楽観的であり、INFPよりも生活に満足しやすいように見えます。

INFPにはしばしば、うつ状態やうつ病になる傾向があり、彼女らが提供しなければならない「実際的でない」才覚(N)と無関係に思える世界では苦労しています。

対照的に、ISFPは従来のキャリアやライフスタイルにもっと容易に同化するようです。
“ISFP型の性格 byPJ” の続きを読む

ISFP型の性格 byTM

ISFPの主要機能

Fi introverted Feeling 内向的感情

これは「感情(Feeling)」と呼ばれていますが、Fiは内部的な感情ではなく、内面の価値観です。

ISFPは感情の、深い井戸を体験するかもしれませんが、これはFiの根本ではありません。

それは、自分の価値観を決定することに非常に関係のある意思決定プロセスであり、ISFPの感情的本能が彼らになにが正しかを伝えるものです、それはしばしば自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

彼女らは他人に非常に配慮する傾向があり、彼女らが正しいと思えるものかの確認のために自分の信念を熟考するのに時間がかかるかもしれません。
“ISFP型の性格 byTM” の続きを読む

ISFP型が望んでいないけど経験している6つのこと

ISFPは人口の約9%を占め、4番目に一般的な人格タイプです。

彼女らは瞬間を生き、周囲を楽しむ優しい世話人として知られています。

彼女らは一般的に陽気で、時代の流れに乗るのが好きです。

しかし、ISFPにとって人生は必ずしも容易ではありません。

ここにはISFPの6つの経験があります。
“ISFP型が望んでいないけど経験している6つのこと” の続きを読む

INFP型とISFP型の違い byID

INFPとISFPは、個人主義、敏感で、思いやりがあり、そして非常に創造的なタイプです。

彼女らはどちらも内向的感情タイプ(Fi)ですが、彼女らの主な違いは、彼女らのauxiliary(補助機能)です。

INFPは外向的直観(Ne)を補助として使用するため、外部情報の背後にある考えられる意味を理解して解釈することができます。

一方、ISFPは外向的感覚(Se)を使用しているため、直接的な物理環境に非常に注意を払います。

INFPとISFPはどちらも芸術性を好み、強い価値観をもっており、かなり類似しているように見えますが、全く違う方法で世界を見ています。
“INFP型とISFP型の違い byID” の続きを読む