ENTP:人間関係・恋愛

ENTP, 恋愛・人間関係

ENTPのあらゆるタイプの中で最も多様性が高く、オープンで適応性があり、幅広い関心と活動を示しています。

彼女らの公開性と多様性のために、多くの異なるパーソナリティタイプとの愛と相性を見つけることができます。

この記事では、ENTPの人間関係のさまざまな側面について検討します。

ENTPが機能スタックに基づいて関係性に対して求めるものの分析から始めます。

これに続いて、様々なパーソナリティタイプとの将来的な相性についての議論と、ENTPの人間関係の一般的な課題のいくつかを見ていきます。

ENTPは恋愛と人間関係に何を求めるの?

ENTPのdominant functionは、適応能力、多様性、創造性を主に担う機能である外向的直観(Ne)です。

よってENTPが関係性に対して求めているものを尋ねるとき、私たちはいろいろな意味でNeが関係性に対して求めているものを尋ねます。

外向的機能として、Neは外部世界の幅広いアイデアや可能性に関心を持っています。

ENTPは推測と議論が大好きで、主に仮説を扱っています。

1つのアイデアがすぐに別のアイデアとの結びつきを生み出すので、彼女らはある話題から次の話題に飛び回るのを楽しみます。

したがって、ENTPの相性に対する基準の上位には、多くの人がタブーまたは破壊的であると考えるアイデアの議論に興味のあるタイプがいます。

 
P(知覚)タイプとして、ENTPは世界と関わるのが大好きです。

ほとんどの人はゲーム、映画、芸術と文化、そして様々な野外活動を楽しんでいます。

その結果、ENTPは幅広い活動に柔軟に参加できる恋人を求めています。

彼女らは人生に好奇心をそそぐ姿勢を持ち、新しい経験、選択肢、アイデアを模索することを恐れない相手を求めています。

 
彼女らのNe-Tiの組み合わせのために、ENTPはINTPのように、関係性において多くの自由と自律性を望んでいます。

人は関係性によって「束縛される」ことを望まないことで有名ですが、ENTPの場合は特にそうです。

彼女らは、自由に探検し、実験し、自分のやり方(Ti)でそれを行うための空間と自由を欲します。

この時点で、思考タイプにとっての真のな愛は感情や心情とはほとんど関係がないことを指摘するために立ち止まろうと思います。

むしろ、思考タイプの健全的で真の関係は、F(感情)の問題ではなく、T(思考)の事柄(ENTPの場合はNの事柄)に基づいています。

そして、これはまさに多くの思考タイプが惑わされるところです。

 
Fiのロマンチックによって普及された文化的理想を同化させることで、彼女らは愛や感情の気持ちを刺激する程度で恋人を判断するのが普通です。

しかし、思考タイプの感情機能はほとんど無意識で未発達であるため、感情によって長期的な恋人を選択することは、多くの点で、盲目的で、ナイーブ(単純)かつ非合理的な方法です。

これは、inferior functionへの魅力の多くに結びついています。

そこでは、思考タイプは自分のinferior(および/またはtertiary)の「grip(掌中)」と同じ理由で感情タイプに惹かれます。

これは、思考タイプが感情タイプと決して関係性を持つべきでないと言っているわけではなく、彼女らの人間関係が、反対への魅力よりも実質的なもの基づいて築かれる方が良いというだけです。

 
外向的感情(Fe)は、ENTPのtertiary functionです。

この機能は、人々の周りにいることの楽しさに貢献します。

しかし、我々の上記の議論を踏まえて、ENTPはFeによる感情のやり取りよりもNeの対話のために人と関係性をより多く必要とします。

 
最後のENTPの機能は、そのinferior functionとして機能する内向的感覚(Si)です。

ENTPは、そのinferior functionの位置にもかかわらず、定期的に彼女らのSiを考慮する必要があります。

Neの機能的な反対として、Siは実証済みの真実(Si)を支持して新規性(Ne)を控えるように促します。

それは、慣習や行動様式・習慣の発展に対する懸念を与えます。

これにより、ENTPは、新規性と安定性の間の、将来の可能性(Ne)と過去の先例(Si)の間で引き裂かれてしまうことがよくあります。

ENTPと他のタイプとの相性

彼女らのSiのために、ENTPは、意識の低い自己の体現として役立つSJタイプ、特にISFJまたはESFJと最終的に関係性を持つこととなる場合があります。

彼女らはSJの自信、安定性と信頼性によって安心すると感じるかもしれません。

このような関係は、ENTPに、完全性に対する近道と思われるものを提供することができます。

残念ながら、このような関係性が困難に遭遇するまでには、あまり時間がかかりません。

彼女らは共通点がほとんどなく、実際にどのように異なっているかを後に理解するでしょう。

これは、ENTPがSJとはうまく機能しないということを意味するのではなく、関係するパーソナリティ機能の反対の性質のために、これらの関係性が予想以上に難しいというだけです。

 
また、ENTPがSPタイプ(ESTP、ESFP、ISTP、ISFP)と関係性を持つことも珍しくありません。

これは、少なくとも部分的に、SPが非常に一般的であるという事実に起因しています。

しかし相性に関して、ENTPにとってSPはSJよりもはるかに良いマッチであるとは予測されません。

SPタイプのうち、ISPよりもESPのほうがよりマッチでしょう。

また、感情タイプであるESPは、ENTPと似ている可能性があります(この類似性は、エニアグラム7のSeとNeの融合で証明されています)。

これらのタイプは、ゲームや映画、さまざまな身体活動に関心を持ちます。

しかし、ENTPとは異なり、ESPは抽象的な議論から逸脱して、あらゆるタイプの中で最も具体的です。

ENTPとESPは、ESPが社会的地位と物質的な新規性のためのより大きな関心を表示することで、異種のライフスタイルへの嗜好を持つ傾向があります。

対照的に、ENTPは創造的で理想的な重要品を優先して、物質的な新奇性や詳細なことに比較的関心がありません。

 
既に推測しているように、ENTPはSタイプよりもNタイプと良い相性となる可能性があります。

別のNPタイプ(例えば、INTP、ENFP、INFP)を関係性を持つ場合、同様の生活の公開性と好奇心の姿勢を持つ恋人を楽しむことができます。

これは、ENFPまたは他のENTPと関係性を持つ場合に特に当てはまります。

そうはいうものの、ENP-ENPの関係性は過剰な類似性、または相補性の欠如に関連する困難に陥る可能性があります。

たとえば、この場合双方は、ほとんどの時間話して、栄養よりも会話をし、競争やイライラを高めてしまうかもしれません。

 
したがって、ENTPはINFPまたはINTPタイプとの相性がより良く、それらは自然に聞いたり質問したりする傾向があります。

ENTPはまた、他のNPタイプとのライフスタイルにおける容易な相性を楽しむことができます。

多くのNP(特に豊かな環境で育てられていないNP)は比較的質素な生活水準を示しています。

SeよりむしろSiを使うと、物質世界に関して最小限の傾向があります(これは特にINPの真実です)。

したがって、財政は、NP-NPのペアリングにおいて論争の的となる問題ではないかもしれません。

 
最後に、ENTPはNJタイプとも非常によい相性となります。

INJもまた知覚タイプ(Niを好む)であるため、たとえこれが内向きのヴェールの背後に隠れていたとしても、彼女らは一般にENPの開放姿勢を共有できます。

ENTPは、INTJとINFJの双方と、知的で哲学的な議論だけでなく、芸術や文化を楽しむことができます。

ENTPのFe-Ti機能ペアを共有するINFJは、INTJよりも優れた(または少なくとも自然な)マッチである可能性が高いと言われています。

Fe-Ti機能ペアを共有することは、ENTP-INFJに対して関心、認識、およびコミュニケーションスタイルの類似性をもたらします。

 
Fe-Tiも使用しているENFJは、ENTPとのマッチングにも優れています。

ENFJはあらゆるタイプの中で最もおしゃべりなので、ENTPは、ENFJと関係性を持つときに表現するよりも、Neをリスニングに多く使う傾向があります。

この関係性の予見困難な難点の1つは、ENFJがENTPを本来的でない方向へ変えようとしたり、動機づけたりすることです。

非常に独立したENTPからの激しい抵抗(たとえ受動的攻撃行動で示されていても)を引き起こす可能性があります。

 
ENTP-ENTJの関係性は、通常、これらのタイプが直接の相互関係(upfront chemistry)をほとんど持たないため、まれです。

彼女らはまた、共通の機能を持っておらず、著しく異なる興味と人生へのアプローチを示すかもしれません。

これは、そのような関係性がうまくいかない(またはうまく機能する)ことはありませんが、双方とも自身が非常に個別化され、保証されている必要があります。

ENTPの人間関係における課題

他のPタイプと同様に、ENTPはrelational health(関係性の健全性)とrelational harmony(関係性の調和)を誤る傾向があります。

彼女らの本質的モードは適応の1つであるため、ほぼあらゆる関係上の困難から脱却できると考えているかもしれません。

どんな関係においてもある程度の妥協が役立ち、必要ですが、ENTPの中には過度にそうするものもあります。

この傾向は、知覚タイプとしての地位だけでなく、関係性における平和と調和を維持しようと努力していtertiary function 内向的感情(Fi)にも関係しています。

その結果、ENTPは、自分自身を失うという点にまで適応することによって、relational hole(関係性の穴)へ閉じこもることとなります。

これにより、彼女らは相手を怒らせ、受動的攻撃方法で行動する場合もあります。

したがって、ENTPは、彼女らの関係性においてオープンで正直な方策を採用し、苦情や嗜好が明らかにされ、議論されていることを保証することが重要です。

 
そうはいうものの、ENTPの最優先課題は、しばしば彼女らの関係性ではなく、適切かつ満足のいくキャリアを見つけることです。

ENTPの適職とキャリアで議論されているように、ENTPは一般的に一貫して満足できる職業を見つけるのに苦労しています。

この闘いは必然的に、特に他の人が財政的に彼女らに依存している場合に、その関係性に影響を与えます。

多くのENTPは、目標を達成するために最適ではない仕事をしている状況に嵌まり込んでいると感じています。

また、ENTPが追い詰められていると感じるより悪いことはありません。

この理由から、ENTPは、長期的な関係性を構築する前に好ましい仕事に就くことに集中することが賢明かもしれません。

Posted by melancoly