INTPはなぜ収束的真実を探求するの?

ある程度の経験があるINTPは、収束的真実を発見の情熱と希望の時を思い出します。

多くのINTPにとって、これは彼女らの人生の中で最もエキサイティングで魅力的な年でした。

INTPは、偉大な人生が大人としてどんなに大切になるかをいつも予期している子供のように、真実が明らかになる啓蒙の将来の日を夢見ています。

しかし時間とともに、そのような理想主義はしばしば衰退し、打ち砕かれたという感情や、人にとってはあきらめや絶望感に取って代わられます。

収束的真実を見いだす彼女らの希望は枯渇してしまい、その場所を否定的な、虚無主義または懐疑主義的にさえしたままにします。

この記事では、INTPのdominant functionである内向的思考(Ti)が収束的真実をどのように探求し、どのようにこの探求が多くの心理的および文化的要因によって妨げられるのかを探索します。

これらの障害を強調することに加えて、INTPがそうしたいと望むならば、絶対的な相対主義と冷笑主義の泥沼から抜け出せる道を見つけ始め、収束的真実を探す喜びを再発見することができると主張すします。
“INTPはなぜ収束的真実を探求するの?” の続きを読む

INTPは真実・意味・動機を探求する

ほぼすべてのパーソナリティタイプについて、意味があるものとして人生を経験することは、意味が多くの原因(例えば、宗教、勤労、家族など)に由来するため、ほとんど与えられています。

しかし、あるパーソナリティタイプ(INTP)では、意味と目的の永続的な感覚を得るのが難しいです。

その結果、INTPは冷笑的になったり、ニヒリズム(虚無主義に)陥る可能性があります。

つまり、これらの感覚は人生は最終的に無意味であるということです。
INTPの意味の問題は、2つの主な原因にさかのぼることができます。

1つ目は、多くのINTPが絶対的な確実性で理解できるものは、何にせよほとんどないと感じているという事実です。

多くのINTPは結局、伝統的な宗教/神学を知的に支持できないものとして拒否します。

INTPが信じるものを見つけたくないということではありません。

それとは反対に、多くの人は、真実と意味の包括的な源泉を探し求めて生活を過ごしています。

彼女らの良い意図にもかかわらず、彼女らの心の懐疑的で疑念的な性質は、通常、ほぼあらゆる理論や信念体系で何らかの問題を見つけることができます。

したがって、INTPにとって意味のこととなると、多くの点で自身は最悪の敵です。
“INTPは真実・意味・動機を探求する” の続きを読む

INFP vs. INTP:類似性と相違性

ある類型学者の仕事や経験では、タイプの混乱の最も一般的な原因はJ‐Pです

他のタイプの比較にも当てはまるように、INTPとINFPは著しく類似しており、同時に根本的に異なっています。

表面的な見方をすれば、これらの2つのタイプは共通の内向き(I)、直観(N)、知覚(P)の3つのpreference(優先性)を共有し、T‐Fのpreferenceのみが異なることがすぐにわかります。

少し深く見れば、機能の分野でも重要な共通点を共有していることがわかります。

INPの機能スタックを比較すると、双方のタイプがauxiliary functionとtertiary functionとしてNeとSiを使用することがわかります。

さらに、双方とも、dominant functionとして内向的判断機能(TiまたはFi)を使用し、inferior functionとしては、外向的判断機能(FeまたはTe)を使用します。

簡単に言えば、これら2つのパーソナリティタイプの全体的な構造は非常に似ています。
“INFP vs. INTP:類似性と相違性” の続きを読む

INPタイプ 自己探求と創造性

INTP & INFP アイデンティティー探求者 & 創造者

私は誰?
私の本質は何?
最も有意義で鼓舞されるものは何?
私の独自の天性や才能は何?
どのようなタイプのキャリアが私に最も適しているの?

アイデンティティを求めている人にとっては、誰もがこの種の質問をどこかで探求していますが、これらは究極的かつ永続的な関心事項です。

確かに、アイデンティティを求める人にとっては自分自身の本質を調べること程、興味をそそられることはないでしょう。
“INPタイプ 自己探求と創造性” の続きを読む

INPタイプの確信への探求は健全?

他のタイプと同様に、INTPとINFPは本能的にdominant functionとinferior functionを統合したいと思っています。

INTPにとっては、個々のTiのメソッド(方式)と幅広いFeの哲学を調整することを意味します。

同様に、INFPにとっては、Teの幅広く客観的な世界観と独自のFiの優先を調和させることを目指しています。

しかし、これらのタイプがしばしば実現に失敗することは、この調和が生涯の最初の半分に起こる可能性は低いということです。

これは、INPが自信を持ってFeまたはTeの結論に達する前に、まず自身のauxiliary functionおよびtertiary function(Ne&Si)を十分に調査して開発しなければならないからです。

要するに、INPは、Neのアイデアの幅広さをテストし、実験するために、Jタイプ(判断タイプ)の信念と確信のポイントに達するまでに多大な時間を必要とします。

残念なことに、INTPやINFPは、実際に時間をかけてそれを試さずに自信を持ってJの哲学に到達できると信じるという思い込みをします。
“INPタイプの確信への探求は健全?” の続きを読む

INTP型の性格 byPJ

思想家で探求者

INTPのパーソナリティタイプは、16タイプの中で最も独立的で哲学的なタイプです。

INTPには、個人の自主性と思考の独立性に対する深い要求があります。

彼女らはINTJほど早い時期に自身の知的側面を発見することはできないかもしれませんが、auxiliary function(Extraverted Intuition(Ne))が完全に目覚めた後は、観念と理論化に対する飽くなき欲求を示します。

多くの人々は、物事の根底にある性質を説明する統一的な理論と形而上学的真理を探求しています。

この目的のために、彼女らは哲学、宗教、心理学、進化論などの本を貪欲に積み重ねるかもしれません。

彼女らが哲学的研究の休暇を取るとき、INTPはENTPのように、風変わり(ユニーク)で、機知に富み、魅力的です。

INTPは外向的直観(Ne)と外向的感情(Fe)によって、彼女らはある種の魅力、近づきやすさ、そして適用性を持つことができます。

興味のある話題を議論するときに、話好きな人を刺激することができます。
彼女らの活発な心は、ある話題を他の話題に簡単につなぐことができ、多面的で幅広い対話が可能です。

しかし、長続きしない雑談に耐えなければならない場合など、無関心になった場合、すぐに話への集中力が途切れたり、会話を別な話題に変える方法を見つけます。

外見的に純粋で個性的であるように見えるにもかかわらず、INTPは人々の生活の平凡な詳細よりもアイデアの議論により興味があります。

彼女らは自分の動機、関心、パターン、性向を刻々と変えるものを発見しています。
これにより、INTPは人間の本質(Fe)の理論(Ti-Ne)をさらに磨いて、改良することができます。
“INTP型の性格 byPJ” の続きを読む