多くの記事でFeユーザー(FJタイプ)と、彼女らは共感をどのように使うかについて話していますが、Fiユーザー(IxFPタイプ)の共感に関する記事は多くはありません。 IF ...

より複雑で稀にしか扱われないパーソナリティタイプの側面に深く潜りたいのであれば、shadow functions(影の機能)を掘り下げることは楽しい(そして非常に役に立つ ...

ユングは、それぞれのパーソナリティタイプをそのdominant functionに応じて命名しました。 たとえばINJタイプは内向的直観(Ni)タイプと呼ばれます。 もち ...

INFJのように、ENFJは人々に熟練しており、他の人がその能力を発揮できるように支援することに優れています。 彼女らはしばしば教師、聖職者、カウンセラーなどとして働き、 ...

知覚ペアリングは現実にそれが発生しているように現実の視点を構成し、それは過去から得られたcontext(環境)を含みますが、判断ペアリングはその判断基準に従ってそれらの知 ...

下記の区別は、精神内のエネルギーの流れの方向に関係し、精神的な機能へはそれほど関係しません。 このセクションでは、proactive(順向性の)とreactive(反応的 ...

Judgment(判断)とPerception(知覚) 私たちの意識は、反対のプロセス間のこの決して解決しない緊張のために、静的ではなく、継続的です。 この緊張が解消する ...

MBTIマニュアルによれば、創造性は直観(N)との関連性が最も強く、程度は多少低くなりますが知覚(P)とも強く相関します。 これは、NP(INTP、INFP、ENTP、E ...

ENFPは、自分が情熱を注ぐキャリアを見つけたいと考えています。 平凡な職業選択に決定することは、彼女らにとって容認できないようです。 INFPの求職者と同じように、金銭 ...

INTJのパーソナリティタイプは、自身の独特な才覚と能力を利用できるキャリアを求めています。 平凡で普通な仕事に就くことは、このタイプの選択肢にはありません。 幸いにも、 ...